一時帰国前にやっておくことは?(保育園児の補助金と一時帰国の話)

どんな準備をする?!

海外に住んでいて一時帰国が決まるとそれを楽しみに毎日が過ごせます。一時帰国中、何をしようか、何を食べようか、誰に会おうかなどを考えますが、あがるテンションを押さえつつ、一時帰国前にやっておくこともたくさんあります。

 

それは飛行機の予約や日本の家族や友達などへのお土産の買い物、両替などに加え、子供が現地で保育園や幼稚園、小学校に通っている場合は手続きが必要な場合があるからです。

 

今日は、一時帰国の準備のひとつとして韓国の保育園に通っていたうちの子の「保育園」と「一時帰国」と「補助金」についてお話したいと思います。

 

韓国の保育園(オリニチブ/어린이집)の種類

韓国の保育園と言っても種類がいろいろとあります。韓国の法制処(법제처)という国の機関によると、「国公立保育園」「社会福祉法人保育園」「法人・団体保育園」「職場の保育園」「家庭保育園」「協同保育園」「民間保育園」に分かれます。

 

そして、保育園は韓国の場合、マンションの一室を保育園として開業していたり自分の土地や建物がある場合はその建物を保育園として使っている場合などがあります。最初、マンションの一室が保育園となっているのを見たときは驚きましたが、たいていの場合、1階の一番端の部屋になっていることが多いように思います。

 

国からの補助金の話

保育園に通う子供には、年齢に応じて保育料の補助金が国からでます。補助金は以前は全くでなかったのですが、数年前から「多文化家庭の子供(両親のうち一方が韓国人でもう一方が外国人の子供)」に限定され、そして2017年の時点では全ての子供に出るようになっています。(ただし、外国人夫婦の子供には出ないようです。)

 

この補助金は保護者が現金で受け取るのではなく、指定された銀行でカードを発行してもらい、保育料の決済日に保育園にもって行ってカード決済するというものです。そうすると補助金が国から保育園に直接支払われるという仕組みです。

 

なおこの補助金は保育料なので、もし保育園から遠足に行ったりする時のお金はカバーされず、保護者負担となります。

 

また、国の政策は時々変わるのでこの情報も数年後は変わっているかもしれません。最新情報は一番下の「今日の話に関係するホームページなど」からご確認ください。

 

 

一時帰国と補助金の関係

国からでる補助金と一時帰国には、どんな関係があるかというと・・・

 

一時帰国で長い間保育園を欠席すると補助金がでない・・・

 

というのです。なんでも、何日以上欠席すると補助金は100%はでないなどの規定があるらしいです。(○日以上の欠席は○%、○日以上の欠席は○%などの細かく分かれているそうです。)

 

私の場合、一時帰国は2週間~1ヶ月ほどなのですが、それを保育園の園長先生に話すと「補助金がでなくなるのでその分が保護者が負担してほしい」と言われました。

 

つまり、保育園に在籍している子供であっても保育園に一定の日にち以上通わないと国からお金が出ないのです。そして、一時帰国の場合は出入国管理局に記録が残るので韓国にいないということが明らかになります。

 

園長先生に言われたことをまとめると次の2つです。

 

  1. 一定の日数以上登園できないなら補助金がでないから保護者が負担してほしい。一定の日数の登園は平日のこと。
  2. 後で国からチェックが入るので正確な出国日と入国日を教えてほしい。

 

一時帰国のために欠席となり補助金がでないのは仕方ないし、保育園側も保育士の先生方へお給料を払わないといけなかったり、保育園がマンションの一室を借りている場合はその家賃などもあるので運営上は仕方がないかなと思いました。

 

ちなみに一時帰国に関しては特に保育園に出す書類などはなく、園長先生に一時帰国の期間を伝えただけでした。

 

 

こんな方法がある!

国からの補助金はありがたいですね。しかし一時帰国もしたいし一時帰国するならできるだけ長く行きたい、しかし休んだら出ない補助金の分は保護者が負担・・・。多少ジレンマが生じそうですが、うちはこんな風にしてみました。

 

★月の下旬から次の月の上旬にかけて一時帰国するようにしてできるだけ必要な登園日数を満たすようにする。

 

必要登園日数は月ごとの日数なので、月をまたげば問題ありません。うちの場合、1ヶ月ほど一時帰国ができるのが1月~2月または7月~8月なので、1月の末あたりから2月の上旬か中旬頃まで土日も含めて2週間強ほど一時帰国していました。

 

 

何を優先するか・・・?

子供が1人しかおらず、小学校に入る前なら親の都合で一時帰国したい時にするという考え方もあると思います。しかし、うちの場合、上の子が小学生のため小学校の夏休みや冬休みに合わせて一時帰国しようとすると、保育園の登園日数を満たすことができず、もらえない補助金の分を負担したこともありました。

 

しかし、補助金の分を保護者が負担することで上の子が日本の小学校で体験入学できたり下の子も日本の保育園の一時保育が利用できたりするなら、それは必要なお金だと考えようと思いました。

 

もうすぐ夏休み・・・。補助金をもらうメリット、補助金の分を保護者が負担することで得られるメリットなどを考慮して、「うちは何を優先する?」と考えたらきっと答えがでそうですね!

 

今日の話に関係するホームページなど

・韓国の保育園(어린이집)の種類について → http://easylaw.go.kr/CSP/CnpClsMain.laf?popMenu=ov&csmSeq=626&ccfNo=2&cciNo=1&cnpClsNo=1 (韓国語)

 

・保育料の補助金について → http://easylaw.go.kr/CSP/CnpClsMain.laf?popMenu=ov&csmSeq=626&ccfNo=2&cciNo=3&cnpClsNo=1 (韓国語)

 

・保育料決済のためのカードについて(아니 행복 카드)→ http://www.childcare.go.kr/ (韓国語)

スポンサーリンク

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2017/05/20/%e4%b8%80%e6%99%82%e5%b8%b0%e5%9b%bd%e5%89%8d%e3%81%ab%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%81%8f%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%ef%bc%88%e4%bf%9d%e8%82%b2%e5%9c%92%e5%85%90%e3%81%ae%e8%a3%9c/trackback/