https://www.mamelingual.com

https://amzn.to/36X2BBo

韓国の義実家

韓国義実家。子どもを叱ったら逆に私が叱られた話

 

こんにちは。まめちゃん(@mame_chang)です。韓国で2人の子供たちを日韓バイリンガルにしようと毎日奮闘しています。

 

うちの子(下の子)は何回言っても食事中にうろうろが止まりません。

 

「食事が終わるまではイスから降りない」

「うろうろしないで、ちゃんと最後まで食べられたらご褒美」

 

とか、いくつかやってみたのですが、正直、うまくいったりいかなかったりです・・・ 汗

 

今回はシオモニ(義母)の目の前で、つい子どもを叱ってしまった時に、逆に私が叱れた話をしたいと思います。

 




韓国義実家。子どもを叱ったら逆に私が叱られた話

何回いっても、食事中にウロウロが直らない下の子。こちらも毎日だと疲れてきます。そんなある日、ついつい感情的にやってしまいました

 

それは、「いい加減にしなさい〜〜!」⚡️⚡️ と、雷を落とすこと。しかもシオモニ(義母)の前で~(◎_◎;)

 

そうしたらなんと! 次の瞬間!! 私がシオモニ(義母)に雷を落とされました(・_・;

 

そんなにガミガミ言ったら子供もストレスでしょ‼︎‼︎

 

と...。子どもの目の前でした...。

  • www.mamelingual.com
    バイリンガル育児の始め方

おっしゃる通り、ストレスです

ガミガミ言ったらお互いストレスです。はい、そうです。 仰せの通りです。私だって、毎日怒ったりルール作ったりうろうろする子供を追いかけたりしたくありません。 たのしーーく、子供の笑顔を見ながらすごせたらどれだけ楽しいか・・・

 

それに、叱るこっちだって体力いるんです^^;

 

しかし、お義母さま~~~~~!!!! シオモニのように夕飯の時間に孫が言うからと言ってお菓子を買ってあげ、孫がほしいと言うからといってその都度おもちゃを買ってあげ、テレビがみたいと言うからと言って、制限なくテレビをつけっぱなしにして、お片づけが嫌だというからと言って遊んだおもちゃをその辺に放置したりしてると...... 一体どうなると思いますか? 楽しい毎日が続き、バラ色の人生となるとでも思いますか?

 

そのうち子供は、まちがいなくコントロールきかなくなります。

 

はい、これ↑断言できます。




子どもを叱らないとどうなる?

私が仕事で遅く帰ってきたり、仕事で数日家を空けて帰ってきたら......。家の中は見事なまでの荒れ様~!

 

台風と地震が一度に家に来たのかと錯覚するほどです。

 

そんなこんなで、私が帰ってくると子供たちは慌てて片付けます。速攻テレビも消します 笑

 

あ、ついでにシオモニも一緒に片付け始めますw

 

つまり、子どもたちはわかっているのです。きっと子どもたちの頭の中はこんな感じなのでしょう。

 

ママ →ちゃんと片付けないといけない。お菓子、テレビなども約束した時、時間だけ。

シオモニ(義母) →何してもOK!

 

子どもたちを力で押さえつけるとか、叱ってばかりとはではないのですが、家の中の秩序を保つためにもちゃんと片付けはしてほしいし無制限にテレビや動画を見せたりはしたくないと思います。




義母とは役割分担しましょっ♪

最初は、子供のコントロールができず子供を野放しのシオモニにあきれるやら腹が立つやら......。しかし、物は考えようだな!と思いました。

 

家族や親戚が、みんなコワイと子供も逃げ場ないので

 

まめちゃん
シオモニは甘やかし役をお願いしま〜〜す。

 

ということです。一緒に住んでるわけでもないし、たまにしか会わないので

 

シオモニ = 自由にさせてくれる人、色々買ってくれる人

 

として、子供を甘えさせてもらうことにしましたw 自由にさせてくれる人って、ほんっとうれしいですよね~♪




まとめ+α

今回は、子どもたちをシオモニ(義母)の目の前でつい叱ってしまったら、逆にシオモニ(義母)に私が叱られた話をしました。結論としては、シオモニ(義母)は、もう「甘やかせ役」をやってもらい役割分担をすることに私の中で決めました。

 

なのに~~~!!! 子ども達にきいたら、子どもたちのランキングは、こんな感じです↓↓

 

大好きな人ランキング(笑)

ママ

パパ

韓国のおばあちゃん

 

怒って叱ってるのに、ママが堂々の1位です^^; ありがと~! わが子たち! 叱ってても愛情はちゃんと伝わってるみたいです。

★合わせて読みたい

韓国の義実家とのバトルなどの経験談一覧は↓↓

→「韓国の義実家記事一覧

スポンサーリンク


  • この記事を書いた人

まめちゃん

韓国で2人の子供達をバイリンガルに育てています。大学院生の頃は第二言語習得を研究していました。日本語教師の経験が約20年。子供達のバイリンガル育児や国際結婚、バイリンガル育児について第二言語習得や日本語教師的な視点からブログを書いています。 時々韓国の義実家に関する泣き笑いネタもあります^^;

-韓国の義実家

© 2020 バイリンガル育児★まめリンガル