日本語は多少わかります。

実は日本生まれの義理の両親

韓国人のシオモニ(義母)とシアボジ(義父)、会話はいつももちろん韓国語。

 

結婚してまもないころ、シオモニが実は日本生まれということを知りました🇯🇵

 

へぇ~! と思いましたが、その話をしているとシアボジもすかさず、自分も日本生まれだと

 

教えてくれました^^; あ、ちなみに、シオモニとシアボジが生まれた都市はバラバラです。

 

シオモニもシアボジも、ご両親のお仕事で日本に家族で住んでいたそうです。

 

そしてシオモニは韓国が日本の植民地だったころ、日本に家族で住んでいて小学校に入る前あたりに

 

韓国に戻ってきたらしいです。

 

ほぉ! それなら日本語ができるのでは?! と、思いました。

 

 

しかし、その当時は韓国で日本語をしゃべると周りからの目もあって👀

 

しゃべらないようにしているうちに、しゃべれなくなったらしいです!(◎_◎;)

 

いろいろありますね。

 

ところが・・・単語や表現はまだまだ聞き取れるものもあるみたいです。

 

例えば、私が子供に日本語で話してる時に「あぶない!」とか「早く食べなさい!」「お母さん」などと

 

言うと、わかるのだとか。

 

あとは、「イチ、ニ、サン・・・」のような数字も日本語でとりあえず10までは言えるそうです。

 

しかし、聞いてわかっても自分で文を作ってしゃべることはできないそうです。

 

スポンサーリンク
 

50年ぶりの日本語?!(・_・;

私が旦那や子供と話してる日本語をきいてシオモニが聞き取ってることは、なんとも思わないのですが、

 

驚いたのは、そうやって韓国に戻ってきてから約50年経ったら息子が日本人と結婚することになって

 

それでまた、日本語を聞く機会が増えたのだとか。

 

子供の時に覚えた言葉を、約50年間たっても聞けば思い出すのって・・・

 

すごいですね~ 👏👏👏! びっくりです。

 

そういえば、子供の時に親の仕事の都合で海外で生活した人が

 

その後、日本に帰ったら現地で覚えた外国語をだんだん忘れてしまい

 

しゃべれないけど、聞いたらわかる・・・という話を聞いたことがあります。

 

人間の脳のつくりってってどうなってるんでしょうね~🌺

 

不思議です ヽ(;▽;)ノ

 

スポンサーリンク

次回は、このシオモニが昔はしゃべれたけど今はしゃべれない日本語、

 

今では聞いたら意味はわかるというのは、何が関わっているんだろう?!

 

ということについてつぶやいてみようと思います。

 

note(https://note.mu/mame_chang/n/n147a639a7d0a)より加筆・修正の上転載。現在こちらに引越し中~♪

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2016/10/31/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e3%81%af%e5%a4%9a%e5%b0%91%e3%82%8f%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%99%e3%80%82/trackback/