私の日本語、大丈夫かな?!

ついつい混ぜて使ってしまう

私は日本語が自分が生まれ育った時に覚えた言語で、一番自由に使える言語です。

 

しかし、韓国という環境にいると周りはほとんどが韓国人で、私も韓国語を話した方が楽な時もあります。

 

子供が小さい時は、たまにこんな言葉を子供に使っていました。

 

例えば公園から家に変える時のひとこと。

 

「ね~、そろそろ家に帰ろうか。아빠(パパ)も、もうすぐ家に帰ってくるよ~。 빨리 가자~!(早く帰ろう~!)」

 

または、こんな風に使ってたこともありました。

 

「今日、어린이집(’オリニチブ’と読む「保育園」のこと)、どうだった? ちゃんと선생임(先生)の言うこと聞いた?」

 

これらの言葉は、毎日頻繁に使う言葉のせいか韓国語で言ったほうが、いちいち訳さなくてもよくて楽だなぁと思ったり

 

または、特に深く考えてなかった時もありました。

 

その結果、どうなったかというと・・・

 

子供はどれが日本語でどれが韓国語なのかわからなくなったみたいです 泣。

スポンサーリンク
 

子供も混ぜて話すように・・・

親がこんな感じだったので、子供も同じように話すようになってしまいました。

 

つまり、「ママ~、今日ね、어린이집(保育園)でね、お友達とたくさん遊んだよ。」

 

とか、「昨日は、친구(友達)が先に帰っちゃったから、さびしかった・・・」

 

韓国に住んでいるし韓国語もわかるので、あまり気にしてなかったのですが、

 

「あ、マズイかも?」と思ったのは、電話で日本のおばあちゃん(つまり私の母)と話していた時。

 

 

うちの子「おばあちゃん~、어린이집(保育園)ね~、すっごく楽しいよ。」

 

うちの母「え? オリ・・?? なんて??」

 

うちの子「オリニチブ」  ←しかも発音は韓国人レベル。

 

うちの母「なんてなんて? ちょっとママに代わってくれる~?」

 

 

そこで気がつきました・・・。

 

韓国語の単語を混ぜてしゃべっちゃいけないなぁ、、、と。

 

そして、子供は「ママ=日本語」と思っているので、「어린이집(保育園)」も「친구(友達)」も「선생임(先生)」も「아빠(パパ)」も

 

使っても大丈夫と思ったみたいです。

 

いや、きっと子供はまだ保育園児だったので、日本語とか韓国語とか考えてなくて

 

「保育園で先生が話す言葉」と「家でママと話す言葉」ぐらいに思ってたみたいです。

 

しかも、日本語を聞くことができる唯一の人間が私(ママ)・・・

 

スポンサーリンク

まずは自分が使う言葉から気をつける

こんな風に自分の子が日本のおばあちゃんと話す時も、韓国語を混ぜてしゃべってしまうのは、

 

私の影響なんだ・・・ と気づいて以来少しずつ訂正を始めました。

 

「아빠じゃなくて、パパね。」とか「어린이집じゃなくて、保育園ね」、といった感じで。

 

初めは、子供も「なんで??」といった顔をしていましたが、

 

根気よく訂正して、自分が子供に対して使う言葉を気をつけるようにしてみました。

 

すると、幸いだんだん子供が使う言葉も「パパ」や「保育園」となり、以前は使っていた

 

「아빠」や「어린이집」は影を潜めてしまいました。

 

もちろん、韓国語をしゃべる時は普通に使ってます。

 

海外で子育てしながら、日本語を聞いたり話したりする相手が限られている場合は

 

子供の日本語はどうか? ではなく、自分の日本語はだいじょうぶか? とまず省みなければいけないなぁ~と思いました。

 

日々、勉強です^^;

 

 

 

 

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2016/10/01/%e7%a7%81%e3%81%ae%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e3%80%81%e5%a4%a7%e4%b8%88%e5%a4%ab%e3%81%8b%e3%81%aa%ef%bc%9f%ef%bc%81/trackback/