海外在住でも家族とは日本語で! これがうまくいかなくなった時に考えてみた軌道修正とは?!

 

こんにちは〜! 韓国でバイリンガル子育てをしているまめちゃん(@mame_chang)です。海外在住だと自動的に子供はバイリンガル!と思われがちですが、実際はそう簡単ではありません。方針を決めて取り組み始めても、それが揺らいだ時にはどう考えて、どうすべきか・・・? 今日はそんなお話です。

 

今までの我が家のバイリンガル子育て

現在、私は韓国に住んでいて2人の子供たちを日韓バイリンガルにしようと奮闘を続けています。小学校の上の子がママ(←私)のお腹にいた時から始まりました。毎日日本語で話しかけて、生まれてからももちろん日本語を使って育ててきました。

 

そして、間違えた言葉は直して、定着するよう意識し、日本に一時帰国の時は日本の保育園に一時保育をお願いしてみたり、日本の小学校に体験入学を2回してみたりもしました(日本への一時帰国に関する話はこちらにまとめてあります)。

 

また、体験入学がタイミング的にできない時は、日本の学習塾にも通わせてみて、体験入学と学習塾の違いを感じたりもしました(その話は「得られたものが違った「日本の小学校の体験入学」と「日本の学習塾」から)。

 

そんなこんなで、約10年以上が経ちましたが本当にあっという間だったような気がします。

 

しかし、子供が大きくなるにつれて、子供にも「自分」というものが芽生えてきて親の方針ばかりにしたがわないことや、子供が自分でやろうと思ってもうまくいかないことも出てきます。

 

今日は、バイリンガル子育てを続けてきたママ(←私)が、

 

「私のバイリンガル子育てはそろそろ起動修正が必要かな。」

 

と思った理由と、この先どうするのがいいと思うか、などについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク
 

最近の我が家の状況

韓国語がネイティブで日本語もわかる韓国人のパパと、日本語がネイティブで韓国語もわかる日本人のママの間に生まれた我が家の子供たち。

 

現在、上の子は小学校高学年、下の子は幼稚園児です。上の子は、日本語を「聞く」「話す」は大きな問題もなくできますが、「読む」「書く」は、とにかく面倒がってやりません。その結果、読み書きは小学校低学年で停滞中のままで実際の学年との差は広まるばかりです。

 

下の子は、日本語も韓国語もやっと安定してきた感じで、読み書きはまだ両方の言語でほとんどできません。日本語での会話はバイリンガルならではの間違いがありますが、全体的には年相応といった感じです。

 

そして、最近の我が家の状況は、

 

「なんか家の中、韓国語増えたよなぁ~」

 

と感じるようになってしばらく経ちます。特に上の子がパパや下の子に話しかける言語が日本語よりも韓国語が多くなってきたのです。

 

ただし・・・、私の方針を知ってるので、さすがに私には韓国語では話しかけません。



どうしてこうなった?

では、どうしてこうなったのかを考えてみたいと思います。考えられる原因は次の2つで、次のような流れが現状を導いたような気がします。

 

1.上の子が韓国語で過ごす時間が日本語で過ごす時間より断然多くなった

2.興味の対象は日本語を覚えることではなく、興味を持っていることは韓国語で調べればいいし韓国語での情報の方が多い。

 

その結果・・・

 

3.頭の中は韓国語でいっぱいとなり、韓国語でよりスムーズにコミュニケーションができるパパや下の子には、つい韓国語が先に口からでてしまう。

4.しかし、ママにはそれは通用しないし、ママは本気で子供が発する韓国語がわからないことがあるので、ママとは日本語で話す。

 

小学校高学年になると親よりも友達と遊ぶ時間が長くなるため、放課後は友達と遊んでいることが多くなりました。もちろん、遊ぶのは韓国人の友達で韓国語でしゃべってます。そして、週末も毎週ではありませんが家族と過ごすよりも友達と遊ぶこともあるため、おのずと日本語を使う機会が減ります。

 

また、私が言語に興味があり、言語の世界で生きてきたのに対して、上の子は必ずしも言語というわけではなく、韓国の歌(つまりK-POP)や友達と話題になる韓国のテレビ番組なども見たがるため、インターネットで検索する時もわざわざ日本のサイトを使うこともなく、韓国の韓国語のサイトで十分です。

 

さらに、学校での勉強ももちろん韓国語でしているので学校で習ってきた内容は韓国語では知っていても、それを日本語で何と言うかわからない、という状態です。

 

その結果、

 

パパと下の子に話しかける時には韓国語が先に出てしまい、パパも下の子も普通にそれに応えられるので、韓国語での会話がそのまま続きます。

 

ところが、ママには方針的にそれが通用しないことは十分わかっているので、私には日本語で話しかけますが、文に韓国語が混じることもあります。例えば、、

 

「ママ、来週の遠足だけどさ~。」

 

というべきところを

 

「ママ、来週の현장학습だけどさ~。」

 

といった感じです。

 

私はどうしたい?

