親は現地の言葉ができた方がいい?(利点について)

海外に住むきっかけは?!

今、日本ではなく外国に住んでいる人は、どんな理由で外国に住んでいるでしょうか。

 

以前、このブログでも書きましたが、海外に住むパターンにはいくつかあります。

 

海外で育児をしていて子供を現地の保育園や幼稚園、小学校などに通わせていると、あっという間に子供は現地の言葉を覚えます。

 

では、外国に住みながら子供には日本語をきちんと教えようとする場合、親は現地の言葉が達者な方がいいのでしょうか

 

今日は、海外で子育てをしながら子供に日本語を教える上で親が現地の言葉ができることの利点についてお話しします。

スポンサーリンク
 

親が現地の言葉がわかる利点4つ

以下に、親が現地の言葉がわかると「こんないいことがある!」という利点を挙げます。

 

  1. 子供が外で覚えて来た言葉がわかる
  2. 子供の友達や現地のママ友から情報が得られる
  3. 子供がいいたいことが日本語で言えない時に役に立つ
  4. 子供が日本語を間違えた時に原因がすぐにわかる

スポンサーリンク

 

まず、1.は、子供が保育園、幼稚園、小学校などでどんな言葉を覚えてきたかがわかります。

 

例えば、うちの保育園児の子供がこんなことを言いました。

 

「ママ〜〜! あそこみて〜〜。지렁이いるね!」

 

私 は「지렁이」とは、「ミミズ」のことだと知ってたので、内心「保育園でミミズの観察でもしたんだね〜。」

 

と思いました。(もちろんその後、「ミミズ」という言葉を教えました^_^;)

 

このように日本人夫婦で海外に住む場合や、配偶者は外国人だけど家庭内は日本語、という場合は子供が外でどんな現地の言葉を覚えたかがよくわかります

 

次に2.です。 日本では感じないことですが、海外にいて情報が現地の言葉だけだと周りのみんなが知っていることを

 

自分1人だけ知らなかったりすることがあります。 また、小学校くらいになると子供の友達と現地の言葉で会話ができると

 

たわいもない話から情報が得られることもあります。

 

そして、さきほどの「지렁이」と「ミミズ」の例が3.です。

 

子供はママとお話がしたくて「ミミズ」という言葉は知らないけど、保育園で使ってる「지렁이」は知ってる・・・

 

なので、話す言葉に「지렁이」という言葉を混ぜてみた(または無意識に混ざってしまった)という状態です。

 

うちの子の保育園児の場合、言いたいことが日本語で言えない場合は文の中に意識的に韓国語を混ぜているようです。

 

そして、「保育園では지렁이っていうんだよ~。ママはなんていうの?」と聞いてきます。

 

保育園児、すでに保育園と家の中の言語が違うことをわかってるみたいです。

 

そこで、「ママの言葉ではね、ミミズっていうんだよ。」と教えます。

 

次に4.ですが、これもうちの子の例を1つ・・・。  以前、こんなことを言いました。

 

「ママ~、今日はいっしょにお風呂しようね!」

 

日本語としてはおかしいですが、これを韓国語に直訳すると自然な韓国語になります^^;

 

つまり、韓国語の影響を受けて直訳してしまったというわけです。

 

これも「お風呂しようね、じゃなくて、お風呂はいろうね、でしょ~。」と訂正しておきました。

 

スポンサーリンク

現地の言葉がわかるといいことづくし?!

このように書いていると、親が現地の言葉がわかるといいことづくしのような感じですね。

 

しかし、利点だけではありません。

 

親が現地の言葉がわかるがゆえに起こってしまう問題もあるのです。

 

それについては、また機会を改めてお話します!

 

ブログ村 海外で日本語育児

 

 

 

 

 

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2016/10/27/%e8%a6%aa%e3%81%af%e7%8f%be%e5%9c%b0%e3%81%ae%e8%a8%80%e8%91%89%e3%81%8c%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%9f%e6%96%b9%e3%81%8c%e3%81%84%e3%81%84%ef%bc%9f%e5%88%a9%e7%82%b9%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/trackback/