実験! 日韓バイリンガル児の耳に犬の鳴き声は「ワンワン」か「멍멍(モンモン)」か?

 

こんにちは! 韓国で2人の子供たちを日韓バイリンガルにしようと実践中のまめちゃん(@mame_chang)です。今日は昨日の「ワンワン」に引き続き、本当に犬は「ワンワン」なのか? を日韓バイリンガル児と韓国語のネイティブに協力してもらって実験してもらいました!

 

 

昨日に引き続き・・・

犬は「ワンワン」鳴くものだ・・・という日本語の環境で育てられた私は、大きくなってから英語や韓国語を勉強しても、やっぱり犬の鳴き声を聞くと「ワンワン」と鳴いてるように聞こえます。

 

昨日は、モノリンガル(1つの言語)で育った私は、どうがんばっても犬の鳴き声は「ワンワン」にしか聞こえない、そしてそれはきっと「脳」が関係しているのではないかという話をしました。

 

そして、モノリンガルで育った私がそうなら、「バイリンガル環境で育った人はどうなんだろう?」 という素朴な疑問が生じて来ました。バイリンガル環境で育った(育てられている)人で、例えば日本語と韓国語ができる人なら、日本語を使ってる時は「ワンワン」と聞こえ、韓国語を使ってる時は「멍멍(モンモン)」と聞こえるのだろうか? と思いました。

 

その疑問を解明すべく、簡単ではありますが身近にいるバイリンガルの子供に協力してもらってどう聞こえるのかを実験してみようと思いました。

 

今日は、私の素朴な疑問の答えを探すために身近な人にお願いしてやってみた簡単な実験の内容とその結果、そしてその結果からわかることについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク
 

私の素朴な疑問

もう一度、私の素朴な疑問はこれです。

 

「日韓バイリンガル環境で育った(育てられている)人が、犬の鳴き声を聞いたら”ワンワン“と聞こえるのだろうか? または、”멍멍(モンモン)”と聞こえるのだろうか?」

 

ちなみに、私の身近な人で私の実験に付き合ってくれたのはうちの上の子と旦那サマです。

 

どんな実験をしたの?

どんな実験をしたのかというと、内容は次の通りです。

 

★協力してくれた人たち

旦那      :  韓国語だけのモノリンガル(1つの言語だけ)で生まれ育ち英語は中学校から、そして日本語は大人になってから始めた。

上の子  :  母親のお腹にいたころから日本語で話しかけられていて現在小学校高学年。

 

★音声ファイル

音声ファイルは動画投稿サイトで鳴き声を探す方法もありましたが、時間的に結構長いです。そこでスマホでGoogle検索をしてみました。「犬の鳴き声」と検索したら下の画像のような検索結果となり、スピーカーのマークをクリックすると鳴き声が聞こえました。

 

<Googleで鳴き声(音声)が検索できるとは!>

 

一番知りたいのは、犬の鳴き声なのですがダミーとして他の動物の鳴き声も入れて全部で4種類としました。その4種類とは・・・

 

  1. ニワトリ

 

です。

 

★やり方

まず、紙と鉛筆、音声ファイルを用意。

 

 

旦那と子供には「今から、ある” 音“を聞くからその音を聞こえたままメモしてほしい。音は2回だけ聞く、メモするのは韓国語(ハングル文字)でも、ひらがなやカタカナ、ローマ字でもなんでもいい」と伝えた。(家庭内での言語は日本語なので、日本語で伝えました。)

 

 

練習として、私が手を1回だけ「パンっ!」たたいてみせて「これ、どんな音に聞こえる?!」と聞いてみた。そしてそれをメモしてもらった。

 

 

実験開始。動物の鳴き声を4種類聞いてもらってどう聞こえるかメモ。2人には動物の鳴き声だとは言わず「音」とだけ言った。

 

 

実験が終わったらメモを見せてもらって、一緒に見ながら実は私が何を知りたくてこんな実験をしたのか説明。




私の予測

私の予測では、旦那は韓国語的にとらえて「멍멍(モンモン)」と書くだろうと思ったのですが、上の子が「멍멍(モンモン)」と書くか「ワンワン」と書くかの予測が難しかったです。家の中は日本語なので「ワンワン」かも知れないし、昼間は学校で韓国語なので「멍멍(モンモン)」かも知れないと思ったからです。

 

 

結果は・・・?!

