バイリンガルの頭の中にはコレがある!?

 

こんにちは〜! 韓国でバイリンガル子育てをしているまめちゃん(@mame_chang)です。他の人の頭の中って覗けないもので、それはバイリンガル児も同じです。 しかし、ふと発言などを聞いていると、頭の中がどうなっているのかが垣間見られる時があると思います。今日は、バイリンガルの人の頭の中のスイッチのお話です。

 

バイリンガルの人の話し方

バイリンガルの人は年齢やできる言語に関係なく、ひとつの文の中や文と文の間に違う言語が混ざることがあります。具体的にどういうことなのか、ここでは日本語と韓国語がわかる人を例として挙げます。

 

<文の中に他の言語が入る場合>

「昨日見たあの番組、マジおおもしろかった。もう、대~박!って感じ。」(대~박!はすごいものを見て驚いた時などに使う言葉)

 

<文の間に他の言語が入る場合>

「あの店のプルコギ、ホント安くておいしいね〜。또 가고 싶다…. 次はいつ行こうか?」(또 가고 싶다…. は、また行きたいと言う意味)

 

このブログでは、前に子供たちの頭の中で言語が切り替わるらしい、のようなことを書きましたが、今日はこの「頭の中で言語が切り替わる」ことについてお話しします(前の記事はここから)。

スポンサーリンク
 

頭の中にあるものとは?!

このように言葉が切り替わる(または切り替える)のは、頭の中に2つ以上の言語があるからです。そしてそれをまるでスイッチを切り替えるように変える時に、上の例のような①や②の現象が起こります。また、例では日本語と韓国語と二言語だけの例を挙げましたが、もっとたくさんの言語を話す人はもっとたくさんの言語が混ざる場合もあります。

 

このようなことは、「コードスイッチ」や「コードスイッチング」と呼ばれています。そして、このコードスイッチについて専門的に研究している人もいます。



なぜこうなるの?!

では、このようなコードスイッチはどうして起こるのでしょうか。それにはいくつか理由があります。

 

  1. 言いたいことが1つの言語だけで言えないから。
  2. 言いたいことに日本語でぴったりの表現がないから。
  3. その時に思いついたのが日本語ではなかったから

 

ざっと3つだけ挙げましたが、子供について言えばまだ、言語自体が発達中なので1.のように言いたいことがいえないので、自分のわかる言葉で言ってみたらそれは日本語ではなかった・・・ということではないかと思います。年齢があがると、ただ単に語学力が足りないからではなく2.のようにその場面で言いたいことがあるのに日本語でしっくりくる表現がない場合に他の言語を使うという場合もあるようです。

 

バイリンガルの頭の中には何がある?!

今日の話をまとめると、タイトルにもした「バイリンガルの頭の中にはコレがある?!」の「コレ」は、「切り替え可能な目に見えないスイッチ」といったところでしょうか。言語が2つできる人は、そのようなスイッチが頭の中に2つあり、3つできる人は3つある・・・という感じです。

 

これについて親ができることも考えてみました。コードスイッチをする子どもに親ができることとは・・・?

 

  • 言いたいことが日本語で言えないようなら日本語でなんというか教える。
  • ぴったりの表現はないか一緒に考えてみる。

 

言いたいことが日本語で言えないため、またはそれに当たる日本語の言葉を知らない場合は親が教えてあげればいいと思います。しかし、ぴったりの表現がない場合は親もいっしょに考えて、最終的には「う~ん、なかなかないね・・・」という結論になってもいいと思います。なぜなら、子どもといっしょに考える過程で日本語と他の言語の違いがわかったりして他に得るものもあると思うからです。

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外で日本語育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2016/12/30/%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%ab%e3%81%ae%e9%a0%ad%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%ab%e3%81%af%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%81%8c%e3%81%82%e3%82%8b%ef%bc%81%ef%bc%9f/trackback/