子供をバイリンガルにしたい親は日本語教育を学べ?!

最終更新日時 : 2018年2月19日

 

こんにちは~! 現在韓国でバイリンガル子育て真っ最中のまめちゃん(@mame_chang)です。今日は、過去に「子供に日本語を教えたければ日本語教師の資格を取ったほうがいいのかな?」という相談を受けたことをきっかけに、私の日本語教師の経験などからも書いてみました!

 

「日本語を教える」=「日本語教育」・・・?!

海外に住んでいても子供には「日本語」をきちんと覚えて欲しい・・・という思いで、このブログを書いていますが、「一体何からどう手を付けたらいいかわからない・・・」という声もたまに聞きます。また、「子供に日本語を教えるんだから、日本語教育を勉強したらいいのかな?」という声を聞いたこともあります。

 

「日本語を教えるのだから日本語教育」・・・確かに、道理にはかなっているように見える言葉ですが、実際にどうなのでしょうか。今日は、「海外で子育てをしていて、子供を日本語と現地語のバイリンガルにしたいなら親は日本語教育を学ぶべきか?!」という問いに答えたいと思います。

スポンサーリンク
 

「日本語教育」って何を学ぶの?!

通信講座や通学の講座などで、「日本教師」という講座をみたことがあるでしょうか。最近は、日本のこのような講座でも通信教育なら海外でも受講ができるという宣伝をたまに見かけます。この「日本語教師」とは、一体どんな人たちに日本語を教える教師なのでしょうか。

 

それは・・・ 「外国人に外国語として日本語を教えるお仕事」です。 ここで言う「外国人」とは日本ではない国で外国語として日本語を勉強したり、または日本に来日して日本での生活やお仕事のために日本語を勉強する日本語が自分の言語ではない人たちのことを一般的には言います。

 

そして、年齢的には下は小学生あたりから上は定年退職した方々まで、年齢層がかなり幅広いです。しかし、共通しているのは両親または両親のうち一方が日本人ではないことや、例え両親のうち一方が日本人であっても家庭の方針で日本語を教えられなかった(または教えなかった)人たちです。

 

そのような人たちに「外国語として日本語を教える」には、どんなものが必要でしょうか。それは、ひらがなやカタカナに始まり、読むことや書くこと、聞くこと、話すこと、そして文法や語彙などもあります。

 

伝統的な日本語教育では、文法は順番に教えるべきであるとされていて、名詞を使った簡単な文から形容詞、そして動詞の順に教えていきます。そして、聞くことや話すことを練習しながら発音やイントネーションも直していきます。また、もし書くときや話す時に形容詞の間違いがあったとしたら・・・ 例えばこんな会話で訂正をします。

 

外国人:今日は、とても寒いと思います。

 

それを聞いた日本語教師は・・・

 

日本語教師:イ形容詞のうしろには、「だ」はつけないでください。「寒いと思います。」です。

 

ここで、日本語教師の勉強をしたことがない人は「えっ?! 何て?!」となるはずです。 「イ形容詞」なんて初耳ですよね。「イ形容詞」とは日本人が日本の小学校などで習う時は「形容詞」と呼ばれているもので、「たのしい」「うれしい」「熱い」など「い」で終わるため日本語教育の世界では「イ形容詞」と呼ばれています。

スポンサーリンク

これって海外で自分の子供に日本語を教える時に役に立つの?!

それでは、そろそろ本題です。このような日本語教師の教え方は、海外で自分の子供に日本語を覚えて欲しい!と思った時に、一体役に立つのでしょうか・・・?? 答えは、「はい」「いいえ」になります。 では、どんなことがどんな子供に役に立つのか、「はい」と「いいえ」をひとつずつ見ていきます。

 

「はい」

子供がある程度大きくなってから、親の母語である日本語を覚えたい!と思った時。

★子供が日本語を間違えた時にその原因を探る時。

 

この場合は、子供が何歳かにもよりますが小学生の高学年あたりになると、自分が自由に使える言語というのが日本語以外にすでに存在します。その時期になってから親の母語である日本語を覚えようと思うと、どうしても発音や単語、文を作る時などにすでにできる言語の影響を受けて、それによる間違いが生じたりします。そのような時は、例えば「イ形容詞」という言葉を使って文法的に教えるかどうかはともかく、日本語教師の知識があればかみ砕いて子供に説明できます。

 

 

「いいえ」

★子供がお腹にいる間や、生まれてすぐ子供に日本語で話かけることをスタートした場合。

子供が赤ちゃんとしてお腹にいる間はもちろんですが、この世にうまれてきて数年しか経っていない乳幼児の間は「形容詞」や「動詞」なんて言葉はもちろん何語でも知りません。この場合は、ひたすら日本語を使って子供に話しかければいいのです。

 

そして数年が経ち先ほどの外国人と日本語教師のやりとりの例のように「今日は、寒いだと思う~!」と子供が言ったとしても・・・

 

「それ、変だよー。寒いと思う、って言うんだよ。」

 

と言ったり小学生くらいになったら

 

「あついとかさむいとか、〇〇いって終わる言葉には、だと思うっていうと変だから、~と思う、って言ってね。」

 

でいいのです。その時に「イ形容詞」という言葉を出すと子供は逆に混乱してしまうと思います。

 

知識として持っておくのは問題なし

今日は、海外で子育てをしながら子供に「日本語」を教えるとしたら、親は日本語教育を学んだ方がいいのか?! という問いに、「はい」と「いいえ」で答え、その例を挙げました。日本語教師の知識を知識として持っておくのは全く問題ないと思います。 要は、持っている知識をどんな相手にどんな風に使うかだと思います。

 

今日の「いいえ」に出てきたやり方は「日本語教育」ではなく、どちらかというと「国語」に近いと思います。小学校ぐらいになって日本の通信教育の海外受講などで国語や算数を始めると、少しずつ形容詞や形容動詞、動詞などといった言葉がでてくるので、「イ形容詞は国語では形容詞のこと」とわかっていれば、子供にわかる言葉にかみくだいて説明がしてあげられると思います。

 

やはり、親も日々勉強・・・ですね。

 

関連記事も合わせてどうぞ~

国語と日本語って何が違うの?!

日本語を勉強する学生と子供は同じように日本語を覚える?!

 

<お役立ち情報(広告)>
ファントム オブ キル(iOS)

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外で日本語育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2017/02/12/%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%82%92%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%ab%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%84%e8%a6%aa%e3%81%af%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e6%95%99%e8%82%b2%e3%82%92%e5%ad%a6/trackback/