「戌(いぬ)の日」とシオモニ(義母)と私

隣の国でも習慣が違う

日本と韓国は、地理的には隣の国なのてすが

 

言語や習慣、流行、考え方など違う点も多いです。

 

独身の頃、約2年半住んでみて韓国のことは

 

よくわかったと思ってたのですが、韓国人と結婚して

 

「嫁」や「親」という立場で暮らしてみると

 

また違った韓国が見えてきます

 

今日の話は、韓国在住通算4年目、結婚2年目の

 

ある日のシオモニ(義母)とミョヌリ(嫁)の話です。

 

スポンサーリンク
 

妊娠4〜5ヶ月目のある日の出来事

上の子を妊娠した時、実家の母もシオモニも

 

とても喜んでくれました。

 

特にシオモニは初の内孫ということで大喜びでした。

 

外孫は大勢いますが、やっぱり内孫は違うのかも知れません。

 

妊娠4〜5ヶ月目のある日、週末にシテグ(義理の両親の家)に行きました。

 

シデクは、義理の両親が2人だけで隠居生活なので

 

息子夫婦が来ると嬉しいみたいです。

 

シデクでシオモニとシアボジ(義父)とご飯を食べながらの会話・・・

 

 

私    : 日本には「戌の日」というのがあって妊娠

    5ヶ月目の戌の日に安産祈願をして帯をお腹に

    巻いたりします。それで日本の母が日本から

    いろいろ送ってくれました。犬って多産だから

    それにあやかろうということらしいです^_^。

シオモニ: えっ?! 犬?!!(◎_◎;)

 

 

その後、「そんな習慣はやめなさい」と言われました。

 

え〜〜っ⁉️!

 

かなり理解不能でした。 なぜに?!

 

スポンサーリンク

 

 

「戌(いぬ)」と「犬」

その時はなぜ否定されたのかわからず、黙り込んでしまいました。

 

しかし、よくよく考えると私の知識不足に加え語学不足が

 

原因だったように思います。

 

私は「戌の日」と言う日本の習慣について知ってることを

 

そのままわかる韓国語を並べて言ってみたのですが

 

シオモニは「戌」は「犬」と思ったらしく

 

韓国語で「犬 + 赤ちゃん」は悪口になります。

 

もしかしたらそれを連想したのかも知れません。

 

あれから何年も経った今では、今ならこう言えます。

 

「いぬの日」と言っても「街中を歩いてる犬じゃなくて

干支の戌(いぬ)なんです。韓国にも干支で戌年(いぬどし)」

ってありますよね❓

 

ところで、この戌の日についてはインターネットには

 

帯の日」として載ってます。

 

スポンサーリンク

 

日々勉強

韓国に長く住んでで思うのは、日本と韓国は

 

似ててもやっぱりよく見たら違うと言うことです。

 

そして、友達同士なら「違うね〜〜。」「おもしろいね〜〜」で済むことも

 

家族や親戚が関わると感情が入りバトルになることもある

 

ということです。

 

今日の「戌の日」については最初にシオモニに否定された時

 

語学力も知識もなかった私は、すぐさま説明ができませんでした。

 

常にアンテナを張って情報を集めたり、気になることはすぐに調べるのは

 

大切だなぁと思います。

 

毎日勉強ですね〜。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2016/11/27/%e3%80%8c%e6%88%8c%e3%81%84%e3%81%ac%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%82%b7%e3%82%aa%e3%83%a2%e3%83%8b%e7%be%a9%e6%af%8d%e3%81%a8%e7%a7%81/trackback/