目玉焼きと青信号と「なぜ?」

どんな時に「なぜ?」と思う?!

日本で生まれ育ち日本語で育てられると自然に日本語を覚えて使うことができるようになります。そして特に不便なことがなければ、毎日普通に使う言葉に「なぜ?!」と疑問を持ったり見つめ直してみたりする機会はあまりないのではないでしょうか。

 

そのような「なぜ?!」を私達が経験するのは、生まれ育った言語や文化背景が違う人と話している時です。これは、外国や外国語に限ったことではなく、関西の人が仕事や出張や引越しで関東の人と話をする時などに、「あれっ?!」「なぜ?!」と思うものだと思います。

 

今日は、そのような「なぜ?」をバイリンガル子育てにどのように使うことができるか、考えてみたいと思います。

 

きっかけは「目玉焼き」

「きっかけは目玉焼き」というとかなり意味がわかりませんが、これは私自身の経験からです。私は日本語を教えたことがありますが、ある時「目玉焼き」という言葉が出てきました。「目玉焼き」・・・それは、日本人なら誰でも知ってる言葉で特に難しい言葉ではありません。

 

学生に「目玉焼き」とは、どんな意味かと聞かれた時に、私は絵を描きました。そして、「目玉焼き」とは・・・と説明を始めて「えっ?!」と思いました。目玉焼きは目玉に似てるから目玉焼きと言おうとして「目玉?!」「目ん玉?!」「焼くの?!」といろいろなことが頭の中をよぎりました。

 

念のため、辞書を見るとこのように載っています。

 

フライパンに二個または一個の卵を割り入れて焼いたもの。黄身を目玉にみたてていう。

 

コトバンク(スーパー大辞林 第三版)より

 

今まで普通に使ってきて深く考えたこともない「目玉焼き」。もちろん、意味を確認するために辞書を引いたことなんてありません。しかし、実は目玉に見立てて焼いたものと改めて辞書を見ると「なるほど〜」と共に「なんかコワイ名前だな。他になかったのかな^_^;?」とか思いました。

 

 

子供からの質問

ところで、先日小学3年生の子供と話してる時にこんな話がでました。

 

子供 : なんか友達に聞いたんだけど信号って外国では赤と黄色と緑なんだって。なんで日本語は青なのかなぁ。

 

この質問は、よくある質問だと思います。もし、そこで親が次のように答えたらどうなるでしょうか。

 

親 : そうだね〜。どうしてだろうね〜〜。

 

または、

 

親 : そういうもんじゃないの?

 

おそらく、会話はそこで終わってしまい子供の「なぜ?」は、「なぜ?」のままです。

 

では、バイリンガル子育てと考えるとどうなるでしょうか。

 

 

子供と一緒に考えてみる

実際に、私自身に知識が足りず即答ができなかったため以下のように答えました。

 

私 : どうしてだろうね〜。わからないなぁ。どうしてだと思う?

 

そして、子供に考えさせるということをしてみました。

 

子供は、「あれは日本語では青になるのかな?」「日本では昔は信号は青だったのかな?」などと自分なりに考えていましたが、もちろん結局答えは出ず。そこで・・・一緒にインターネットで検索してみよう!ということになりました。その結果、まず日本では法令上「青」と表現することがわかりました。

 

日本の法令においては進行許可の「」は、法令上「」と表現されている。日本に信号機が導入された黎明期は、例規上も緑色信号と呼称した事があったが、道路交通法制定以降は一貫して「青」と表現されている。

ウィキペディア「信号機」より

 

そして、他にも「どうして青信号は緑なのに青信号というのか?」という質問はインターネット上にたくさんありました。それらの質問から答えを抜粋すると・・・

 

  1. 日本で初めて信号機が導入された時は「緑」だったが、その後「青」となった。
  2. 日本語では、緑のものを「青」と表現することがあり許容範囲が広い。

 

ここで、2.で子供と「え?! どういうこと?」となりました。そして、子供と・・・

 

「実は色が緑だけど、言葉では青と表現するものって何がある?」

 

と考えてみました。 リストにすると、以下のような感じです。

 

  • 青りんご(黄緑)
  • 青唐辛子(緑)
  • 青ガエル(緑)
  • 青汁(緑)
  • 青菜(緑)
  • 青虫(緑)

 

また、「本当に青いものも青っていう言葉を使うね」 という話にもなりました。

例えば・・・

 

  • 青空
  • 青あざ
  • 青い鳥

 

などです。

 

 

この経験から気がついたこと

「目玉焼き」の自分自身の経験と、子供と一緒に「青信号」について考えてみたことから以下のことに気が付きました。

 

  1. 言葉に関する疑問は子供と一緒に調べたり考えたりしてメモをして整理すると、親子で発見がある。
  2. 親はいつも「教える人」でなくてもいい。
  3. 言葉について「なぜ?」を考えていくと、歴史的・文化的な背景が見えてくる。

 

バイリンガル子育てという面で考えると、「日本語で信号の色は青」と言葉だけを教えて覚えてもらうのも、もちろんひとつの方法です。しかし、「じゃぁ、どうしてかな?」ということを子供と一緒に考えると言葉だけではなく文化的な勉強にもなると思います。そしてそれは、子供だけの勉強ではなく、親にとっても勉強になると思います。 親子で調べる過程や発見を楽しめると一番いいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外で日本語育児へ

にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2 件のコメント

  1. Kung Yangyisays: 返信

    読んでなくてすいませんでした。なるほど、子供と一緒に考えてみたり、調べたりすると、発展があるのですね。ぜひ参考にさせていただきます。

    • まめちゃんsays: 返信

      親子で調べると、新しい発見があり親子で勉強になります。参考になれば嬉しいです^_^

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2017/01/13/%e7%9b%ae%e7%8e%89%e7%84%bc%e3%81%8d%e3%81%a8%e9%9d%92%e4%bf%a1%e5%8f%b7%e3%81%a8%e3%80%8c%e3%81%aa%e3%81%9c%ef%bc%9f%e3%80%8d/trackback/