子供が言外の意味を汲み取れない!海外在住ママ/パパにできるコトって何?!

最終更新日時 : 2018年3月19日

こんにちは! 韓国でバイリンガル子育て実践中の、まめちゃん( @mame_chang )です。今日は、ぷっと笑ってコントのネタにでもなりそうだけど、実は大切な意味が隠された言葉のお話です。

日常生活のひとコマ

日韓夫婦で韓国在住の我が家。子供たちは昼間は家の外で現地校で韓国語で生活し、家にいる時や外にいても家族といる時は日本語を使っています。そんな我が家ですが、日常生活の中で、ママ(←私)が話しかける言葉について下の子(幼稚園児)が大まじめに返してくる言葉に、ぷっと笑ってしまうことがあります。

それは、子供ならではの発想だったり、ただの勘違いであったり、日本語の間違いであったりといろいろとあります。受け狙いの発言ではなく、大まじめに言うからなおさらおもしろいのだと思います。

今回は、そんな下の子(幼稚園児)の発言の中でも、そのままにしておくと将来的によくなさそうなものに焦点を当て、海外に住むバイリンガル(マルチリンガル)児に親はどんなことをしてあげられるのかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
 

言葉って言葉通りに受け止めるもの?!

では、突然ですが次の場面を頭の中で想像してみてください。

<場面>

(※AさんとBさんは職場の同僚です。)

Aさんの家にBさんが遊びにきました。今日は夏の暑い日です。Bさんは約束の時間に遅れてはいけないと思い、走ってAさんの家に来ましたが少し遅れてしまいました。そしてAさんの家に入り、リビングで手土産を渡しながら・・・

B:今日は約束の時間に遅れてしまい、すみません。これ、よかったらどうぞ。いやぁ、今日は本当に暑いですね・・・(と言いながら汗を拭く)。

この後、Aさんが一般的な日本人ならなんと言うでしょうか。

  1. 「そうですね。今日は暑いですね。」
  2. 「そうですね。今日は暑いですね。エアコンつけましょうか。」
  3. 「そうですね。今日は暑いですね。冷たいお水でもいかがですか。」

言葉って言葉通り受け止めるものか・・・? 場合によってはそうなのですが、そうでないこともあります。言外の意味が隠されていることもあり、聞いている人は場面や相手の様子から察することが求められることがあります。

もし、Aさんが日本で生まれ育った一般的な日本人なら、きっと1.~3.の中で、2.または3.と言うと思います。Bさんは「今日は暑い」としか言ってないし「エアコンをつけてほしい」とも「冷たい水が欲しい」とも言ってません。しかし、日本語では1.のように答えると、Bさんは本来ならAさんが読み取ってくれそうな2.や3.に当たる言葉をその次にわざわざ言うことになります。

具体的にどんな発言なの?

では、具体的にうちの下の子(幼稚園児)は、どんな発言をするのでしょうか。ちょっと例を2つ挙げてみます。

1.食事中にウロウロと歩き回っている時

ママ:こら~!ごはんの時にウロウロしてる子は誰?!

下の子:○○自分の名前を言う)

もちろん、食事中にウロウロしている子は誰かなんてママにはわかっています。名前が聞きたいのじゃなくて、早く席に戻りなさいという意味なのです。

2.おもちゃの電話で話している時(お互いに同じ部屋にいる)

ママ:もしもし~。ママだけど、パパいますか?

下の子:うん、いるよ。

これは、いるかいないかを知りたいのと同時に電話をかわってほしいということです。もちろん、大人でもこの後に「じゃ、ちょっと代わって。」とひと言つける場合もありますが・・・。

うちの下の子は、1.のパターンが結構多く、他にも服を着替える時に遊んでしまい、「服をさっさと着替えない人は誰?何やってるのかなぁ~?」という問いにも「○○~」と自分の名前を言って返事してくることもあります。

スポンサーリンク

「大きくなったらそのうちわかるようになる」って本当?

