これって日本語版もあるね!

子どもは歌と踊りが大好き!

子どもは体を使った活動が好きで、テレビの子どもの番組や童謡などを聴くと自然に歌ったり踊ったりすることがあります。保育園や幼稚園でも歌と踊りはよく取り入れられていると思います。

 

海外で子どもに日本語を教える時も、このような歌や踊りは使えるのではないかと思います。

 

今日は、歌や踊りの中でも歌について少し書いてみようと思います。

保育園や幼稚園で習ってきた歌

保育園に通う下の子も、やはり歌も踊りも大好きです。保育園で習ってきた歌を家で披露してくれます。その中には、他の言語で歌われているものもあって、「あっ!このメロディー知ってる!」と思うこともあります。

 

例えば・・・

 

  • 「あたま・かた・ひざ・ポン」(日本語、英語、韓国語)

(※韓国語は少しメロディーが違います〕

 

そして、最近下の子のお気に入りは、「ピンクフォン童謡」というところの歌で「サメの家族」です。私の知る限りこれには、日本語、韓国語、英語版があります。

 

<↓↓日本語版>

 

<↓↓英語版>

 

<↓↓韓国語版>

 

このように、同じメロディーで違う言語で歌うのは子どもも楽しいみたいで、英語はたいしてわからないのにメロディーに乗って口ずさんでいます。

 

「あ! 日本語もあるね!」

うちの場合は韓国の保育園に行っているので、まず韓国語版を覚えてきます。そのため、「英語版もあるかな? 日本語版もあるかな?」と検索してみて、あったら「見てみて!日本語もあるね!」と言って子供に聞かせます。

 

歌を通して、「サメ」という言葉を自然に覚えることもでき子ども自身も楽しんで覚えられるので、このような方法も悪くないなと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外で日本語育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2016/12/29/%e3%81%93%e3%82%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e7%89%88%e3%82%82%e3%81%82%e3%82%8b%e3%81%ad%ef%bc%81/trackback/