親が日本語のネイティブだったら日本語だけ気にしてればいいの?

いつもとは反対のこと・・・

このブログでは「まめリンガル」という名前で、韓国で私がやっている日本語と韓国語のバイリンガル子育てについてや、一時帰国の準備や体験入学の話などについて書いています。

 

そして、子供たちが日本語を使う時にする間違いなどにも触れ、どうしてそういう間違いをするのかについて理由を考えたり対策を考えたりもしています。

 

子供たちがする間違いについては、「日本語の間違い」について書いたものが圧倒的に多いです。それは、私が日本語のネイティブであることや韓国語がわかること、そして日本語教師の経験があることから、間違いの理由がすぐにわかるからです。

 

子供たちは韓国に住んでいて、家の外では韓国語で過ごしているので韓国語の方が強いです。そのため、日本語に韓国語の影響が出ることがあります。今までこのブログではその話をたくさんしてきました。

 

今日はその反対に、子供たちが使う韓国語に日本語の影響が出ているのかについて、上の子の話をしたいと思います。

スポンサーリンク
 

 

周りは韓国語だらけ

現在小学校高学年の上の子は、韓国生まれ韓国育ちです。保育園、幼稚園、小学校はすべて韓国の学校です。日本人夫婦のお子さんが同じ幼稚園に通ってたことがありましたが歳が違ったので同じクラスではなく、話す機会はそれほどなかったようです。そのため、家の外では韓国語だらけの生活を送ってきました。

 

私も韓国語がわからないわけではないのですが、

 

「子供と話す時は日本語で」

 

を、徹底しようとがんばってきました・・・。

 

 

 

子供を日本語と韓国語のバイリンガルにするなら気にしたいコト

韓国に住んでいますが日本語をちゃんと覚えてほしいと思ってるのと、韓国語は家の外で自然に覚えてくるだろうと最初は軽く考えていました。しかし、

 

「子供たちを日本語と韓国語のバイリンガルにする。」

 

 

ということは、私が韓国語のネイティブでないこととは関係なく周りから情報を集めることによって状況を把握してできることはしないといけないのかな、と考えが変わっていきました。それが上の子が保育園に入ってしばらくした頃のことでした。

 

そして、保育園や幼稚園、小学校の先生などにときどき、

 

 

「うちの子は韓国語は大丈夫ですか? 家では日本語ばっかり使ってるのですが・・・。」

 

と聞いてみることにしています。上の子先生に言われたのは、

 

  • 保育園の時 →  そう言われてみればイントネーションや発音が変だと思ったことがある。しかし先生は日本語がわからないのでそれが日本語の影響かどうか判断がつかなかった。
  • 幼稚園の時 → 特におかしいと思ったことはない。
  • 小学校に入ってから → 特におかしいと思ったことはない。国語(←韓国語)の授業もちゃんとついてきているしテストも心配するほどではない。

 

小学校に入ると勉強が本格化するので母親が日本人であることで、国語(←韓国語)にちゃんとついていけるか心配していました(詳しい話は「合わせて読みたい・・・」からどうぞ~)。

 

しかし、このように上の子の韓国語について先生に聞いてみて、気になる回答があったのは保育園の時だけでした。保育園児というと、モノリンガル(1つの言語だけ)でも、まだちゃんと母語が確立していない年齢ではないかと思います。私が先生に質問した時は文法や言い回しに関することを言われるかな?と思っていたのですが、そうではありませんでした。

 

 

 

そういえば・・・

この話をしていて、ふと思い出すのが上の子が保育園児の時に保育園に登園して先生に韓国語で言ったこんなひと言です。

 

「선생님(ソンセンニム), 눈이(ヌニガ) 왔어요(ワッソヨ).(「先生、雪が降りました。」の意味)」

 

その日は雪が降ったので、家から保育園に向かう道はおおはしゃぎでした。しかし、保育園についた途端言ったこのひと言に私は違和感を覚えました。なぜなら文法的に不自然だと思ったからです。

 

そして、保育園の先生に確かめてみるとやはり文法的におかしくて「 눈이가(ヌニガ) 」「 가(ガ) 」は要らないということでした。私はこれを聞いてすぐに

 

「日本語の影響だ・・・!」

 

とわかりました。日本語では、

 

「雪がふる。」

 

と言うので、「雪が」がの「」が韓国語の「 가(ガ) 」として表れたのだと思います。

 

 

きっとお互いに影響しあってる・・・

保育園のころに上の子が言ったこのひと言から考えると、保育園児というのはまだ日本語も韓国語もちゃんとできない時期だと思うので、家の外の韓国語と家の中の韓国語がいい意味でも悪い意味でもお互いに影響しあっていたのではないかと思います。

 

そして、日本語がネイティブである私は日本語の間違いには気がつきやすいので、悪い意味で影響をしている方に、すぐに気がついたのだと思います。

 

 

最後に・・・

いつもは、子供たちが使う日本語について韓国語の影響を受けていると思うものに焦点を当てて詳しく書くことが多かったです。しかし、「子供たちを日本語と韓国語のバイリンガルにする」ということは、韓国語がネイティブでなくても韓国語にも目に向ける必要があると思ったことをお話しました。

 

韓国語がネイティブでないとすぐに間違いに気づきにくかったり、間違えたとわかってもどう直したらいいか細かいニュアンスなどの部分での説明がしにくいです。しかし、保育園、幼稚園、小学校の先生などと話をして情報を集めることはできます。

 

小学校に入ってからは担任の先生に国語(←韓国語)がおかしいとは言われませんが、今後も保護者面談の時などに先生に聞いてみようと思います。

 

 

合わせて読みたい・・・

・子供の韓国語が日本語に影響されていると思った瞬間の話 →「「日本語脳」になってるの? 一時帰国から韓国に戻ったばかりの子供たちの頭の中!

 

<お役立ち情報(広告)>
幻獣契約クリプトラクト(iOS)
幻獣契約クリプトラクト(Andoroid)

脂肪分解注射の主成分が高配合されたボディクリーム【プルマモア】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2017/10/23/%e8%a6%aa%e3%81%8c%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e3%81%ae%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%96%e3%81%a0%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%89%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e3%81%a0%e3%81%91%e6%b0%97%e3%81%ab/trackback/