「うちの子供、日本語の語彙が足りないな~」と思ったらやってみる2つの方法

子供が学校であったことを話してくれた時のこと

うちの子たちは韓国生まれ、韓国育ちですが私の方針で家の中では日本語を使うようにしています。

 

子供が小学校に入ると学校や習い事で先生やお友達と過ごす時間が増え、韓国語は韓国人と同じですが日本語の方が弱いなと感じることが多いです。

 

そのため、一時帰国や日本人の集まりに参加などの努力をしていますが、それでもやっぱり日本語を追いつかせるのが難しいなぁと思うこともあります。

 

今日は、上の子との会話から「語彙が足りないなぁ~、と思ってやってみた方法」についてお話ししたいと思います。

 

 

 

子供が私に突然言ったこと

子供たちには毎日「今日、学校(幼稚園)どうだった?」とその日に誰と遊んだかや、どんな勉強をしたかなどを聞きます。

 

私が聞かなくても、話したいことがあれば子供の方から「ママ〜〜!」と話してくれることもあります。

 

 

この前、小学校高学年の上の子が私にこんなことを言いました。

 

 

「ママ〜〜、今日ね、◯◯君が△△君のことを까까머리ってからかって、△△君が怒ったんだって。でも◯◯君が謝らないから학교폭력 신고して、재판소とか법원に行くんだって。」

 

なんとも韓国語混じりの日本語です。韓国語がわからなければ意味不明です・・・。ところで、私はだいたい意味はわかったのですが、このままにしておくといけないなと思いました。

 

 

なぜなら、日本語で言えない言葉4つも入ってるからです。

 

 

そこで子供に言って見ました。

 

「それってどう言う意味? 日本語じゃないからイマイチわからないよ。」

 

 

子供はちょっと考えましたが、語彙がないものは考えてもわからないので、

 

「わかんない。」

 

と言いました。

 

 

そこで、子供にもう一度同じことを言わせてみました。

 

  • 까까머리  
  • 학교폭력 신고 
  • 재판소 
  • 법원 

 

しかし、私は「까까머리」を日本語でなんと言うかちょっと自信なかったので子供に説明させました。

 

「本当は髪があるんだけど、切っちゃってほとんどないって感じ。」

 

と言うので「坊主?」と思いスマホで「坊主」と画像検索して子供に画像を何枚か見せて子供が言いたいことと同じか確認。そして「까까머리は、坊主だよ」と教えてました。

 

後の単語は知っていたので、それぞれ日本語で教えました。

 

つまり、子供が言いたかった言葉はこれ ↓↓ です。

 

  • 까까머리  → 坊主
  • 학교폭력 신고 → 校内暴力(実際は「言葉の暴力」と言いたかったらしいです。
  • 재판소 → 裁判所
  • 법원 → 裁判所

 

 

 

話題が変われば使う言葉も変わる

これは前から思っていたことですが、どんな言語で話していても話題が変われば使う言葉が変わります。自分が自由に使える言語を使っている時は感じないのですが、勉強中の外国語の場合はそれを痛感します。

 

 

うちの子の今日の話でも、毎日家の中の会話には「裁判所」や「校内暴力」「坊主」という言葉はでて来ません。そのため、いざそのような話をしようとするとなんと言ったらいいかわからなくなり韓国語の単語で代用するか適当にごまかしてしまいます。

 

 

説明させるのもいい練習

学校の授業などでは社会の時間などに「裁判」「検事」などの言葉がでてくることもあると思うのですが、家庭で、、

 

「今日は裁判に関係する言葉を覚えようね!」

 

または

 

「今日は経済に関係する言葉をやろう!」

 

は、親にとってもちょっときついし、ただ覚えるだけだと、次にいつ使う機会がやってくるかわからないため、きっとすぐに忘れてしまいます。

 

 

こんな方法は?

私は、伝えたいことがある時が、新しい言葉を覚える時だと思います。そのため、日本語で言いたいけど言えないことは日本語で言えるようにしていくといいと思います。

 

私の場合は、、、

 

  1. ◯◯君と△△君がどうなったのか次の日にでも子供に聞く。
  2. NHK For School に動画がないか探してみる。

 

つまり・・・

 

★1.◯◯君と△△君がどうなったのか次の日にでも子供に聞く。

 

子供に聞く時は、、、

 

「◯◯君と△△君の話、あれからどうなった?」

 

と聞いたり、

 

 

「この前の、校内暴力の話はどうなったの?」

 

 

と聞いてみてもいいと思います。

 

 

 

★2.NHK For School に動画がないか探してみる。

以前、このブログで紹介したこともあるサイトですが、「社会」のところに何か裁判関係の動画があるとわかりやすいかなと思います。ちょっと検索してみたら、小学校高学年から高校生対象の動画が、いくつかありました。

 

NHK for School で、「裁判」で検索した結果  

http://www.nhk.or.jp/school/keyword/?kw=%E8%A3%81%E5%88%A4

 

このようなサイトを利用して学年に合ったこのような動画を見せたり、クイズをしてみると子供も楽しんで覚えてくれるかなぁと思います。

 

 

最後に・・・

今日は、上の子との会話から「話題が変わると必要なる言葉も違う」ということについて、お話しました。その時にただ日本語で言えない単語を日本語に置き換えるだけではなくて、関連する動画などもいっしょに見ることができたら子供の頭に残りやすくなるのではないかと思います。

 

 

合わせて読みたい・・・

小学1年生から中学3年生までのデジタル教材「NHK for School」

スポンサーリンク

にほんブログ村 子育てブログ 海外で日本語育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2017/05/25/%e3%80%8c%e3%81%86%e3%81%a1%e3%81%ae%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%80%81%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e3%81%ae%e8%aa%9e%e5%bd%99%e3%81%8c%e8%b6%b3%e3%82%8a%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%aa%ef%bd%9e%e3%80%8d%e3%81%a8/trackback/