現地の保育園/幼稚園に行かせたら子供が日本語を話さなくなった!親ができる3つのコトって?!

ときどき聞くこと

私は今韓国で子供を育てていて、子育てをしながら知り合った人も多いです。また、学生時代の友達も結婚して子育てをしている友達もいて学生時代とは違い子育てについても時々話をします。また、このブログを始めてからは実際にお会いしたことがなくてもSNSなどで知り合って情報交換をしたり色々な話を聞かせてもらったりもしています。

 

そんな話の中で、ときどき聞くのが、

 

「現地の学校に子供が行きだしてから、子供が親の言葉を話さなくなった。」

 

という話です。もうちょっと具体的に言うと、例えば韓国在住で日本人と韓国人を両親に持つ子供さんがいるとします。韓国生まれですが家の中では家族で日本語を話し、子供も韓国語よりも日本語が強いです。しかし、現地(韓国)の保育園や幼稚園に行くようになったらいきなり韓国語が増えて日本語を話さなくなったというのです。この手の話は現地の保育園よりも幼稚園に行き始めた人からときどき聞きます。

 

今日はこのような話について、

 

「どうして現地の言葉が増えて日本語を話さなくなるのか?!」

 

について考えたこと親ができることについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク
 

生まれてからずっと日本語なのに・・・

日本で生まれても韓国で生まれても家の中でずっと日本語で話しかけてきて、言葉が出始めてもやっぱり日本語で、

 

「韓国の保育園/幼稚園に行かせて大丈夫かなぁ。韓国語あんまりわからないんだけど。」

 

親はこんな心配をしますが、いざ通わせて見るとどうなるのでしょうか。

 

 

保育園や幼稚園に預け出すと・・・

このような状態からいざ現地(ここでは韓国)の保育園/幼稚園に預けると、どんなことが起こるのでしょうか。

 

預けだすとみるみるうちに韓国語が伸びていって、その発音の良さと子供が話す自然な韓国語に親は驚くばかりです。

 

「心配したけど、なんとか韓国語もわかるようになってきたみたいだし、お友達にも馴染んでるみたいだし良かった。」

 

と安心するようです。しかし、、、、

 

この辺で気づくのは、

 

「あれっ?! 前と同じように日本語で話しかけてるのに日本語で答えてくれない!」

 

ということだと思います。親が韓国語がわかる場合は、日本語で話しかけても韓国語で返ってきた答えに反応して会話が進みそのうち子供の発言が韓国語だらけになる、、、ということも珍しくありません。

 

 

どうしてこうなるの?

では、どうしてこうなるのでしょうか。流れをもう一度考えてみると多分次のようになると思います。

 

1.家の中は日本語。両親と日本語で話す。

 

↓ 日本語  > 韓国語

 

2.韓国の保育園に通い始める。

 

↓ 最初は、日本語  > 韓国語

↓ そのうち、日本語  = 韓国語

↓ 気づかないうちに、日本語  < 韓国語

 

3.気づいたら韓国語ばかり話すようになってる!!

 

2.で、子供の頭の中で何が起こっているのかというと、もし頭の中に日本語の領域と韓国語の領域があるとすれば、、、

 

「日本語だけで過ごしてきたのに保育園や幼稚園に通うことによって頭の中で韓国語の領域がどんどん広がって来る」

 

ということなのか・・・。または、言語によって領域なんてものはなく言語というものを1つの領域で管理しているとすれば、、、

 

「韓国の保育園/幼稚園という新しい環境にいることで日本語で知っていた言葉がまるでオセロのコマを裏返していくように韓国語に置き替えられていく」

 

のかもしれません。

 

そして、気がついたら子供は韓国語の方が楽になって日本語は聞き取れても韓国語で答え、親にも韓国語で話しかけるようになり親もつい意味がわかるので韓国語で答えてしまい・・・ となるのだと思います。

 

 

親はどうしたらいい?!

親が「あれっ? もしかして日本語が口から出なくなってる?」と思うのは、きっと上の2.の真ん中辺りではないかと思います。そして、

 

「どうしたらいいかな?」

「どうしよう?」

 

と考えているうちに、時間が経って3.になっているということもあると思います。

 

では、もしこのような流れで段々日本語が出て来なくなるのが最初からわかっていたら親には何ができるのでしょうか。

 

考えられることは、次の3つです。

 

<その1>

1.「ママは(パパも?!)韓国語がわからないの・・・。」と言う。

 

 

2.日本語で言いたいけど言えないことは韓国語で言わせてみてから日本語で教える。

 

 

<その2>

1. 家族会議や夫婦で話し合い、「家族とは日本語で話す。」ができるだけ守れるようにする。

 

 

<その3>

とにかく辛抱強くひとつひとつ日本語に直して教えていく。

 

ちなみに我が家では上の子が1歳を過ぎたころから保育園に預け始めました。家に帰ってきたら韓国語で私に話しかけて来たので、<その3>の方法でひとつひとつ日本語の言葉を教えて日本語でも文が作れるようにしてきました。なぜなら、1歳の子供に<その1>のような方法で、

 

「ママは韓国語がわからないの・・・。」

 

と言ってもまだ理解できないからです。

 

 

ちなみに、<その1>の方法は保育園児よりも幼稚園児の方が効果がありそうです。また、<その1>の方法は「韓国語がわからない」と言っているのに韓国語を言わせてそれにあたる日本語を教えるのは大人からみたら実は矛盾しています。しかし、幼稚園の年少組辺りまでは通用したので私は上の子にはこの方法をとっていました。(その時の様子については「合わせて読みたい・・・」からどうぞ。)

 

また、両親のうちひとりが韓国人でも日本語ができる場合は<その2>のように家族や夫婦で話し合って、

 

「家では日本語で話そうね。」

 

と決めると、幼稚園児ぐらいから少しずつわかってくるようです。

 

 

最後に・・・

今日は、周りからときどき聞く、「現地の保育園/幼稚園に通いだしたら子供が日本語を話さなくなった!」ということについて、どのような流れでどうして日本語話さなくなるのかを考えてみました。そして、親ができることを3つお話しました。

 

最初からこうなるとわかっていたらきっとビックリせずに、心の準備ができると思います。海外に住んでいて現地の保育園/幼稚園に通うことになっても日本語を保ち、伸ばせるようにできたらと思います。

 

合わせて読みたい・・・「ママは韓国語がわからないの・・・^^;

 

<お役立ちアプリ(広告)>
metune(iOS)(Andoroid)
 

スポンサーリンク

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2017/10/05/speakjapanese/trackback/