カテゴリー「 あんな教材こんな教材(幼稚園児用) 」の記事

19件の投稿

インターネット学習教材 学習にインターネットを使うということは、私が子供のころは考えもしなかった(というか存在してなかった)のですが、最近ではだんだん普通のことになっています。   対象となる年齢も勉強できる科 …
今すぐ使えます! 「海外生まれ海外育ちでも子供とは日本語でミュニケーションがしたいし、日本語の読み書きもできる人になってほしい・・・」こんな思いから始めたこのブログですが、子供が生まれた時から教材はどうしようかと色々とリ …
ハローキティといえば・・・? ハローキティと言えば日本だけではなく海外でも見るキャラクターで、知っている人多いのではないかと思います。ハローキティは、小物や文房具や洋服などいろいろなところでみます。「ハローキティ」よりも …
インターネット上で手に入れることができる教材 日本に住んで日本で子育てをすると、そこは日本なので日本語を使う機会はたくさんあります。また、本屋さんに行けば教材もいろいろあるので教材を買ったり通信教育で毎月、家に教材を送っ …
そろそろと思ったら・・・ 結婚して子供が生まれたら。2、3年は授乳や離乳食、トイレトレーニングなど、子供には手がかかり親は忙しく過ごします。しかし、保育園を卒園し幼稚園に入ったら、お絵描きや運筆練習を経てひらがなやカタカ …
一時帰国の時に買ったもの 海外に住んでいる方々は、1年に何回くらい一時帰国するでしょうか。私の場合はだいたい1回ですが、場合によっては2回の時もあります。一時帰国といえば食いしん坊の私は、「おいしい食べ物!」「友達とカフ …
通信教育? または自分で買って来る? 海外で自分の子供に日本語を覚えて欲しいなぁと思ったら、教材を準備する方法はいくつかあります。すぐに思いつくのは通信教育の海外受講、または日本に一時帰国したときに自分で本屋さんに行って …
通信教育の海外受講 海外に住んでいる日本人はたくさんいて、そのパターンはだいたい9つにわけられますが(詳細はこちらから)。国際結婚で海外に移住、日本人夫婦で移住、または企業からの駐在で海外派遣などいろいろです。 海外に出 …
海外受講でなくても買える教材 このブログでは、海外に住んでいても子供には日本語を覚えてほしいという考えのもとに、海外からでも取り寄せられる教材を海外受講を中心に紹介しています。海外に住んでいてもインターネットで注文して、 …
以前に書いたコト・・・ 少し前に、「読んであげる絵本に困ったらコレ!(保育園児~小学生用)」と題して、海外に住んでいてもインターネットがあれば利用することができるWeb絵本についてご紹介をしました。種類も豊富で無料という …
「ママ~!これ読んで~」 子供が保育園児や幼稚園児、または小学校1,2年生あたりまではまだ文字がちゃんと読めないので、ママやパパに絵本を読んで欲しいと子供は言います。「いいよ~」と言って読んであげたら「もう1回~!」と同 …
老舗の通信教育の会社 古くからある通信教育の会社はいくつかありますが、そのひとつがZ会です。「Z会」といえば聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。 今日は、幼児から社会人までの教材をカバーするZ会の教材のご紹介で …
あえて上の子とは違う教材に よく、同じ親から生まれ育った兄弟姉妹でも   顔も違うし性格も違うといいます。   うちの場合もやはりそうで、顔、性格、食べ物の好み、   パパとママのどちらとよ …
会社も教材もいろいろ! このブログでは就学前の幼児から中学生辺りまでが   使うことができる教材、特に海外でもダウンロードできたり   海外受講が可能なものを中心に紹介しています。   こう …
家庭学習重視の教材 このブログでは、海外で日本語で子育てをしながら役に立つ教材を   時々ご紹介しています。教材もいろいろと特徴があるので   自分の子供に合わせた教材を選ぶには親がリサーチをしたり  …
いろいろな教材 海外で子育てをしながら子供に日本語を教えたいと思っ時に   役に立つ教材をこのブログではいくつか紹介してきました。   オンラインで受講可能なものもありますが、   ほとんど …
「七田式教育」とは?  一般に見られる教材には「幼稚園児用」や「小学生用」などさまざまですが、   「七田式教育」というのを聞いたことがあるでしょうか。   七田式の教材はなんと、ママのお腹にいる「胎 …
どんな教材がいいの? 幼稚園くらいになると「そろそろひらがな教えようかな」と親が考えたり、   上の子がいる場合は「お兄ちゃん、お姉みたいに字を書きたい」と言う子供もでてきます。   かといってちゃん …
絵本の世界 絵本・・・。私も子供のころ読んでたと思うのですが、   昔過ぎて記憶があまりありません^^;   しかし、自分に子供ができてからまた絵本に触れるようになりました。   絵本の世界 …
PAGE TOP