https://www.mamelingual.com

バイリンガル育児

バイリンガル子育てで一番難しいのは漢字でも会話でもなくコレ!

 

こんにちは。まめちゃん(@mame_chang)です。韓国在住約15年ですが、そのうち約10年は2人の子どもたちを日韓バイリンガルにしようと努力、試行錯誤の毎日を過ごしています。

 

 

このブログのメインテーマであり、私が子どもたちがお腹にいたころから実践しているのがバイリンガル子育てです。

 

まめちゃん
うちの子をバイリンガルにしよう!

 

とお腹の中にいた時に決めたのは私(ママ)なのですが、子どもをバイリンガルにするというのは一体どういうことなのでしょうか。

 

大人になると経験から、

 

「大きくなってから言語を始めるのは大変でネイティブになるのは難しい。」

 

というのを知っています。また、私自身はモノリンガル(1つの言語)、モノカルチャー(1つの文化)で育って、ある程度大きくなってから英語と韓国語を学習により身につけたのでその大変さと共に楽しさも知っています。

 

しかし、言葉はコミュニケーションの手段なので言語を覚えることばかりに時間をかけないで言葉を使って何ができるかを早いうちから考えてほしいと思ったりもします。それは、きっとそれが子どもが将来生計を立てて行く方法となると思うからです。

 

しか親子とはいえ親と子どもは別々の人格です。親の思い通りにならないのが子ども、なんてこともよくいいます。

 

今回は、「バイリンガル子育てで一番難しいのはきっとコレ!」と題して「私がバイリンガル子育てで一番難しいと思うこと」と、バイリンガルとして育てられた方のとても興味深い動画もご紹介したいと思います。





バイリンガル子育てで一番難しいのはきっとコレ!

私の場合、自分の経験もですが私自身が子どものころからバイリンガルに育てられなかったことからか、子どもの時はバイリンガルに対するある種の憧れみたいなもなものもありました。

 

韓国人と結婚して韓国に住むことになり始まった私のバイリンガル子育てですが、うちの子どもはそんな親の思いを一応は知っています。毎日の会話は韓国にいても日本に一時帰国していてももちろん日本語なのですが、いつもこのブログに書いているようにうちの子(上の子)のネックは読み書きの特に「書き」の部分です。

 

聞いて理解し話せても、読み書きができなければバランスの悪いバイリンガルとなってしまいます。そんな話も子どもにしながらのうちのバイリンガル子育てですが、親の思いを言葉で子どもに伝えていても子供の心にちゃんと伝わるのは難しいなあと思います。

  • www.mamelingual.com
    バイリンガル育児の始め方

漢字でも会話でもなかったら何が難しいの?

ここまで読むと私がバイリンガル子育てをしている中で一番難しいのは、きっと、、

 

「読み書き、特に漢字」

 

と思うと思います。しかし、そうではありません。実を言うと私が思うバイリンガル子育てで一番難しいのは、、

 

「子ども自身がバイリンガルになろうと思ってがんばること。」

 

です。言葉を変えると、

 

「自分は◯◯語と◯◯語のバイリンガルになる!」

 

という「自覚」なのです。もう一度いいます。「子ども自身の自覚です。」

 

なぜなら、子ども自身が「やろう!」と思ってやるのと親にやらされているのとでは吸収も違うし伸びも違うからです。うちの子の場合、この「自覚」を持ってもらうことが一番難しいです。



難しい部分にちゃんと向き合っている人の動画

さて、この「自覚」に関連して今回はひとつの動画を紹介したいと思います。アメリカ生まれアメリカ育ちのリクトさんという方の動画なのですが、

 

「アメリカ育ちの僕がどうやって日本語を学んで、キープしてきたか 」

 

というタイトルでそのきっかけどんな努力をしたかを具体的に話しています。その中にバイリンガル子育てをする上で私が一番難しいと思う「自覚」についても、リクトさんがどうやってこの「自覚」を持つようになったかが語られています。

 

 

ちなみにこのリクトさん、ご両親が関西人ということで見事に流暢な日本語、いやいや関西弁を話しています。発音やイントネーション、文法などはもちろん、関西人の私から見たら間の取り方やテンションまで「関西人生まれの関西育ちの関西人」と言われてもきっと疑わなかったと思います。

 

リクトさんはもう子どもではないので「バイリンガル子育て」をされた立場からの話もまた機会があればインタビューをしていろいろお話を聞いてみたいと思います。



まとめ

今回はバイリンガル子育てをしている親の立場から、子どもをバイリンガルにしようと思う時に一番難しいと思うことについて書いてみました。

 

そして、私が思う一番難しいと思うことを克服し立派なバイリンガルになっているリクトさんの動画(体験談)についてもご紹介しました。

 

人はそれぞれなので、うちの子にリクトさんと同じ方法を取ってもうまく行くとは限りません。ただ、うちの子にもリクトさんのように「やらなきゃ!」や「もっとやりたい」という「自覚」が早く芽生えてくれることを願うばかりです。

 

★.リクトさんの動画 ↓↓ 

では、今回の話でご紹介したリクトさんの動画のご紹介です!(動画はリクトさんの了解を得てこのブログに載せています。)リクトさんの動画は人気上昇中で私もいつも楽しくみています。

 

「アメリカ育ちの僕がどうやって日本語を学んで、キープしてきたか How I Learned & Maintained My Japanese」

 

・バイリンガルの種類について ↓↓




    • この記事を書いた人

    まめちゃん

    韓国で2人の子供達をバイリンガルに育てています。大学院生の頃は第二言語習得を研究していました。日本語教師の経験が約20年。子供達のバイリンガル育児や国際結婚、バイリンガル育児について第二言語習得や日本語教師的な視点からブログを書いています。 時々韓国の義実家に関する泣き笑いネタもあります^^;

    -バイリンガル育児

    © 2021 バイリンガル育児★まめリンガル