バイリンガル育児★まめリンガル

海外在住でも子供と日本語でコミュニケーション!

https://www.mamelingual.com


https://amzn.to/36X2BBo

バイリンガル育児

親はどうすればバイリンガル児の頭に文法書が作れるの?!

投稿日:2017年6月20日 更新日:

 

こんにちは。韓国で2人の子供を日韓バイリンガルに育てている、まめちゃん(@mame_chang)です。

子供の発想って大人と違うし、子供の創造力や考え方などに驚かされることもよくあります。海外で子供をバイリンガルにしようと日々努力している私ですが、子供の能力にびっくりすることも多々あります。




子供と接していると、大人である私はは遠い昔に無くしてしまった発想や子供ならではの遊びを間近で見ることができます。大人だったら絶対にしないようなことを子供は考えたり、したりして大人を驚かせることもあります。

 

上の子が幼稚園児の時は、一緒に野菜の絵に色ぬりをしていてサツマイモの色ぬりをしていた時、子供はサツマイモとはどんな野菜か知っていたので、私は当然茶色やこげ茶などの茶色系の色を塗ると思っていたのですが、なんと子供は茶色だけでなく、赤、黄色、ピンクなどいろいろな色で色ぬりをして、「レインボーサツマイモ」ができあがりました。

 

それを見て最初は驚いたのと同時に、

 

「子供って発想が豊かだなぁ〜。」

 

と思いました。

 

 

レインボーサツマイモの話はさておき、先日下の子とおままごとをしてた時の私と下の子のやりとりから、小さい時から親の言語に触れておくのは大切だと思った瞬間がありました。

 

 

今日は、そのやりとりの紹介と、どうして親の言語に触れておくのが大切なのかについてお話ししたいと思います。

  • www.mamelingual.com
    バイリンガル育児の始め方

親はどうすればバイリンガル児の頭に文法書が作れるの?!

下の子(3歳)は、おままごとやごっこ遊びが大好きな年ごろで、私や上の子、そして旦那もたまに付き合ってやっています。

 

先日は、家に私と下の子の2人しかいなかったので2人でのおままごととなりました。子供がママとなり私が子供の役となりスタート。下の子は満面の笑みで楽しそうでした。

 

 

ママ役の下の子がごはんを作り、子供役の私が食べるという設定だったのですが、下の子がこう言いました。

 

「ごはんできたよ〜。このおかず・・・소금  뿌려줄께.(ソグム プリョチュルケ/韓国語で「塩ふってあげるね」という意味)」

 

 

途中から韓国語になってしまいました。私が苦笑いして、

 

 

「えっ?! なんて?!」

 

 

と聞くと、「소금(ソグム/塩)」「뿌려주줄게(プリョチュルケ/ふってあげるね)」も日本語でわからないというのです。私は一瞬2つのことを考えました。

 

  1. 「塩ふってあげるね。」とそのまま教える。
  2. 「塩」と「ふる」を別々に教えて子供が文を作ることができるか見る。

 

瞬間的に私が選んだのは2、でした。子供がちゃんと「塩ふってあげるね。」という文を作ることができるか見たかったのです。

 

 

そして、その結果・・・

 

 

私:ママの言葉(日本語)でね、「소금(ソグム)」」は「塩」で、「뿌리다(プリダ)」は「ふる」って言うんだよ。

 

あえて、「뿌리다(プリダ)」という動詞の原型「ふる」で教えました。すると次の瞬間子供はこう言いました。

 

「塩ふってあげるね〜。」

 

この言葉を聞いて、私は「おお〜!」と驚きました。




私が驚いたワケは文法!

私が驚いたのは、次のようなところです。

 

「初めて聞いた単語なのに、間違えないで言いたいことを正しい日本語の文にできたから。」

 

 

なぜこれが驚きなのかと言うと、私は外国人に日本語を教えた経験があるので、つい比べてしまったからです。

 

日本語を外国語として勉強している場合、「塩をふる」の「ふる」のように新しい動詞に出会って、「塩ふってあげるね。」という文を作るには次のようなプロセスが必要です。

 

  • その動詞の分類を考える。

  • その分類に合わせて動詞を活用させる。

  • 「소금(ソグム/塩)」や「~줄게(~チュルケ/~てあげる)」を日本語にする。

  • 「塩ふってあげるね。」という文が完成する。

 

 

このような段階を踏んでやっと「塩ふってあげるね。」という文ができあがります。もちろん、日本語の文法がちゃんと頭に入っている人や日本語を使い慣れてきた人は、例えそれが初めて出会う動詞であっても、すぐに文を作ることができます。

 

 

そして、もし動詞の分類を間違えたり、活用させるのを間違えると例えば、次のようになってしまいます。

 

「ふんであげるね。」

「ふてあげるね。」

 

 

 

私が驚いたのは動詞の分類などは、まったく知らない3歳児が「ふる」という言葉を聞いてすぐ「塩ふってあげるね。」と正しく動詞を活用させた文を作ることができたということです。この時、以前紹介したスティーブン・ピンカーの『言語を生みだす本能』に「3歳児は文法の天才だ」のような文があったことを思い出しました。




文法書なんていらない

大人になってから日本語を学ぶ人には文法書が必要でも、赤ちゃんは字も読めませんし文法という概念さえわからないと思います。しかし、赤ちゃんのころからネイティブの親に話しかけてられて育つ子供は知らず知らずのうちに頭の中に文法書を作っていくのだと思います。

 

バイリンガル子育てをする親ができることは、きっと文法書に書いてあるようなことを子供に頭の中に作っていくことの手助けだと思います。わざわざ日本語文法の本を買って自分で勉強することもできますが、それよりも自分が使う言葉に気をつけながら子供とコミュニケーションをする時はそれが会話であれ、SNSであれ常に日本語を使うのがいいのではないかと思います。

 

 

そう考えると子供が小さい時から、またはお腹にいるころから常に日本語で話しかけることはとても大切だと思いました。




まとめ

今回は、うちの下の子とのレストランごっこの時に子供が日本語で言えなかった文について、日本語の単語をちょっと教えたら正しく活用させて文を作ることができたという話と、それについて思ったことについてお話しました。

 

 

そしてこれは、たまたまだったのかもしれませんが子供がお腹にいたころから、ずっと日本語で話かけることを続けた結果、日本語を勉強する大人だったら文法書とかで勉強しないといけないようなことが頭にすでに入ってきているということなのかも知れないなぁ、と思いました。

 

もし、そうだとしたら私が前々から思っている・・・

 

「韓国に住んでいるけど日本語が使えるようになってほしいし、できれば国語として覚えて欲しい。」

 

という希望は少しずつ現実になっていくのかもしれません。

 

 

下の子はまだまだ幼稚園児なので、わからないことは教えつつ見守りつつ・・・、今後、どうなっていくか楽しみです。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

まめちゃん

韓国で2人の子供達をバイリンガルに育てています。大学院生の頃は第二言語習得を研究していました。日本語教師の経験が約20年。子供達のバイリンガル育児や国際結婚、バイリンガル育児について第二言語習得や日本語教師的な視点からブログを書いています。 時々韓国の義実家に関する泣き笑いネタもあります^^;

-バイリンガル育児

Copyright© バイリンガル育児★まめリンガル , 2020 All Rights Reserved.