どうして子供に日本語を覚えて欲しいのかな?

なぜ・・・?

こんなサイトを立ち上げてブログを書いてますが、そもそも海外生まれで海外育ちでも子供には日本語を覚えて欲しいと思ったのはなぜだろう?

と、振り返ってみました。私自身、日本生まれの日本育ちで初めて外国語に接したのは中学1年生の時の英語の時間でした。

学校や塾の勉強では意味がわかり文章もある程度書けるようになりますが、やっぱり全身全霊集中しないと聞き取れないし発音なんて日本人丸出しです。

それでも元々語学が好きなので楽しんで勉強してました。

しかし、「お父さんかお母さんがアメリカ人だったら、私もっとうまかったかも?」と思ったこともあります。

そこで今日は、住んでる国の言葉ではない言語を子供のころに覚える利点について書いてみます。

スポンサーリンク
 

言語的な利点

まず、挙げられるのはなんと言っても、発音とントネーションです。

私は英語、韓国語。そして中国語を勉強したことがありますが、「読む」「書く」「聞く」はある程度上手になっても

最後まで残る難しさは「話す」で、いくらがんばってもできない発音やイントネーションがあります。

例えば韓国語の場合、1ヶ月ぐらい日本に一時帰国したした後、韓国にもどってきたら舌がうまく回らなくて発音しにくくなる言葉があります。

しかし、たとえ多少日本語をしゃべってなくても、しゃべりだしたらスムーズにしゃべれます。

そんな時、「これが自分の言語と外国語との違いなんだなぁ」と思ったりします。

私自身は完璧にできる言語が1つ(日本語)しかなくて、自分が苦労して外国語を勉強してある程度できるようになったせいか、

子供にはちゃんとできる言語が1つ以上になったらいいなぁ、と思います。

スポンサーリンク

日本の親戚とのコミュニケーションが可能に

日本語ができると、日本人のママやパパだけではなく日本に一時帰国した時に日本の親戚ともコミュニケーションが可能となります。

そしてそれは、通訳を通さず直接話せるということでもあります。

さらに使える言語が多いということは、それだけいろいろな人たちとコミュニケーションができ、

世界がひろがるんじゃないかなぁ、と思います。

 

将来お金を払って時間をかけて覚えなくてもいい

中学生や高校生になってから新しく外国語を始めるとしたら、やはりお金を払って学校や塾に行ったり留学したりすることになります。

しかし、子供の頃から住んでいる国の言葉以外の言葉を覚えておくと、将来お金を払ってそして時間をかけて1つの言語を覚えなくてもよく、

その時間をほかのことに使えるということになります。

言語はコミュニケーションの手段なので、外国語を覚えることばかりに時間をかけないで

その言語を使って何をするか、という内容的なことを学ぶのに時間が使えるようになったらいいなぁ、と思います。

スポンサーリンク

海外子育て中のママだからできること

現在は、韓国という海外で子育てをしているので、この環境でママ(私)が子供にしてあげられることの1つは、

海外に住んでいるけど日本語がちゃんとできる子に育てることかなぁ、と思います。

 

・・・って、でも、それが親のエゴで、押し付けにならないようにしなきゃ・・・ですね。

 

以上、独り言でした~

ブログ村 海外で日本語育児

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2016/09/23/%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%97%e3%81%a6%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%ab%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e3%82%92%e8%a6%9a%e3%81%88%e3%81%a6%e6%ac%b2%e3%81%97%e3%81%84%e3%81%ae%e3%81%8b%e3%81%aa%ef%bc%9f/trackback/