ママが海外で子育てした方が子供の日本語は伸びる?!

海外子育てとはいうものの・・・

以前、「海外在住って?!」というタイトルでブログを書きましたが、

 

海外に住むと言っても、ママが海外て子育てなのか

 

パパが海外が子育てなのか、または駐在で日本人夫婦が

 

海外に住むなどのかで夫婦揃って海外子育てという場合も

 

あります。

 

このように「海外子育て」とひとことで言ってもパターンがありますが、

 

どのパターンが一番子供の日本語が伸びるのでしょうか。

 

今日は大きく3つのパターンに分けて見ていきます。

スポンサーリンク
 

ママが海外で子育ての場合

このパターンは韓国に限らず海外でよく見ます。

 

パパが外で働き、ママは家庭で家事と育児。

 

この場合家庭内で、ママが自分の国の言葉をずっと話していれば

 

子供も上手になる気がします。

 

しかし、これも前に「自分の言葉で話しかけないママ達」で書いたように

 

ママのやり方次第だな、と思いました。

 

パパが海外で子育て

これは、ママが海外で子育てよりは数はすくないように思います。

 

家庭によっては海外といってもパパがバリバリ働いて

 

家でママが子育てという場合もあります。 そのパターンでは、

 

やはり子供はママといる時間が長くなり、ママの言葉を話す傾向があります。

 

この場合、「ママの言葉 = 現地の言葉」となり

 

日本語に触れる時間は比較的短そうです。

 

具体的には、ママが韓国人、パパが日本人で韓国で子育てをして

 

パパが外で働き、ママが子育てをする場合です。

 

共働きなら、ママ側の親戚に子供の世話を頼むこともあり

 

親戚が韓国人であれば、やはり現地の言葉て育てられることになります。

 

しかし、中にはパパは外で働いているけど夜や休みの日は必ず

 

子供たちと過ごし、仕事をしている間はしてあげることができない

 

絵本の読み聞かせや体を使った遊びなどを十分にして

 

子供を大満足させているパパもいます。

 

本当にいろいろですね。

スポンサーリンク

夫婦で海外子育ての場合

夫婦で海外子育ての家庭は、家での言語は日本語が多くなるので

 

子供も家では日本語を話します。

 

もし、両親のうち片方(または両方)が、現地の言葉が得意でなければ

 

なおさら家では日本語になります。

 

すると子供の日本語は伸びて語彙や表現も豊かになります。

 

あとは、同じくらいの年齢の子供と遊ばせる時間を増やして

 

子供同士で日本語を使って遊ぶという体験があればなおよしです。

 

 

結論はこの2つ

海外子育てと言ってもいろいろなパターンがあり、家庭によって置かれた環境や状況がちがいます。

 

そのため、ママが海外で子育てをする方が子供の日本語が上手になるか、

 

または、パパが・・・ではなく最終的にはこの↓↓2つがポイントかな、と思います。

 

  1. 子育てをする人の意識と方針
  2. 子供と一緒にいる時間の密度

 

自分の言葉で話しかけないママ達」でかいいたように、多分これは日本語にかぎらず

 

きっと、他の言語でも同じだと思います・・・。

 

このブログをかいている私自身も、2.のように子供との時間を濃くすべく

 

大切にしなきゃです。

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外で日本語育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2016/11/14/%e3%83%9e%e3%83%9e%e3%81%8c%e6%b5%b7%e5%a4%96%e3%81%a7%e5%ad%90%e8%82%b2%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%9f%e6%96%b9%e3%81%8c%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%ae%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e3%81%af%e4%bc%b8%e3%81%b3/trackback/