バイリンガル育児★まめリンガル

海外在住でも子供と日本語でコミュニケーション!


https://amzn.to/36X2BBo

韓国の義実家

韓国義実家。シオモニ(義母) の声のトーンは3段階

投稿日:2016年10月25日 更新日:

こんにちは。

まめちゃん(@mame_chang)です。

韓国で2人の子供たちを日韓バイリンガルにしようと毎日奮闘しています。

 

電話って人とのコミュニケーションの手段だったり、ただの連絡方法だったりします。それは、時代と共にSNSなどに取って代わられていますが、それでも世代によってはやっぱり電話という人もいます。

 

うちのシオモニ(義母)もそうで、いまでも携帯電話はガラケーを愛用しています。スマホなんて手に負えないそうです。そんなわけで、用事がある時や息子(←私には夫)や孫の声が聞きたい時は、電話がきます。

 

今回は、そんな電話にまつわるシオモニ(義母)の素直な反応について書いてみたいと思います。





韓国義実家。シオモニ(義母) の声のトーンは3段階

人は誰でも驚いた時、怒った時、嬉しい時などで声が変わります。シオモニ(義母)から電話が来るとそれがよくわかります。

 

夫の携帯にシオモニから時々

 

元気~? いま何しているの~? ご飯食べた~?

 

みたいな、どうでもいい内容の電話が来ます☎️ こちらは共働きで毎日忙しいし、子どもたちの世話や家事育児、そして仕事が間に合わない時は、風呂敷残業の時もあるので、正直どうでもいい会話に付き合うのは時間がもったいないと思うこともあります。

 

しかし、そこはやっぱり親孝行なのかもしれません。ガラケーで相手に顔が見えない(こちらの様子がわからない)のをいいことに、作業をしながら電話に出ることも多々あります。

 

それからシオモニ(義母)はガラケーでも、こちらはスマホでスピーカーにしてることが多いので、会話は家中に聞こえています(笑)。

 

そんなシオモニ(義母)と夫、そして孫たちの会話を家事などをしながら横で聞いていると、シオモニ(義母)の声のトーンは大きくわけて3段階あることに気がつきました。

 

その3段階とは、次のような感じです。

  • www.mamelingual.com
    バイリンガル育児の始め方

シオモニ(義母)の声のトーンの3段階

では、ここでシオモニ(義母)の声のトーンを「声のトーン1」「声のトーン2」「声のトーン3」と勝手に名づけて、どんな風に違うのか見ていきます。

 

★.声のトーン1(低) 

これはまぁ、ウオーミングアップというか単なる挨拶というか、最初に電話がかかってきた時にシオモニ(義母)と夫が話している時のトーンです。

 

ちなみに、会話の内容はたいていの場合、次のような感じです。

 

「ご飯食べた?」
「今、食べてるよ」
「子供たちは?」

 

とまぁ、いつもほぼ同じパターンの会話 (^_^;) もう目をつぶっていてもいくらでもリピートできそうです(笑)。では、次の段階です。

 

★.声のトーン2(中) 

ここで上の子(小学生)が電話に出ると、

 

おお〜〜〜! おばあちゃんだよ。今何してるの?

 

と声のトーンが1つ上がります^_^; あ、孫ってかわいいって言いますよね 。それを地でいく感じです。

 

そして、学校はどうか、給食はおいしいか、シャワーは浴びたのか、などなど会話が続きます。

 

いま、何しているの?

 

何って、電話だよ、おばあちゃん~ 笑。

 

なんて会話も。もし、

 

いま、何しているの?

 

に対して、私(嫁)が、

 

何って、電話ですけど......。 
まめちゃん

 

とか言ったりしたら速攻ブチ切れられそうですがw

 

そして次が声のトーンの最高の段階です。

 

★.声のトーン3(高) 

そして、下の子(保育園児)が電話に出ると声のトーンはさらに1つ上がります!(◎_◎;)!

 

ご飯、食べた〜〜? 何食べたの〜〜? おばあちゃんはね〜〜。

 

今日ね、保育園のお友達とね公園で会ったよ。

 

そうなんだね~。よかったね。友達の名前は?

 

牛乳もおいしかったよ

 

え? あ~、牛乳飲んだのね、ママが買ってくれたの?

 

それからブランコに乗ったんだけどね...。

 

と、まぁ、そのまま噛み合わない会話が数分続きますw それでもシオモニはデレデレ




シオモニは嫁は眼中にない

夫とシオモニ(義母)の会話は、いつもワンパターンだし、孫たちとの会話は声のトーンがあがるし......。

もう~~~~聞いてられません🙀 でも‼️

 

最初にも書きましたが、会話はスピーカーなので、全部聞こえています。

 

って当のシオモニは多分気付いてませんが(・_・; 自分の息子と孫達の声を聞いて大満足のシオモニ。

 

じゃ、またね〜〜。おやすみ❤️

 

ガッチャ! 電話終了です。

 

ちなみに、

 

嫁は?何しているの?家にいるの?

 

とかは、一切ナシ。嫁の「よ」の字すら会話にでません。眼中にもなければ、話がしたい、声が聞きたいしてでもないのでしょうね。




シオモニ(義後)が嫁に電話する時

とはいえ、嫁である 私にも電話が来ることがあります。たまにですが、夫ではなく私に直接電話をかけてくることがあります。

 

で、どんなことを話すかというと、、、

 

来週、そっち行くけど何か持ってきてほしいおかずとかある?

 

とか

 

明日、代わりに保育園に迎えに行けばいいんだよね? 何時ぐらいに行けばいい?

 

とか。つまり「業務連絡」です〜〜。そして、内容が業務連絡なので「声のトーン1(低)」です(笑)。まぁ、嫁を相手に業務連絡するのにテンションあげられても、こちらも困りますけどね...。

 

夫や孫に電話をかけてきて、嫁はどうしているか聞かれない。これって人によっては寂しいと思うかもしれません😿。私の場合は、

 

嫁姑ってそんなもんかも。むしろ気楽でいいや~^^。
まめちゃん

 

と思っています。孫も小さいうちがかわいいと思うし、自分の親も義理の両親も、親孝行は親が元気なうちにしかできませんもんねっ♪

 

それにシオモニの素直な反応が見られて、おもしろいとも思います。




 まとめ

今回は、いまもガラケーを愛用していて息子と孫の声が聞きたくてたまらないシオモニ(義母)について書いてみました。スピーカーで話していると、相手の素直な反応が見えるし、なかなか興味深いです。

 

今回のお話のポイントはざっくり次の通りです。

 

ポイント

・シオモニ(義母)は、息子と孫たちと話せたら大満足。

・息子と孫と話したい時に嫁のことは頭にまったくない。

・声のトーンは3段階。

・シオモニ(義母)から私(嫁)に直接電話が来る時は業務連絡がある時。

・業務連絡のみでも全然さびしくないし、むしろ楽。

 

次にまた息子と孫の声が聞きたくなったら、電話をかけてくるんだろうなぁ、と思いますw。

note(https://note.mu/mame_chang/n/n7892673c12f2)よりリライト。

  • この記事を書いた人

まめちゃん

韓国で2人の子供達をバイリンガルに育てています。大学院生の頃は第二言語習得を研究していました。日本語教師の経験が約20年。子供達のバイリンガル育児や国際結婚、バイリンガル育児について第二言語習得や日本語教師的な視点からブログを書いています。 時々韓国の義実家に関する泣き笑いネタもあります^^;

-韓国の義実家

Copyright© バイリンガル育児★まめリンガル , 2020 All Rights Reserved.