子供に話しかける日本語は標準語?!

周りから聞いたこと

海外で子供を育てながら自分の子供に日本語を教える場合、

 

「東京の言葉ができないけど大丈夫かなあ」とか

 

「子供も方言バリバリになるけどいいのかなあ」とか

 

「子供には東京の言葉で話かけた方がいいのかなあ」

 

といったお母さん達の声を聞きます。

 

実際はどうなのでしょう・・・?

 

海外で子育てをする時は、いわゆる東京の言葉(標準語)で

 

話かけた方がいいのでしょうか。

スポンサーリンク
 

「やってみたこと」と「わかったこと」

ここで、私が実際に「やってみたこと」と、そこから「わかったこと」

 

についてお話します。

 

「やってみたこと」

私の出身は関西なので、私が一番楽に話せるのは関西弁です。

 

しかし、東京に5年間住んでいたことや外国人に日本語を教える仕事を

 

したこともあるので、東京の言葉はある程度はできます(・・・と自分では思ってます^^;)

 

私自身、「子供には東京の言葉を覚えてもらったほうが、後々に役に立つのかな?」

 

という気持ちがなぜかあり、子供には東京の言葉で話しかけていました。

 

さらに日本語教師というお仕事をしていたため、東京に住んでいた5年間は

 

周りの日本人の友人にお願いして、イントネーションがおかしいところや

 

言葉の使い方がおかしいところを直してもらい、ひとつひとつ覚えていきました。

 

そして家でも、子供には生まれた時からそのように話しかけていました。

 

その結果・・・

 

  • 私の母(もちろん関西人)の言葉が聞き取れない事態に!
  • 小学校1年生の頃から「東京の言葉」と「関西弁」の区別ができるようになった

 

日本の親戚ときちんとコミュニケーションがとれるようにとも考えて、子供には日本語を

 

教えてきたつもりだったのに、方言のせいでまさかおばあちゃん(私の母)の言うことが

 

聞き取れない事態がおこるとは・・・

 

しかし、幸いなことに小学校1年生くらいの頃から「東京の言葉」と「関西弁」の区別が

 

できるようになりました。 ホッ・・・。

 

ちなみに、子供は関西弁のことを「おばあちゃん語」と最初は言ってました^^;

 

「わかったこと」

この経験からわかったことは、以下の通りです。

 

  • 日本の親戚ともコミュニケーションが取れるようにと教えたつもりが落とし穴があった!
  • 結果的に現在は東京の言葉と関西弁を聞くと区別ができる。
  • 東京の言葉と関西弁の区別はできるが、関西弁は流暢に話せない。

 

 

スポンサーリンク

子供に話しかける日本語は・・・?

結論としては、子供に話しかける日本語は東京の言葉にこだわらなくてもいいのではないか

 

と思います。 私は、どうして「東京の言葉がしゃべれた方が・・」と思ったのかなぁ、と

 

今でもときどき考えます。

 

母親が話す言葉をきいて子供は育つので、やはり母親が楽に自由に使える言葉が

 

一番ですね・・・^^;

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外で日本語育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2016/11/13/%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%ab%e8%a9%b1%e3%81%97%e3%81%8b%e3%81%91%e3%82%8b%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e3%81%af%e6%a8%99%e6%ba%96%e8%aa%9e%ef%bc%9f%ef%bc%81/trackback/