絵本の読み聞かせ。どう考えて実践するのがいいの? プロの絵本講座「心が育つIQ絵本講座・IQが上がる読み方実践編」を受けてみた!

 

こんにちは~!バイリンガル子育て中のママ、まめちゃん( @mame_chang )です。今日は一見簡単で誰でもできそうで実は奥が深い「絵本の読み聞かせ」についてです。

 

 

絵本の読み聞かせって?

子育ての経験があったり周りに子供がいると、「この本読んで~。」と子供が絵本を持ってくるということがあると思います。 絵本は対象年齢にもよりますが絵や文章があって、ほんの数ページで終わるものもあれば長めのものもあります。

 

うちでも2人の子供たちに絵本の読み聞かせをしてきましたが、私自身が絵本の読み聞かせをしてもらってた時代はすでに遠い記憶であまり覚えていません。また、お恥ずかしいことに寝る前などに子供に絵本を読んであげていると、ついつい自分が眠くなってあくびをしてしまうということもあります。

 

しかし、韓国で2人の子供を育てながら、

 

「子供たちには日本語や日本文化がわかる人になってほしい。」

 

と思い、今まで「言語」や「文化」の面ばかりを考えて読み聞かせをしてきました。ところが、絵本というのは、どうやらもうちょっと多角的にとらえた方が良いようで、言語や文化以外にも「子供の心を育てる」という面もあることを知りました。

 

この「子供の心を育てる」という部分は、私が絵本を通して今まで焦点を当てることがなかった部分です。そこで今回、プロの方の絵本講座を受けてみました! 言語と文化だけではない「子供の心を育てる」という非常に重要なところにポイントが置かれた絵本講座について、今回はご紹介して私の感想も書きたいと思います。

スポンサーリンク
 

絵本講座の概要

この絵本講座の具体的な内容は著作権が関係してくるので、このブログでは事細かに書くことはできません。そのため、だいたいのやり方や受けてみた私の感想などが参考になればと思います。

 

では、講座の概要を見て行きましょう。

 

<絵本講座概要>

講座タイトル:「心が育つIQ絵本講座・IQが上がる読み方実践編」

形式 :オンラインまたはオフライン

時間 :90分+質疑応答

<絵本講座のちらし>

 

講師の方がドイツ在住、私は韓国在住のため私はオンラインでの受講となりました。私が参加した時は他にもベルギー在住の方が参加していました。

 

内容をざっくり言うと、次のような感じです。

 

  • 参加メンバー自己紹介
  • 子供の心を育てる絵本の読み聞かせにはどのような方法があるか?
  • 子供の心を育てる絵本の読み聞かせの効果について。
  • 絵本の紹介

<講師のYokoさん>

 

講座を受けてみた感想

では、この絵本講座を実際に受けてみた感想です。箇条書きにしてみると・・・

 

  1. 自分が今までやってきた読み聞かせのやり方がよかったのか改善すべきなのかがわかった。
  2. 絵本の読み聞かせは子供の心の成長にどう影響を与えどんな効果があるのかがわかったので、今後は自信を持って読み聞かせができそう。
  3. 読み聞かせとは親子にとってどんな時間なのかがわかった。

 

 

最初にも書いたように、大切だとはわかっていても子供たちに絵本の読み聞かせをしていると、ついあくびがでてしまうこともあるダメな私・・・。しかし、MP3を聴かせるのではなく、ママの声で読み聞かせをすることの重要性を再認識しました。

 

さらに、今までやってきた読み聞かせのやり方がよかったのか改善すべきなのかが、理由と共にわかったので、その知識を基に自信を持って読み聞かせをしてあげることができそうです。

 

それから、講師の方はとっても明るくてテンポよく講座の内容も進めてくださいました。現在、うちの子供たちは小学校高学年と幼稚園児ですが、上の子が保育園児の時にこの講座を受けていればよかったのになぁ~と思いました。

 

私は、絵本って文字が読めれば誰でも子供に読み聞かせをしてあげられるように感じたこともあるのですが、そうではなく実は奥が深いなぁと思いました。子供がいるママやパパ、またはプレママなどにもオススメの絵本講座です。

スポンサーリンク

最後に・・・

今回は、ドイツ在住でバイリンガル幼児教育アドバイザーの講師の方主催の「心が育つIQ絵本講座・IQが上がる読み方実践編」について、その概要と講座を受けてみた感想について書きました。この講師の方、実は過去に私のブログにも登場しています。お子さんたちを日本語、ドイツ語、英語のトリリンガル子育て真っ最中のYokoさんです。

 

私は以前Yokoさんには、ご家庭でどのようにバイリンガル(マルチリンガル)子育てを実践しているのかインタビューをしたことがあるので、その内容と今回の絵本講座の内容とを合わせて考えると、Yokoさんが自分の経験も踏まえながら、どれだけお子さん達のことを考えてバイリンガル(マルチリンガル)子育てをし、絵本の読み書きかせをしているかというのが、ひしひしと伝わってきました。

 

私もあくびなんてしている場合じゃないですね・・・。今日からまた、新しい気持ちで子供たちに読み聞かせをしようと思いました。ためになる講座をありがとうございました!

 

 

合わせて読みたい・・・

・Yokoさんへのバイリンガル(マルチリンガル)子育ての実践について →

(前編)夫婦で協力!【実践!みんなのバイリンガル子育て⑨ Yokoさんの場合】

(後編)夫婦で協力!【実践!みんなのバイリンガル子育て⑩ Yokoさんの場合】

 

・ 絵本講座に興味のある方はYokoさんのホームページから他の方の感想を読んだり申込んだりすることができます。→ http://manekineko-stuttgart.de/ehon/

 

<お役立ち情報(広告)>
JR東日本アプリ(iOS)
JR東日本アプリ(Android)

 

スポンサーリンク

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2018/02/28/ehonkouza-yokosan/trackback/