バイリンガル教育の「1人1言語の原則」とは(その1)

研究者は世界にいっぱい!

バイリンガルというと言葉が2つ自由に使いこなせる人、

 

というイメージでなぜか日本語と英語をイメージする人も多いと思います。

 

しかし、バイリンガルは日本語とスペイン語、スペイン語とドイツ語など

 

とりあえず、2つの言語が自由に使える人という意味です。

 

バイリンガルの教育には、世界にさまざまな研究者がいて

 

すでに、いろいろな研究や理論が本や論文になっています。

 

このブログでは、海外で子育てをするにあたって役に立つ本や理論などを

 

わかりやすく紹介していきたいと思います。

 

今日は、その中でも「1人1言語の原則」についてご紹介します。

 

スポンサーリンク
 

誰が言い出したこと?!

この「1人1言語の原則」というのを最初に言ったのは、

 

フランスのモーリス・グラモンMaurice Grammont)という言語学者で1902年のことでした。

 

フランス人なので、もともとは「une personne; une langue」とフランス語で、それが英語の

 

「one person; one language(OPOL)」になり、日本語では「1人1言語の法則」

 

と言われています。

 

「1人1言語の原則」って具体的には?

それでは、もう少し具体的に見ていきます。

 

このグラモンの主張は、以下のとおりです。

 

1人の人が子供に話しかける時は、2つの言語をきっちりと分けて最初から1つの言語だけを使いましょう。そうすれば子供は大きな混乱も起こさず、のちに2つの言語を混ぜて使うことなく2つの言語が容易に覚えられます。

(下に紹介してる本から私が翻訳しました^^;)

 

 

この内容はこの本に載ってます ↓↓

(実際にこの本を書いたのはグラモンではなくSuzanne Barron-Hauwaertという別の人です)


もっと具体的な例を挙げると、父親が韓国人、母親が日本人の場合

 

父親は韓国語だけ、母親は日本語だけで子供に話しかける

 

ということをすれば、子供は後で日本語も韓国語も大きな混乱もなく

 

楽に覚えられますよ、ということです。

スポンサーリンク

うなずける経験が・・・!

なるほど、このブログでも以前前かきましたが

 

海外で日本語で育児をしていて、日ごろから日本語と韓国語を使う環境にいると

 

バイリンガル育児でなければ起こらない現象

 

起きます(過去の記事はここへ)。

 

それを私は自分の子供との経験で感じたのですが

 

それについて本をかいた人が、すでに1902年にいたんですね~。

 

「1人1言語の原則」を実践

このような原則を知っているのと知らないのとでは、

 

子供に接する時の親の心構えに、差がでるのではないかと思います。

 

また、上でお話ししたグラモンの話から考えると、この原則を守らなければ

 

子供は複数の言語をごちゃまぜにしてしまい、

 

混乱が起きて、2つの言語を混ぜて使ってしまい、

 

2つの言語を覚えるのが大変になることが、想像できます。

 

混乱を起こしたり、2つの言語を混ぜて使うようになったら

 

あとで直してあげるのが大変そうですね。

スポンサーリンク

子供のペースに合わせて

言語を覚えることは、男女差や年齢差、環境の差などが複雑に絡み合うため

 

ひとつの法則が万能とも言いきれません。

 

しかし、親がそれを知った上で子供の様子を見ながら

 

微調整をしていけば、きっと混乱も最小限で済むのではないかと思います。

 

子供のペースを見ながら親子で二人三脚ですね。

にほんブログ村 子育てブログ 海外で日本語育児へ
にほんブログ村

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2016/11/18/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%ab%e6%95%99%e8%82%b2%e3%81%ae%e3%80%8c1%e4%ba%ba1%e8%a8%80%e8%aa%9e%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%89%87%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae/trackback/