今までの私なら、

 

「ママ、来週の현장학습だけどさ~。」

 

と子供が言ったらすぐ、

 

「えっ?현장학습って何?」

 

と言って、日本語でいちいち言いなおさせていました。そうして少しずつ覚えてもらうためです。

 

しかし、平日のほとんどを韓国語ですごし、しかも週末や自分の興味まで韓国語で、、、となると、韓国語の波に埋もれてしまい、ひとつひとつ日本語に直したところで定着させるのが、なかなか難しいです。

 

もちろん、私としては日本で生まれ育った子供と同様に語彙や表現を覚えてもらい、使えるようになってくれるのが理想です。しかし我が子とはいえ、別の人格。 私の考えばかりを押し付けるわけにもいきません。

 

また、上の子は日本語を完全にやめたいというわけではなく、周りの友達の中で日本語ができる友達がいないため、多少の優越感も感じているため、

 

日本語は使いたいし上手になりたい。でも、韓国語の方が楽だからそっちに流されている。

 

というのが、正直なところのようです。

 

考えかたのシフトが必要かも?

今まで、子供に日本語を覚えてもらうためにやってきた数々の方法は、やろうと思えば今後もできないことではありません。しかし、1日のほとんどを韓国語で過ごし、日本語の語彙や表現の量とは比べ物にならないほどの韓国語に毎日触れていると、それを日本語にして覚えてもらうのは、量的に無理があるようにも感じます。

 

基本的に、「家の中では日本語」を徹底して来ましたが、もし今後この方針に無理がでるなら、考え方の転換が必要になるように思います。

 

それは、

 

パパと韓国語で話したいなら、ど~ぞ! でも、ママと下の子には日本語でね!

 

というものです。 パパが日本語ができるから、と思ってやってきた「家の中では日本語」ですが、とりあえず韓国語がネイティブのパパとのコミュニケーションは韓国語を使いたければどうぞ・・・かな、と思います。

 

その理由は、

 

  1. 算数の宿題などがわからない時、パパに韓国語で説明してもらった方がわかりやすいから。
  2. 配偶者が日本語がわからなくてもバイリンガルに育つ子供もいるから。

 

です。超文系で、数学どころか算数で思考停止してしまった私は、子供の宿題を見て韓国語で書いてある問題の意味はわかっても解き方がわかりません。そうするとパパの出番で、結局韓国語で書いてある問題の解説は、韓国語でやったほうがわかりやすいし、効率的なのです。

 

2.については、以前このブログでもインタビューをさせていただいた、チョロさんもももんぶらんさんなどのご家庭では、ご主人は日本語がわかりませんが、お子さんはちゃんと日本語がわかるようになっています。そのため、「家の中は日本語」は、パパに対してはゆるめにしてもいいかな、と思うようになったからです。

 

もちろん、そうすると私とのコミュニケーションが重要となきますが、幸いなことに上の子はパパよりもママと仲がいいので、たわいのない話や学校、友達、好きな芸能人の話など、ママには日本語で説明しようとしてくれます。もちろん完璧にできないこともありますが、今のところ、日本語で話しかけても韓国語で返事をしてくるということはほとんどありません。

 

 

いつ結論を出そうかな?

我が家でバイリンガル子育ての方針を決めるのは、ママ(←私)です。もうちょっと様子をみて、心を決めたら家族みんなに話をしたいと思っています。その時に、上の子がどんな反応を見せるか・・・。 多分、「やったー」と思いつつも複雑な心境になるかもしれません。

 

 

最後に

今日は、上の子の言語環境が韓国語づくめになってきたことや、パパや下の子に話しかける時に韓国語が多くなってきたことから、その理由が何で、それがどう現状に繋がっているかを考えてみました。

 

また、私がどうしたいかや、方向転換するとしたらどうするかについてもお話ししました。軌道修正するとしても、よく使う言葉などで日本語で言えないものは教えていく予定です。私は、

 

言語はコミュニケーションの手段である。

 

と考えています。この考え方に基づいて、言語ばかりに目を向けるのではなく日本語でコミュニケーションがスムーズに取れ、そしてコミュニケーションの内容にも目をむけていけたらな、と思います。

 

我が家のバイリンガル子育ての方針を軌道修正しても、うまくいきますように・・・。

スポンサーリンク

 

6 件のコメント

  1. テディsays: 返信

    まめちゃんさんこんばんは!
    なるほど‼︎(;_;)とても参考になりました‼︎お母さんが義理妹の生後3ヶ月の写真を送ってきた時は、可愛いですねと言って否定も肯定もせず…良かったです。旦那に似てるならまだしも義理妹⁇って疑問に思ってしまいましたが励まされました。やはり産後ブルーありましたか…!産後ブルーで旦那に顔が怖いと言われました笑笑。これから同居が始まるのでドキドキ不安しかありませんがブログを何度も見て、頑張ろうと思います‼︎笑(;_;)