 

結果は、旦那も上の子も2人ともメモはハングル文字でした。以下にそれぞれの回答を書きます。カッコの中はそのハングル文字の音をカタカナで表したものです。

 

★上の子の回答

1.글럭글럭(クロックロッ)

2.이히히이히힝(イヒヒイヒヒン)

3.꽉꽉킁월월(クゥワックンウォルウォル)

4.꼬깨꼬오꼬오(コケコオコオ)

 

続いて旦那の回答です。

 

★旦那の回答

 

1.꿀꿀(クルクル)

2.이히잉(イヒン)

3.왕왕(ワンワン)

4.꼬끼오(コッキオ)

 

 

この結果を見て思うこと

同じ音を聞いたはずなのに、旦那と上の子の回答はちょっと違いました。それを見ているとかなり面白いことに気がつきました。

 

★上の子の回答

聞こえた音をそのまま文字で表してほしいという指示だったので、音を忠実に聞こえたとおりに文字にしてくれました。これを見ていると・・・

 

1.글럭글럭(クロックロッ) → 豚(ブーブー)

2.이히히이히힝(イヒヒイヒヒン)→馬(ヒヒーン)

3.꽉꽉킁월월(クゥワックンウォルウォル)→犬(ワンワン)

4.꼬깨꼬오꼬오(コケコオコオ)→にわとり(コケコッコー)

 

豚と犬は、言われないとなんの音(鳴き声)だか、全くわかりません。ちなみに3.の音声ファイルは最初は子犬のすすり泣き(?)ような部分なので、最後の「월월(ウォルウォル)」の部分が本当は「ワンワン」となります。

 

 

★旦那の回答

旦那の回答を見て、「やはり韓国語の影響を受けている」と思いました。旦那は大人なので、1つめの音声を聞いてすぐに動物の鳴き声だとわかったそうです。

 

1.꿀꿀(クルクル)→豚(ブーブー)

2.이히잉(イヒン)→馬(ヒヒーン)

3.왕왕(ワンワン)→犬(ワンワン)

4.꼬끼오(コッキオ)→にわとり(コケコッコー)

 

ここで、私の最初の「旦那は犬の鳴き声は「멍멍(モンモン)」と書くだろう、という予測は見事外れました。しかし!! 残りの豚、馬、にわとりは、どれも韓国語の言い方なのです。では、なぜ犬だけ「ワンワン」??と日本式なんだろう?と思って旦那に聞いてみると「あっ!ホントだ~!」と旦那は自分でもびっくりしていました。家の中はできるだけ日本語にしていることや、下の子(保育園児)に「ワンワン」という言葉を私が使っているのを旦那は時々聞いていたため、無意識に「ワンワン」と書いたそうです。不思議ですー。

 

 

旦那と上の子の回答を見ていると、旦那は韓国語の影響をモロに受けていていると思いました。それは最初に「今から”音”を聞くので、聞こえたまま文字にしてほしい」と言って、私はひと言も「動物の鳴き声だ」とは言ってないのに、1番目の豚の鳴き声を聞いて「動物の鳴き声だ」と思って4番目まで聞いたので、音を忠実に文字にしたのではなく、自分が「これは馬だ」と思った瞬間、それは上の子のように「이히히이히힝(イヒヒイヒヒン)」ではなく「이히잉(イヒン)」と聞こえたのだと思います。

 

一方、上の子の回答は、音を文字にしたものとしてはかなり忠実だと思います。これを見ていると、実は豚は「ブーブー」、馬は「ヒヒーン」となんて、鳴いてないんじゃないかとさえ思います。

 

結局・・・

たった2人の例なので一般化はできませんが、実は犬は「ワンワン」とも「モンモン」とも「bow wow」とも「ruff ruff」とも鳴いているわけではなく、私たちは自分の言語によって、そのように「聞かされているだけ」なのではないかと思います。
そう考えると、上の子が書いた「音」が実際の犬の鳴き声なのかもしれません。もちろん、犬の鳴き声と言っても犬の気分によって鳴き方が変わるので、それをひとつひとつ覚えるのは大変だと思います。

 

今日は、私の素朴な疑問を解決すべく旦那サマと上の子に協力をお願いして実験をした結果を書いてみました。日韓バイリンガル児の上の子は、音をそのまま文字にしてほしいというと一体何語なのかわからない言葉を書きましたが、強いて言えば「豚」と「馬」は韓国語が近いような気がします。また、「ニワトリ」は日本語が近いような気がします。韓国語に近いものと日本語に近いものが混ざっているのは、やはり日韓バイリンガル児ならではなのかもしれない・・・と思いました。

 

合わせて読みたい・・・

「bow wow」も「ruff ruff」も「멍멍(モンモン)」も、なぜ私には「ワンワン」と聞こえるの?!

スポンサーリンク

にほんブログ村 子育てブログ 海外で日本語育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2017/05/03/%e5%ae%9f%e9%a8%93%ef%bc%81-%e6%97%a5%e9%9f%93%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%ab%e5%85%90%e3%81%ae%e8%80%b3%e3%81%ab%e7%8a%ac%e3%81%ae%e9%b3%b4%e3%81%8d%e5%a3%b0%e3%81%af%e3%80%8c/trackback/