バイリンガル育児★まめリンガル

海外在住でも子供と日本語でコミュニケーション!

https://www.mamelingual.com

バイリンガル育児

バイリンガル子育てが「できない!」または「しない!」というのはどんな場合?! -5つの事例集―

投稿日:2017年9月6日 更新日:

 

こんにちは。韓国で2人の子供たちを日韓バイリンガルにしようとしているまめちゃん(@mame_chang)です。 このブログては、海外にいても子供には日本語や日本文化を受け継いで欲しいという考えのもと、毎日の実践や一時帰国のことなどを書いています。

 

バイリンガル子育ては、楽しいこともあり大変なこともありますがモノリンガル(1つの言語)、モノカルチャー(1つの文化)で育った親が子供にバイリンガル子育てをしようとすると、自分が子供のころは経験できなかったことが見えてきます。

 

以前、このブログで他の方のブログを紹介したことがあります。海外にいても自分の子供には日本語や日本文化を教えたいと思っていて、同じ境遇にいる親ならきっと同じように考えるだろうと私は思っていたのですが、そうではなく「海外で子育てをしていても自分の子供に日本語を教えない」という考え方もあることに驚きました(詳しくは「合わせて読みたい・・・」からご覧ください〜)。

 

その後、「日本語を教えない」「バイリンガル子育てをしない」「親が自分の母語を教えない」という選択肢を取っている方々が私の周りにもいることに気がつきました。

 

今日は、そのように海外に住んでいるけれど、、

 

「日本語を教えない」

「バイリンガル子育てをしない」

「親が自分の母語を教えない」

 

という方々の事例を簡単に紹介して、それについて思うことを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
 

バイリンガル子育てが「できない!」または「しない!」というのはどんな場合?!

では、早速海外在住で国際結婚の方々で、バイリンガル子育てが「できない!」または「しない!」と決断した方々の事例をいくつかご紹介したいと思います。

 

★事例1★  Aさんの家庭の場合

父親ができる言語 → 英語

母親(←Aさん)ができる言語 → 日本語(母語)、英語

住んでる国 → アメリカ

日本語を教えない理由 → 仕事か忙しい、夫が日本語わからないから。

 

ちなみにAさんの職業は日本語教師です。 お子さんが2人いるのですが、どうやら仕事で学習者に日本語を教えることと自分の子供に日本語を教えることは別個だと考えていたようです。 または、仕事が忙しいことや、ご主人が日本語がわからないため夫婦間の言語は英語となってそれがそのまま親子の言語となったようです。

 

★事例2★  Bさんの家庭

父親ができる言語 → 英語(母語)、フランス語

母親(←Bさん)ができる言語 → 日本語(母語)、英語

住んでる国 → アメリカ

日本語を教えない理由 →周りに日本人はおらず完全なマイノリティ。他にもマイノリティの言語を話す人も周りにはいるが、親の母語は親が怒るときに使う言葉だと子供は考えているから。

 

Bさんはアメリカに住んでも子供に日本語を教えるというよりは、アメリカに溶け込んで生活をするという方を望んでいたようで周りにも日本人が全然いないそうです。 Bさんはもちろん日本語が話せますが、Aさんの家庭と同じように夫婦の言語が英語であることからお子さんへの言語も英語となったようです。 今のところお子さんに日本語を教える気はないとのことで、本人が興味を持ったら後で勉強すればいいとも言っていました。

スポンサーリンク

★事例3★ Cさんの家庭

父親ができる言語(←Cさん) → 日本語(母語)、韓国語

母親ができる言語 → 韓国語(母語)、日本語

住んでる国 → 日本

韓国語を教えない理由 →子供の言葉が出るのが遅かったから2つは子供に負担だと思ったから。

 

Cさんのお子さんは、他の子供と比べて言葉が出るのが遅かったため心配となり、あちこちに相談したそうです。 その時に言われたのが「とりあえず日本語だけも集中する」ということだったそうです。 そのため、Cさんは奥さんの母語が韓国語ですが韓国語は教えない、しばらくは日本語を覚えてもらうのに集中しようと考えたそうです。

 

★事例4★  Dさんの家庭

父親ができる言語 →韓国語

母親(←Dさん)ができる言語 →日本語(母語)、韓国語

住んでる国 → 韓国

日本語を教えない理由 → 時代的に日本語を教えるような雰囲気ではなかった。

 

