バイリンガル育児★まめリンガル

海外在住でも子供と日本語でコミュニケーション!

バイリンガル育児

「バイリンガル児に折り紙っていいな!」と思う2つのポイント

投稿日:2017年6月11日 更新日:

子供は折り紙が大好き!

このブログを読んでいる方は、折り紙は好きでしょうか。または苦手でしょうか。子供のころ、折り紙でいろいろなものを折った経験はあるでしょうか。折り紙は、子供から大人まで日本では年齢に関係なくできるものだと思います。インターネットを見ていても、簡単なものからビックリするくらい複雑で精巧なものでいろんなものが紙でできるんだな、と思うことがあります。

 

ところで、子供は折り紙が大好きだと思います。ちゃんとした作品にならなくても大人からみたら「これはなんだろう・・・?」と首をかしげるようなものでも、子供達は完成したら「これみて~!」とキラキラした目をしながら見せてくれます。

 

 

折り紙をすると「手先が器用になる」という話を、以前聞いたことがあります。確かに、

 

「複雑なものほど手先の細かい作業が必要となるので、手先が器用になるんだろうなぁ。。。」

 

ぐらいに考えていました。しかし、先日下の子と一緒に折り紙をしていて、ふとバイリンガル児にとって折り紙をすることはどんな良いことがあるんだろう?」と思いました。

 

今日は、バイリンガル児と折り紙について私が考えたこと調べたことについてお話したいと思います。

スポンサーリンク
 

 

折り紙ってたのしい?

もし、「折り紙って楽しい?」と聞かれたら何と答ええますか?

 

もちろん楽しい!」

「まぁ、楽しい!」

「特に何も思わない」

「めんどくさい」

「興味ない」

 

など、人それぞれの答えが返ってくると思います。私の場合は子どものころ折り紙で遊んだ記憶があまりないせいか、少々苦手意識をもっていました。

 

しかし、子供を持つようになってその考えも少しずつ変わりました。子供を日韓バイリンガルにしようと思う思い、それを折り紙と繋げて考えると子供にはいいことが2つあることに気がつきました。

 

 

子供にいいことって何?

韓国に住んで子供を日韓バイリンガルにしようとしている私が気づいた、「子供にとっていいこと2つ」とは、次のようなことです。

 

 

  1. 折り紙をしながら、折り紙をする時に使う言葉や完成した作品(動物の名前、乗り物の名前など)を日本語と韓国語両方で覚えることができる。
  2. 折り紙をすることで脳が活性化される。

 

少し詳しく見てみましょう。

★1.折り紙をしながら、折り紙をする時に使う言葉や完成した作品(動物の名前、乗り物の名前など)を日本語と韓国語両方で覚えることができる。

 

バイリンガル子育てなので、私はまず言語に注目しました。保育園や幼稚園では折り紙をするので、例えば次のような言葉を学びます。

 

<折り紙を使う時に使う言葉>

・折り紙

・折る

・裏返す

・折り目をつける

・開く

・山折り/谷折り

 

 

<完成した作品に関係する言葉>

・動物や鳥などの名前

・物の名前(箱、ハートなど)

 

 

保育園や幼稚園で先生に折り方を習いながら同時に言葉も学び、完成した作品の名前も覚えてきます。ちなみに、最近下の子(幼稚園児)が幼稚園で作ってきたのは簡単な「箱」でした。

 

そして、家に帰ってそれを私に見せて「箱作ったよ~。」と日本語で教えてくれたり、私が「すごいね~! どうやって作ったの?!」と言うと、「えへへ・・・」とはにかみながら、家にある折り紙で幼稚園で教えてもらったことを再現してくれます。

 

その時に、日本語で「こうやって~、こうやって~」と、「こうやって~」しか出てこない時は、「ここを折るの?」「まっすぐ折るのかな?」「折り返すのかな?」と、ママ(←私)が、教えてもらうという形をとりつつ子供が「こうやって~」としか言えない部分を具体的な言葉に置き換えて覚えてくれたらいいな、と思っています。

 

 

★2.折り紙をすることで脳が活性化される。

「折り紙をすると手先が器用になる」と私は昔、どこかで聞いてそう思っていたのですが、何がどうしてそうなるのかが具体的によくわからなかったので、ちょっと調べてみました。

 

いくつかのサイトを見てみると次のようなことが書かれていました。

 

  1. 折り紙を折る手順は脳が記憶するので頭(脳)を使う作業となる。
  2. 端と端を揃えたりしてキレイに折ろうと思うと集中するので集中力があがる。
  3. たった1枚の紙がどんな作品になるのか想像力と創造力を育てる。

 

 

私が子供だったころは、折り紙は片面だけに色がついていたものが主流だったのですが、今は大きさも色も裏表の色も模様も本当に種類が豊富です。折り方などを調べてそれを見ながらやるのもいいのですが、思うままに折ってみるのもおもしろいと思いました。

 

 

デジタルもいいけど、アナログもいい!

最近、このブログではデジタル教材などオンラインでできることの紹介もいくつかしてきました。海外に住んでいるとインターネットを使って手に入る日本語の教材は有料であれ無料であれ、とても助かるからです。

 

 

一方、折り紙は「デジタルかアナログか?」と言われれば「アナログ」かもしれません。デジタルというと、時代の先を行っているようでアナログよりもまさっているというイメージが私の中にありました。アナログは必ずしもそうではないと気づかされたのは、下の子が得意げに見せてくれた折り紙がきっかけでした。

 

今後は、デジタルもアナログもいいところをバイリンガル子育てに取り入れていけたらと思います。

スポンサーリンク

にほんブログ村 子育てブログ 海外で日本語育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人

まめちゃん

韓国で2人の子供達をバイリンガルに育てています。大学院生の頃は第二言語習得を研究していました。日本語教師の経験が約20年。子供達のバイリンガル育児や国際結婚、バイリンガル育児について第二言語習得や日本語教師的な視点からブログを書いています。 時々韓国の義実家に関する泣き笑いネタもあります^^;

-バイリンガル育児

Copyright© バイリンガル育児★まめリンガル , 2019 All Rights Reserved.