子供同士のケンカに勝つ決め手はコレ?!

「ケンカ」と「文化」

ケンカというものは年齢に関係なくすることがあると思います。ケンカと言っても口ゲンカや取っ組み合いのケンカなど種類もたくさんあります。

 

もし負けん気の強い人がケンカに勝とうとすると、どんな方法を使うでしょうか。ある人はありったけの悪口で対抗するかも知れませんし、ある人は手が出るかもしれませんし、ある人は足(?)が出るさもしれません。

 

 

子供同士のケンカを横で見ていると、相手に負けないようにしようと対抗して言う言葉がいろいろあります。今日はうちの子や韓国の子供たちのケンカを見ていて、「ケンカも文化を反映するのかも?」と思ったことについてお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

韓国で子供たちのケンカを見ていてときどき聞こえる言葉とは?

韓国に住んでいて毎日ケンカばかりを見かけるわけではありませんが、たまに子供たちのケンカを見かけるとこんな会話が韓国語で聞こえて来ることがあります。

 

<↓↓ もともとは韓国語です。>

子供1:なんだと?! オレ(私)は7歳だぞ!

子供2:うちのお姉ちゃんは8歳だぞ!

 

もしかしたら、どこの国の子供も使う言葉なのかもしれませんが、何度か聞くうちに気になってきました。そして、「どうしてなんだろう・・・?」と考えると、すぐに思い当たることがありました。

 

 

韓国では少しでも早く生まれた人が偉い?!

韓国人の知り合いができると、まずお互いに確認するのが年齢です。お互いに何年生まれなのか、何歳なのかを確認してどちらが年上かを確認します。年齢がわかってどちらが上かがわかると、使う言葉(どのくらい敬語を使うのか、使わないのかなど)が決まるので韓国人にとっては安心なようです。

 

そして、同い年であっても数ヶ月先に生まれていればその人は「私の方が○ヶ月お姉さんね(またはお兄さんね)。」という話になることもあります。

 

上下を決めるということは、なんだか厳しいような気もしますが面倒見がいい人も多く「私がお姉さんだから(お兄さんだから)」と言って、いろいろと助けてくれることもあります。

 

そして年上を敬うということは儒教の考え方からきているらしく、面倒見がいい人たちがいる一方で、「年上=偉い」と思っている人もいるみたいです。

 

 

ケンカに勝とうとして言ってるのかな?

子供たちから見たらずいぶん年上の私からみたら、7歳も8歳も似たようなもので大差はありません。しかし、ケンカをしている子供たちは真剣そのものです。

 

「ケンカに勝とうとして言ってるのかな?」

 

または

 

「自分が年上で相手よりも偉いと思ってほしいのかな?」

 

などと考えながら子供たちのケンカを観察するのは、なかなか興味深いです。また、このように年齢を強調するのは、特にお互い年齢を知らない子供たち同士でやることのようです。

 

 

そして、相手よりも自分の方が年下だとわかったらケンカに負けると思うのか、自分のお姉ちゃんやお兄ちゃんを突然引き合いに出してきて、

 

「うちのお姉ちゃんは8歳だぞ!」

 

のような発言になるようです。それでケンカに勝てるのかはですが、「フンッ!」となってケンカ別れしていることもあるようです。

 

 

 

ケンカは文化を反映する?!

このように見ていくと、ケンカになった時に年齢の高さを誇示して相手より自分が上であることを示して勝とうとするのは、もしかしたら儒教の国韓国では少しでも年上の人は偉いということが子供の世界にも影響を与えているのかもしれないと思います。

 

今まで、「言葉は文化を反映する」という言葉をこのブログの中で何度か使いましたが、今回は「ケンカは文化を反映する」と言えると思います。

 

 

 

バイリンガル子育てをしている親として思うこと

さて、ここでこのブログのメインテーマである「バイリンガル子育て」について考えると、言語と文化はお互いに影響しあうものだと思うので、ケンカをしている他の子供たちを見て、「オレは7歳だぞ!」というような発言を聞いたら、親としてどう反応したらいいかな、と考えてみました。

 

 

実際のケンカは、韓国語でやっているので、

 

 

「今の男のが言ったこと、日本語だったらなんていうかなぁ?」

 

言語の面で考えさせてみたり、

 

「日本の子供だったら、あんな風に歳の話をケンカの時に出すのかな?」

 

などと文化の面でも考えさせてみるのもいいと思います。

 

その際、言語の面については子供はきっとすぐに答えることができると思います。しかし、文化の面では答えられない子もいると思います。それは、海外生まれ海外育ちだと、日本語でケンカをするという経験が子供自身になかったり周りが日本語でケンカをするという光景を見る機会がなかなかなかったりする可能性があるからです。

 

しかし、あえて子供に聞くことで日本に一時帰国をした時や日本のテレビや映画などを見るときに、子供同士のケンカの場面が出てきたら「あっ!」と子供が思う瞬間が来るかもしれません。そのような時に子供が自分で気がつくという経験はきっと子供の頭に残りやすいと思います。

 

 

 

最後に・・・

今日は、子供同士のケンカを何度か聞いた経験から、年齢を言うことでケンカ勝とうとする光景をみて、その理由を考えてみました。また、バイリンガル子育てという目で見ると、ケンカで年齢を強調することは言語の面と文化の面と2つの面で子供に質問ができると思いました。

 

「ケンカは文化を反映する」として、韓国の子供たちのケンカが韓国の文化を反映するものだとしたら、日本の子供たちのケンカは日本のどんな文化を反映しているのだろうかと思います。

 

日本の子供のケンカを近くで最近見ていないので、この疑問には即答できないのですが、次回の一時帰国や日本のテレビや映画を見るときは、そんなシーンが出てきたら「あっ!」と思えるように心の片隅に留めておこうかと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい・・・

喧嘩になるとなぜ韓国語になるの?

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2017/06/26/fighting/trackback/