海外で子供をどんな学校に通わせる?!

本格的な教育はいつ頃から気になりだす?

海外で子供に日本語を覚えてもらおうとする場合、赤ちゃんの間はそれほどき気にならないのですが子供が幼稚園や小学校にあがる歳になると、本格的な教育が気になってきます。海外で子育てをする場合、子供をどんな学校に通わせてどんな教育を受けさせるか・・・。考えたことがあるでしょうか。

 

幼稚園の後半や小学校辺りになると読み書きなども関係してくるため、それをどんな機関で学ばせようかはパパもママも考えるところだと思います。今日は、海外で子供を育てる上でどんな学校に通わせることができるか、利点と考慮すべき点を主に考えてみたいと思います。

 

選択肢はあるの?

「海外」と言っても世界は広いので、海外のどこで子供を育てるかによって子供を行かせることができる学校が何か所くらいあるか選択肢の数が変わってくると思います。代表的なものをいくつか挙げてみます。

  • 現地校
  • 日本人学校
  • インターナショナルスクール

 

「現地校」とは、文字通り「現地の学校」のことで韓国なら韓国の幼稚園や小学校です。地域にもよりますが現地校に入ると日本人や日本人と他の国のハーフは少数派ということも珍しくありません。もちろん、いろいろな民族がいる国なら日本人夫婦の子供は少なくても日本人と他の国のハーフが結構いる学校もあると思います。

 

韓国・・・というか、私が子育てをしている韓国の釜山の場合は、現地校は韓国人の両親を持つ子供達が多いです。しかし、釜山には帰国子女受け入れ校という小学校が2つあって、そこは両親が韓国人で帰国子女の子供や、両親のうち一方が外国人または両親とも外国人の子供が多いこともあります。

 

次に日本人学校は、海外のどこにでもあるわけではありません。韓国だと、ソウルと釜山の2つの都市にあります。日本人学校は、学校によって規模の大きさに違いがあったり、駐在で海外に来る人の子供さんが通う場合やその国に定住している国際結婚家庭の子供さんが通う場合があります。

 

そういえば、日韓夫婦で日本人学校にお子さんを通わせていた先輩パパがこんなことを言っていました。

 

「日本人学校なら、日本語もちゃんと覚えられるし日本式のお行儀も身につくね。」

 

なるほど、先生も子供達もすべて日本人だし、先生たちも日本から派遣されていることもあるので「日本式」が実現できるのかもしれませんね。

 

最後に、インターナショナルスクールです。私が住んでいる釜山にもあって、主に両親または両親のうち一方が韓国人ではない家庭の子供や帰国子女(海外滞在3年以上)の子供たちが入学できるようです。

 

 

各学校の利点と考慮すべき点

これらの学校には利点と考慮すべき点があるように思います。それを、それぞれの学校に分けて書きます。

 

現地校

<利点>

●韓国で生活しているので、韓国語はもちろん身に付き韓国人の知り合いもできる。韓国人の考え方なども理解できる。

 

<考慮すべき点>

子供の頭の中で強い言語が「韓国語」となる可能性が高いため、日本語を覚えて欲しいと思ったら家の中では日本語にしたり日本の通信教育の海外受講をするなどして意識的に日本語を教えることが必要。また、日本人の子供達の集まりなどに連れていくことも方法のひとつ。

 

日本人学校

<利点>

●日本語はもちろん、日本式の考え方や行動などが学校生活によって身につくので家で教えなくてもいい。学校での行事などを通して日本語だけでなく文化的なことも学べる文部科学大臣にも認可されている。

 

<考慮すべき点>

●日本人学校は小学校と中学校(場所によっていは幼稚部もアリ)までなので、高校生以後も現地に滞在する場合は滞在国の教育課程にも照らし合わせて、高校進学を検討する必要がある。

●駐在の場合は学費が企業から出る場合がありますが、そうでない場合は学費が現地校よりも高い場合がある。

 

インターナショナルスクール

<利点>

●いろいろな国の子供たち、またはいろいろな国に住んだことがある子供たちと一緒に勉強するので視野が広がる。インターナショナルスクールと言えば、英語で教育をするところが多いので英語が子供の中で一番強い言語となる可能性が高い

 

<考慮すべき点>

●日本人学校と同じように、駐在の場合は学費が企業から出る場合がありますが、そうでない場合は学費が現地校よりも高い場合がある。

●日韓夫婦の先輩ママに聞くと「英語、日本語、韓国語の順番に強くて、住んでいる国だから一番わかるはずの韓国語が一番弱い」という声も・・・。バイリンガルやトリリンガルを考える場合は各言語のバランスにも気を付ける必要がある。

 

重要なのは・・・?!

今日は、海外での子育てについて「どんな学校に子供を通わせることができる?」という点から利点と考慮すべき点について、代表的な3つ(現地校、日本人学校、インターナショナルスクール)の学校を見てみました。

 

どの学校についても、利点や考慮すべき点があります。そうなると、やはり重要なのは以下の点だと思います。

  • どんな立場でその国にいるか(駐在? 定住?)
  • 親の方針(子供にどんなことを学校で学んでほしい? どんな大人になってほしい?)
  • 予算(現実ですね・・・)

 

子供が小学生や中学生であるのは、その子の人生の中で6年または3年で過ぎたら後戻りできません。夫婦で、そして子供も交えて話し合ってからどんな学校に通うか決められるといいですね。

 

 

今日の話に関係があるホームページなど

●海外子女教育振興財団の「海外の学校(日本人学校・補習校)」 → http://www.joes.or.jp/g-kaigai/index.html

(注:2017年2月現在、掲載を休止中とのことで、外務省のサイトが参照先として紹介されています。 → http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/world_school/index.html

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外で日本語育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2017/02/11/%e6%b5%b7%e5%a4%96%e3%81%a7%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%82%92%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%aa%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%81%ab%e9%80%9a%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%82%8b%ef%bc%9f%ef%bc%81/trackback/