えっ?何て?!バイリンガルの子供のココに注目!

誰でもすることだけど・・・

バイリンガルの子供に限らず子供がよくすること、それは「独り言を言うこと」です。大きい声だったり小さい声だったり、はたまた1人で遊んでいる時であったり・・・。そして、独り言を言うのは子供に限ったことではなく年齢に関係なく老若男女誰でもが言うものだと思います。

 

しかし、このブログのメインのテーマは「バイリンガル子育て」です。バイリンガル子育てという面から見た時に、独り言にはどのような意味があるのでしょうか。バイリンガルの子供の独り言は、何を表しているのでしょうか。

 

今日は、海外で育つバイリンガルの子供(保育園児)の独り言に注目して、バイリンガル子育てに何か役に立つのか考えてみたいと思います。

 

耳を傾けてみよう

小さい子供が1人で遊ぶ時などに、1人でしゃべるのはよく見られる光景です。そのような時、大人は特に気にしないか気になったら話かけるかだと思います。毎日の生活の中で、子供の独り言をいつも注意して聞いている親はどのくらいいるでしょうか。聞き流している親もいれば、特に注意をして聞いていない親もいると思います。

 

以前、「バイリンガルは何語で考えている?」でもお話したように、独り言というのは頭の中で考えていることが言葉となって表に出てきている状態だと考えられます。それには年齢は関係ないと思われますが、バイリンガルの子供の独り言は、もう一方の言語を伸ばしたい時に役に立つものだと思います。まずは、バイリンガルの子供の独り言に耳を傾けてみましょう。

 

耳を傾けて何を聞くの?!

バイリンガルの子供の独り言は、どんな内容なのでしょうか。耳を傾けてみるとだいたいの場合以下のようになっていることが多いと思います。

 

韓国に住む日韓バイリンガル児の場合

<日本語で>

  • ひとり二役でおもちゃで遊ぶ
  • 日本語がわかる人(例えばママ)の真似

 

<韓国語で>

  • ひとり二役でおもちゃで遊ぶ
  • 保育園での先生とのやりとりの再現
  • 保育園で先生に言われてることを人形に対して言う
  • 韓国のテレビ番組やCMなどの真似

 

ざっと見ただけでも、韓国語の方が種類が多いですね。これらのことから、子供は周りから聞こえることや大人に言われたこと、保育園などでの経験をひとりで遊んでいる時などに思い出しながら、人形やおもちゃと共に再現しているように思います。 おそらく、バイリンガルではない場合は1つの言語で、またはマルチリンガル(言語が複数わかる)の場合はこれを複数の言語でするのだと思います。

 

独り言とバイリンガル子育て

では、次にこのバイリンガル児の独り言をバイリンガル子育てという面から見たらどのようになるのでしょうか。上の場合、日本語よりも韓国語の独り言の種類が多いです。日本語の独り言を増やさせるのではなく、日本語力を伸ばすと考えると、例えば以下のような流れでする方法があります。

 

1.どんな場面で聞いた言葉なのか子供に聞いてみる

2.日本語で何というか知っているか聞いてみる

3.日本語で説明させてみる

4.日本語で何というか教える

 

もう少し具体的にいうと、次のような感じです。

 

<子供が韓国語で歌っている>

子供 : 하얀 자동차가 삐뽀 삐뽀  내가 먼저 가야해요  삐뽀 삐뽀~♪♪ (直訳 →「白い車がピーポーピーポー、私が先に行かなきゃ、ピーポーピーポー。」)

私  : 歌、じょうずだね~、それってどこで教えてもらった歌?

子供 : 保育園~(←ちょっと得意げ)

私  : そうなんだね~。でも、「하얀 자동차」って何?

子供 : うーん、くるま・・・ 病院いくくるま・・・

私  : へぇ~、病院行く車なの? ピーポーピーポーって走るやつ?

子供 : うん。

私  : あ、救急車のことね。ピーポーピーポーって走るもんね。 救急車って聞いたことある?

子供 : わかんない。

私  : 病院に行く白い車のことだよ。ピーポーピーポーってサイレン鳴らしながら走るの。

(参考:「병원차와 소방차!」https://www.youtube.com/watch?v=69tVTx885eM )

 

これは、歌の歌詞の一部の「救急車」という言葉を教えたい時の例ですが、すぐに「救急車」と出てくる子供もいれば、説明はほとんどできない子供までさまざまです。まだ保育園児の場合は、説明までするのは難しいと思うので日本語で話しかけて「하얀 자동차」って何?」と聞いて「救急車」という言葉がでてきたら、「すごい~! よく知ってるね!」と褒めます。そして、道を歩いている時に救急車を見かけたら「하얀 자동차って、あの車のことだったっけ?」と子供に聞いてみて、「救急車」という言葉を覚えているか見ます。歌を少し歌ってみてもいいと思います。そして、「あれ? あれってママの言葉(→日本語のこと)で、なんていうんだったっけ・・・?」と聞いてみて、覚えていなかったら「救急車だよ」と教えます。そうしたことの繰り返しによって、「救急車」という言葉が子供の頭の中で定着していきます。

 

どんな独り言を選べばいい?

以上のように今日は「救急車」を例に、子供の独り言をバイリンガル子育てにつなげる方法を書いてみました。子供は独り言を毎日のように言うので、どの独り言を使えばいいかわからない・・・という場合もあると思います。そのような場合は、あまり構えずに子供がよく言う独り言や日常生活ですぐに使えそうなもの、またはただ単に子供の独り言を聞いて「日本語で何て言うのか知ってるのかなぁ」と、ふと思った言葉でいいと思います。

 

ちなみに、うちの保育園児の最近の独り言から私がピックアップしたのは、「救急車」ではなく「消防車」でした。「消防車」という言葉も1回では覚えない(すぐに「働くくるま~」と答えます)ので、意識して繰り返し繰り返しが重要かなと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外で日本語育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2017/01/12/%e3%81%88%e3%81%a3%ef%bc%9f%e4%bd%95%e3%81%a6%ef%bc%9f%ef%bc%81%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%ab%e3%81%ae%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%82%b3%e3%81%ab%e6%b3%a8%e7%9b%ae/trackback/