バイリンガル育児★まめリンガル

海外在住でも子供と日本語でコミュニケーション!

コトバについて

ママは韓国語がわからないの・・・^^;

投稿日:2016年9月19日 更新日:

保育園では毎日韓国語

ここは韓国。 もちろん保育園では毎日韓国語。

子供の韓国は日に日に上達し、私の焦りはつのるばかり・・・

そこで! ひとこと言ってみました。

「ママはねっ! か、韓国語がわからないの・・・汗 だからママの言葉で話してね^^;」

それを聞いた子供の反応・・・

「いいよ~。 えっとねぇ~。今日は先生とね・・・」

と、その日にあったできごとを一生懸命日本語で話してくれました。

いや~、かわいいです、ホントに。

スポンサーリンク
 

幼稚園に入ると矛盾がバレる~

ところが?! 幼稚園に入るとその矛盾がバレてきます。

相変わらず「ママはね、韓国語はわからないの」といって日本語を話させようとすると・・・

「じゃ、どうして幼稚園の先生とは韓国語しゃべってるの?」

はい、正論です。 矛盾です。 はい、真っ赤なウソでした。

バレバレです。 そりゃーそうですよね。

子供だって成長してます。

幼稚園に入ったころから、いろんなことがわかり始めて来るみたいなので

言い方を変えました^^;

スポンサーリンク

子供に言ってみた2つのコト

韓国語がわからないわけではないのに、子供とは日本語。

だんだんと子供の方は、韓国語の方が楽になってきます。

それでも日本語しゃべってほしい~ というわけで、こんな言い方をしてみました。

 

  1. ママとお話する時は、ママの言葉(日本語)でしゃべってほしいなぁ。
  2. 日本に帰ったら日本のおばあちゃんは韓国語がわからないから、ママと練習しておこうね。

最初はよくわからないような顔をしていましたが、「ママとは日本語」をがんばってくれていました。

「大好きなママとお話する言葉。それが日本語。」

そう思ってもらえたらうれしいなぁ、と思いながら日々子供に話しかけていました。

そうやって、海外で育ってもいつか子供が日本語を自由に使いこなせる日が来るといいなぁ、と思いながら。

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

まめちゃん

韓国で2人の子供達をバイリンガルに育てています。大学院生の頃は第二言語習得を研究していました。日本語教師の経験が約20年。子供達のバイリンガル育児や国際結婚、バイリンガル育児について第二言語習得や日本語教師的な視点からブログを書いています。 時々韓国の義実家に関する泣き笑いネタもあります^^;

-コトバについて

Copyright© バイリンガル育児★まめリンガル , 2019 All Rights Reserved.