Dさんは韓国に住み始めてから軽く20年は超えています。 ご主人が日本語がわからないことや韓国側からの反対、時代的に日本語を教えるような雰囲気ではなかったとのことでした。 しかし、Dさんと同年代の方で同じぐらいの時期に韓国に住み始めた別の方のお子さんは日本語が流暢ではありませんがある程度話せます。 こう考えると時代もですがDさんがいた環境の影響の方が大きいのかもしれないと思います。




★事例5★ Eさんの家庭

父親ができる言語(←Eさん) →日本語(母語)、韓国語

母親ができる言語 → 韓国語

住んでる国 → 韓国

日本語を教えない理由 → 仕事が忙しく子供たちと一緒にいるのは日本語ができない母親。子供たちが日本語ができないのは仕方ないと思っている。

 

Eさんは韓国に住んでいて仕事もしています。 そのため、子供達といつも一緒にいるのは韓国人の母親ですが日本語ができません。 Eさんは仕事が忙しくあまり家にいないことや夫婦間の言語が韓国語であることなどから、お子さんとの会話も韓国語になったそうです。

 

子供に親の母語を教えない(教えられない)のはなぜ?!

たった5つの事例ですが、その理由だけを取り出してみると次のようになります。

 

Aさん →仕事か忙しい、夫が日本語わからないから。

Bさん →周りに日本人はおらず完全なマイノリティ。他にもマイノリティの言語を話す人も周りにはいるが、親の母語は親が怒るときに使う言葉だと子供は考えているから。

Cさん →子供の言葉が出るのが遅かったから2つは子供に負担だと思ったから。

Dさん →時代的に日本語を教えるような雰囲気ではなかった。

Eさん →仕事が忙しく子供たちと一緒にいるのは日本語ができない母親。子供たちが日本語ができないのは仕方ないと思っている。

 

 

仕事」「周りに日本人がいるかどうか」「言語の遅れ」「雰囲気」「子供と一緒にいる時間」など、本当にさまざまな理由があると思います。AさんとEさんは、Aさんが日本人女性で(ママ)Eさんが日本人男性(パパ)で、住んでいる国もAさんの性別とEさんの性別は違いますが、「仕事」が忙しいのでゆっくり子供といることができないのと、配偶者の方が日本語がわからないこともあって、日本語を教えていません(または教えられませんでした)。

 

配偶者が日本語がわかるかどうかは大きなポイントですが、わからない場合でも子供に日本語を教えている家庭もあるので、結局のところ親の方針なのかもしれないと思います。

 

Cさんの場合、子供の言葉が出るのが遅いと確かに心配だと思いますが、バイリンガルの子供は言葉を発し始めるのが遅いこともあるので、もしかしたらモノリンガル(言語が1つだけ)の子供と比べて「遅い」と思ったのかもしれません。

 

「せっかく親の母語が住んでいる国とは違うなら、子供に教えたらいいのに・・・。」

 

と私は思いますが、それぞれの事情があるので仕方がない部分もあるのかな、と思います。




まとめ

今日は、以前このブログでご紹介した海外に住んでいて自分の子供には日本語を教えないという選択について紹介しましたが、ふと考えてみると私の周りにも「日本語(または親の母語)を自分の子供に教えない」という選択をしている(またはそうなってしまった)人がいることに気がつきました。

 

その中で、5つの事例を挙げてなぜ教えないのか(教えられないのか)についても聞いたことを書いてみました。私から見て「せっかくなのに・・・」や「もったいない・・・」と思っても、事情や状況については難しいこともあるので、ケースバイケースだと思いました。

 

そして今私が置かれている状況を考えてみると、それなりにバイリンガル子育てができる環境にあるのかもしれないとも思いました。

 

 

合わせて読みたい・・・

・以前このブログで紹介した海外在住で子供に日本語を教えないこと →「海外で子供に日本語を教えないということ

・海外に住んでいる親が自分の母語を教えないことについて → 「自分の言葉で話しかけないママ達

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

まめちゃん

韓国で2人の子供達をバイリンガルに育てています。大学院生の頃は第二言語習得を研究していました。日本語教師の経験が約20年。子供達のバイリンガル育児や国際結婚、バイリンガル育児について第二言語習得や日本語教師的な視点からブログを書いています。 時々韓国の義実家に関する泣き笑いネタもあります^^;

-バイリンガル育児
-,

Copyright© バイリンガル育児★まめリンガル , 2019 All Rights Reserved.