外国語学習で時々言われる「向いてる」とか「向いてない」ってバイリンガル児にも当てはまるの?!

最終更新日時 : 2017年7月27日

「向いてる」とか「向いてない」ってどういうこと?!

「あの人は、営業みたいな仕事に向いている。」や「私は数字が苦手だから経理とかは向いてない。」のような、「向いてる」や「向いてない」という話をしたことがあるでしょうか。仕事だけでなく勉強や趣味などいろいろな分野の話をする時に言うと思います。

 

ちなみに私は超文系、運動はちょっぴり、料理もボチボチという感じなので理系はもちろん数字関連もかなり弱く、数字を扱うことは自慢じゃないですが「向いてるか?」と聞かれると堂々と「向いてません」と言えそうです。

 

「向いてる」とか「向いてない」は別の言葉を使うと「適性」と言う言い方もあって「適性検査」なんて言葉も聞いたことがある方もいると思います。

 

今日は、この「適性」ということについてまず外国語の学習の点から少しお話して、その後バイリンガル児にも当てはまるのか私なりに考えたことをお話ししたいと思います。

スポンサーリンク
 

外国語学習の「適性」って?!

私の時代は中学生になってから英語を「学習」しましたが、最近は英語に触れる年齢が下がっていて、小学生から授業で習っているようです。同じように週に何度か授業を受けていても伸びるのには個人差があります。その理由は興味、勉強の方法、もともとの性格、本人の好みなどいろいろな要素が関係すると思います。

 

私の場合、もともと国語が好きで暗記ものも比較的得意だったので、習ったこともすぐに覚えることができたし、英語や国語の勉強は楽しかったです。そのため語学について言えば適性があったのかも知れません。

 

しかし、算数や数学など理系の科目は何度授業を受けても補習でカバーしようとしてもイマイチ理解できないことが多く、時には私の頭が拒否しているのかと思うほどでした。そう考えると理系関連は適性がないと言えるのだと思います。

 

バイリンガル児にも適性ある?

私の話はさておき、バイリンガル子育てをしている親として気になるのは、バイリンガル児にも外国語学習の適性や親がバイリンガルにしようとしている言語に対する適性があるのだろうか・・・? というのが気になります。

 

これらを「バイリンガル児の外国語学習の適性」「バイリンガルにしたい言語の適性」の2つにわけて考えてみます。

 

★「バイリンガル児の外国語学習の適性」

外国語を1つやると、要領がわかるので新しい言語を学びやすいともいいます。しかし、バイリンガル児が2つの言語を無意識に「獲得」した場合(「獲得」については「合わせて読みたい・・・」からどうぞ!)、きっとそれはバイリンガル児の中では「外国語」ではないので、きっと3番目の言語が初めて身につけようとする外国語となると思います。

 

そうすると、本人の興味、勉強の方法、性格、本人の好みなどに加えてすでに獲得した2つの言語と文法や発音が似ているかどうかなども適性と関係してくると思います。

 

★「バイリンガルにしたい言語の適性」

このブログを読んでくださっている方は、きっとこっちの方が気になると思います。それは、親は子供をバイリンガルにしようと思っても子供に適性がなければうまくいかないかもしれないからです。

 

語学の適性の有無については賛否が分かれるところですが、私の周りを見ていると適性がありそうなタイプと難しそうなタイプは例えば次のような感じの子供たちです。

 

<適性がありそうな子供たち>

  1. 誰とでもものおじせずに話せる。
  2. 親が語学が好き。
  3. 素直な子。
  4. 自分でも「やらなきゃ!」と思っている。

 

2.は子供自身のことではないですが親は少なからず子供に影響を与えるので、親が語学部が好きだと子供も自然に他の言語にも触れる機会ができそうです。

 

4.は幼児にはまだ難しいですが海外に住んでいて小学校も現地の学校に通うと、どんどん頭の中の日本語が現地の言葉に塗りかえられていきます。そうなる前に対策がとれるかによって変わりますが、何よりも本人の「やらなきゃ!」という気持ちがあるのとないのとではかなり違ってきます。

 

<難しそうな子供たち>

  1. 周りの目を気にするタイプ(例として「合わせて読みたい・・・」から)
  2. バイリンガルになることに興味がない。

 

1は、周りの目を気にすることで目標としている言語を使う機会が減るので結果として伸びるかどうかに関係してくると思います。周りの目を気にするかどうかは子供の性格もありますが、置かれた環境や過去の経験などもあると思います。

 

2は、子供が興味を示さない場合です。韓国に住んでいますが生まれてからずっと日本人ママと一緒にいたのが韓国の幼稚園に入った途端韓国語が増えて親が日本語で話しかけても韓国語で答えるようになった。日本語で話してもらおうと思ってもなかなかうまくいかず韓国語で返した方が早いのでそうこうしているうちに子供は日本語を全然話してくれなくなった。このように始まり気がついたら韓国語で話すことが日常となって子供はバイリンガルになることに興味がない・・・みたいなお子さんに過去に出会ったことがあります。

 

このように見てみると「適性」とは周りの環境や子供の性格がかなり関わってるのではないかと思ったりもします。

 

最後に・・・

今日は「適性」という言葉をキーワードに外国語学習の適性の話とバイリンガル児の適性についても周りの子供たちを見ていて思うことや考えたことを書いてみました。

 

うちの子について言えば、上の子(小学校高学年)よりも下の子(幼稚園児)の方が適性があるような気がします。下の子はまだまだ小さいので将来はどうなるかわかりませんが、日々の生活の中でなんとなくそのように感じる瞬間があります。向き不向き、適性を見極めるのも親の仕事かな・・・と思います。

 

合わせて読みたい・・・

言葉の「獲得」と「習得」って何?!

「パパ、英語でしゃべらないで」から思うこと。

 

<お役立ちアプリ(広告)>
Stager Live – 楽しみをシェアする生配信アプリ)(iOS)

 

スポンサーリンク

 

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2017/07/28/aptitude/trackback/