言外の意味まで汲み取るというのは、言語がまだ発達段階にある幼稚園児にはまだまだ難しく、言われた言葉を言葉通りに受け止めて返答するものだと思います。日本に住んでたらきっと、

「大丈夫、大きくなったらそのうちわかるようになるって!」

と周りの先輩ママや先輩パパに言われそうです。確かに、日本で社会生活を営んでいくうちに周りから指摘されたり失敗したりしながら大人になる頃には、言外の意味までちゃんと汲み取ることができるようになると思います。

しかし、海外に住んでいて日本語との接触がかなり限られている場合はどうでしょうか。海外と言ってもいろいろな国と言語があるので、日本語のように言外の意味を察しながらコミュニケーションをしていく言語もあれば、直球ストレートではっきり言わないと通じない言語と文化でコミュニケーションする場合もあると思います。

そうすると、現地の言語がそういう意味で離れていればいるほど日本語でコミュニケーションする時に意識して教える必要があるように思います。

海外に住む子供たちに親ができるコトって?

海外に住む日本語がネイティブの親が今回の話についてできることは、次のステップではないかと思います。

  1. 子供の様子を観察。
  2. 子供が言葉を言葉通りの意味に受け止めて返答しているようなら日本語ではどうなのかを言葉で教えていく。

まずは、1.のように観察です。日本人ママ/日本人パパが言うことに対してちゃんと言外の意味を汲み取って答えられているかを見ます。そして、「ちょっと教えた方がいいかなぁ~。」と思ったら、2.のように言葉で教えていくのがよさそうです。

例えばさっきの会話だと、ひと言付け加えることを繰り返すことで少しずつ定着がはかれるのではないかと思います。

ママ:こら~!ごはんの時にウロウロしてる子は誰?!

下の子:○○自分の名前を言う)

ママ:名前が知りたいんじゃなくて、ウロウロしないでさっさと席に戻ってきてっていう意味だよ。

または子供に、

「ママは実は名前なんか聞いてないんだよ。本当は何が言いたいんだと思う?」

と聞いてみてもいいと思います。

最後に・・・

今回は下の子(幼稚園児)が、私が何か言った時に言葉通りの意味で理解して返答してくることについてお話ししました。そして、実際の例をいくつか挙げて、言外の意味は何であるかや、海外に住んでいる場合はそれを子供に身につけてもらうために親には何ができるかを簡単なステップで書いてみました。

まずは子供を観察して、あまりにも言葉を言葉通りに受け止めて答えているようなら、ひと言付け加えたり、子供に質問してみたりするなど方法はいくつかあると思います。いくつか試してみて親子でストレスにならない方法にたどり着けるといいですね!

<お役立ち情報(広告)>

ヤフオク! 利用者数NO.1のオークション、フリマアプリ(iOS)(Andoroid)
みんなでカジノ(iOS)(Andoroid)

スポンサーリンク

2 件のコメント

  1. まろsays: 返信

    初めまして!偶然まめさんのブログを発見しまして、とても楽しく読ませていただいております。私は現在ヨーロッパの某国在住で、妊娠中です。パートナーも現在の国では外国人(ヨーロッパ内ですが)なので、将来的には子どもは3か国語を学ぶことになりそうです。私は13年ほど日本語教師と日本語補習校教師をやっております。まめさんが書かれていることは、まさに私が日本語補習校の仕事の中で日々感じていたことで、「うん、うん、その通り!」と、非常に共感しております。これからは、教師ではなく母親として子どもの日本語教育、マルチリンガル教育に携わっていくことになるので、不安でいっぱいですが、まめさんのブログを参考にさせていただこうと思っております。また、時々お邪魔させていただくと思いますが、よろしくお願いします。

    • まめちゃんsays: 返信

      まろさん、初めまして! ブログご訪問ありがとうございます。ブログの内容に共感していただき嬉しいです。私も日本語教師として学生を見るのと母として子供の日本語/国語を見るのは違うなぁと、しみじみ感じます。韓国は日本人学校はあるのですが、なぜか補習校というのはありません(過去にはありましたが・・・)。これからお子さんが生まれたら新しい世界が広がりますね!楽しんでくださいね^^ 私のブログにもまた遊びに来ていただけると嬉しいです。お待ちしています~。

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2018/03/14/pragmatics/trackback/