    • まめちゃんsays: 返信

      早速のお返事ありがとうございます 産後ブルー、私は友達と話したり自分のために時間を作ったりしてなんとか乗り越えました。真夜中に好きな音楽を大音量で聴いたり(イヤホンでですが 汗)もしてました 笑。

      シオモニと同居は大変そうですね。多分最初が肝心だと思うので気を遣いすぎず子育ての面でシオモニに頼りすぎずをうまく調整しながらがやれたらいいですね(
      ってそれが一番大変なのですが)。

      私は別居ですがそれでも最初は驚きの連続でした。でも基本、シデグに行っても働かない嫁、育児は日本の本や日本のサイトを参考にして自分のやり方が通るようにやってきました。うちは旦那が基本的に育児に参加しない人ですが旦那にシオモニ側につかれると四面楚歌なのでシオモニの悪口は言わないでシオモニを気遣うフリしつつ自分で選んだやり方を通してきました(子供をバイリンガルにするのもそうです)。

      ちなみに同居はいつからですか?

      • テディsays: 返信

        こちらこそいつもありがとうございます(;_;)‼︎大音量の気持ちわかります笑。私も親しい友達や母に話を聞いてもらったり、旦那と話し合いして泣いたり(笑)乗り越えてます…
        どんなに良い人でも日本人同士でも同居は大変なのに…と思うと心配です。私が韓国語話せないから期限付きの同居という形ですが、話せなくても旦那おれば病院に行けるよ〜(子供に何かあった時私が韓国語話せないからだそうです。)と思いつつ、シオモニさんが心配してくださって…。なるほど‼︎育児の面だけでも自分のやり方を通そうと思います‼︎対応難しそうですが…嫌なことは嫌と言いたい…
        働かない嫁…私は何もできない嫁として思われてます笑。良い人達ですが他人同士。一緒に住めばお互いストレスですもんね。四面楚歌恐ろしいです。そしたら子供連れて日本に逃げようとは思ってますが…笑。まめちゃんさんのように私もバイリンガルになって欲しいと思っております。(;_;)同居は10月末を予定しております。

        • まめちゃんsays: 返信

          韓国に住むなら韓国語がわかるに越したことはないのですが、韓国語なんてわからなければよかったと思う瞬間もあります 笑。
          同居は10月末なのですね。「頑張ってください!」ではなく、「テキトーに頑張ってくださいね。」です。なぜなら頑張りすぎるとどこかで無理が来てブチ切れる日が来るからです。では、残りの個人的なトークはDMで(╹◡╹)//

  2. テディsays: 返信

    私はこれからスタートしたばかりでマメちゃんさんのように上手く接する事が出来るか不安です(;_;)そして韓国のシオモニは自分の孫が自分の家系に似てると強く押して来ますか?私はお腹を痛めて産んだ子が義理の妹に似てるとか言われると、そうかな?と疑問に感じますし似てないと思ってしまいました。そんな産後ブルーな気分でこれからの生活頑張らなければいけません笑^_^まめちゃんさんのブログ見て元気出します!

    • まめちゃんsays: 返信

      テディさん、こんにちは! 韓国のシオモニ孫が自分の家系に似てると言うという話、時々聞きますね。うちもシオモニが何度か「●●(←旦那の名前)の赤ちゃんの頃にそっくり」などなど言ったことがありますが、私は聞き流してました。子供の顔って成長と共に変わるし日本の実家に帰ればうちの母が「●●(←私)の小さい頃に似てるね~」と言ったりするので、おばあちゃんというのはそういうもんだと思ってました。きっとシオモニは私が子供だった頃の顔は知らないし、うちの母は旦那が赤ちゃんだったころの顔を知らないので結局比較対象は自分の家系になるんだと思います。義理の妹に似てるといわれたら、「へぇ~、そうなんですね。」と否定も肯定もしないのがいいと思います。シオモニがあまりにも強く押してきたら「わかりません~。2人の子だから両方に似てるんじゃないですか?」と言ってから話題を変えちゃうとか。
      産後ブルー、ありますよね・・・。私は1人目よりも2人目の産後の方が落ち込みがひどかったです。気がついたらなくなってましたが…。子育ては楽しいですが大変ですもんね。時々息抜きもしてくださいね~^^!

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2018/05/12/%e6%b5%b7%e5%a4%96%e5%9c%a8%e4%bd%8f%e3%81%a7%e3%82%82%e5%ae%b6%e6%97%8f%e3%81%a8%e3%81%af%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e3%81%a7%ef%bc%81-%e3%81%93%e3%82%8c%e3%81%8c%e3%81%86%e3%81%be%e3%81%8f%e3%81%84/trackback/