通信はライフライン!困ったらいつでも答えてくれるコレを使おう~。

韓国在住者限定のお話・・・

私は現在韓国に住んでいて、生活の基盤が韓国にあります。そして休みの時や一時帰国、仕事などで韓国を一定の期間、出ることがあります。

 

韓国を出るときに必要なものは、パスポートやお金などはもちろんなのですが、韓国にいなくても連絡を取りたい(または取らないといけない)人もいるので通信手段は欠かせません。

 

韓国を出て日本に一時帰国する時やその他の国に行く時は、ポケットWifiをレンタルして行ったり、たまにオンラインになればいい場合はホテルなどのWifiだけを利用したりします。

 

そして、通信に関して何か問題があって自分で解決できない時や聞きたいことがある時は、Wifiをレンタルした会社や契約している電話会社などに連絡します。

 

今日は、このブログのメインテーマではありませんがその他のテーマである「韓国のあれこれ」ということで、私が今韓国で使っている電話会社のサービスの一部が「韓国にいる時でもいない時でも ”困った!” や ”知りたい!”に迅速に答えてくれること」についてお話ししたいと思います。

 

 

韓国の電話会社って?!

日本にソフトバンク、au、ドコモなどの会社があるように、韓国にはKT、LGU+、SKが会社があります。その中で、私はKTを使っています。KTには他の会社と同じように国内、そして海外でのサービスがあります。

 

なぜKTにしたか?というと・・・、特に理由はなく実はたまたまです。

 

 

韓国にいない時に困ること/ いる時に困ること

韓国にいる時に、電話に関することで困ったことがあれば街中には代理店があちこちにあるので、通りすがりの店に入って聞いてもいいし、カスタマーセンターのようなところに電話してもいいです。

 

しかし、韓国を出るとそこは外国。韓国の電話について問い合わせができる場所はありません。今まで、韓国にいないときに困ったことは次のようなことです。

 

  1. ローミングのプランを変えたい時や詳しく知りたい時
  2. ローミングかうまくいかない時

 

そして韓国にいる時に困るのは、、

 

  1. カスタマーセンターの営業時間外に急ぎで聞きたいことがある時

 

カスタマーセンターで働いている人も、もちろん休憩は必要なので営業時間があるのは当然のことですが、

 

「あっ! あれについて気になる!」

 

といった時にカスタマーセンターに電話をして営業時間外だっら、仕方がないので次の営業時間までまたないといけません。営業時間は、きっと労働時間などが関係しているので当然のことですが・・・。

 

 

通信手段はライフライン

普段、住んでいる国にいる時には感じませんが、他の国に行ってWifiや電話がなかったりすると、とても不便だと感じます。

 

ただ誰かと連絡が取りにくいというだけならともかく、必要なのにできない時はこの上なく不便です。そんな時は、

 

「通信手段って、ほんとライフラインなんだなぁ。」

 

と実感します。

 

「これは助かる!」と思った方法はコレ!

韓国にいても韓国にいなくても「困った!」という時や「教えて〜!」という時に助かるのが、

 

KTの Twitterです。

 

Wifiさえあれば、韓国にいても韓国にいなくても利用することができます。具体的に私がどう利用したかというと、、、

 

<韓国にいない時の “助かった!“>

  1. ベトナムを旅行中にローミングのサービス内容について詳しく知りたいと思った時。
  2. 日本に一時帰国中に携帯をローミングしてテザリング可能なのにパソコンがネットに繋がらなかった時。

<KT Twitterとのやりとりの一部>

 

<韓国にいた時の “助かった!”>

  1. 未成年が携帯電話を持つことについて名義や支払い、解約などの細かいことをインターネットで最新の情報が見つけられなかったのと、「知りたい!」と思った時が営業時間外だった時。
  2. 韓国国内でのポケットWifiのレンタルについて「知りたい!」と思った時が営業時間外だった時。
  3. 韓国を出て現地のSimを利用したいとして、自分のスマホにSimロック解除が必要かどうか調べたかった時が営業時間外だった時(←数年前の話)。

 

 

このKTのTwitterの何がいいのか・・・? というと・・・

 

  1. Wifiさえあれば時間や自分がいる場所に関係なく質問ができること。
  2. 質問したら大抵「24時間以内にお答えします。」という自動メッセージらしき返信がくるが24時間どころが数十分で返信が来るのがうれしい。

 

このKTのTwitterのおかげで、ベトナム旅行中にあらかじめ加入していたサービス内容についてふと疑問に思ったことをすぐその場で質問できました。また、質問してすぐに返信がくるのはとても助かります。

 

ちなみに、KTにTwitterから質問する時は、「@kt_cs」で韓国語で質問します。

 

最後に・・・

今日は、通信手段とは欠かせないライフラインだなぁ、と感じた経験と、韓国にいても韓国にいなくてもWifiさえあればいつでもどこでも質問ができて助かるKTのTwitterについてお話ししました。他にもオンラインストレージで困ったときに 「@onedrive」で、OnedriveのTwitterに助けてもらったこともあります。全ての会社やサービスがTwitterで質問に答えてくれるとは限りませんが、うまく使えばとっても助かる方法でオススメだと思います。

スポンサーリンク

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2017/09/17/kttwitter/trackback/