バイリンガル育児★まめリンガル

海外在住でも子供と日本語でコミュニケーション!

https://www.mamelingual.com

バイリンガル育児

リーディング チュウ太で子供が日本語を読む勉強をサポート!

投稿日:2019年7月13日 更新日:

 

こんにちは。

まめちゃん(@mame_chang)です。

韓国で2人の子供達を日韓バイリンガルに育て始めて、あっという間の10年以上が経ちました......。

 

子供達には生まれる前から日本語で話しかけ、そして生まれてからもずっと日本語でコミュニケーションを取ってきました。そのおかげで、韓国の現地校に通っていますが日本語の会話はできます。

 

ところが、いくら家の中で日本語で親子で話していても伸びないのが読み書きの力です。まるで日本で生まれ育った人のようにペラペラと日本語を日本人と同じような発音で話すうちの子達ですが、読んだり書いたりの練習、特に教材などを使った練習は面倒くさがってやりたがりません。

 

そのため、会話はペラペラであっても読み書きの能力は少々下がってしまいます。親としては、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つをバランスよく伸ばせたらベストなのですが、親の思うようには行かないのが子供というもののようです。

 

そのため、勉強用の教材を使ったいわゆる「お勉強」ではなく、自分がもっと興味のあるものから読んだり書いたりを自分のペースでしてもらっています。この読み書きを自分で勉強する上で一番困るのは「漢字」です。

 

漢字は韓国語にもありますが、日本語のように文章にひらがなやカタカナと一緒に使ったりはしません。新聞やニュースなどでも、たまにひとつかふたつ出てくる程度です。学校でも多少習うのですが、日本のと比べて旧漢字であったりそもそも漢字の読み方が違ったりします。

 

そのため、わからない漢字や言葉はいちいち横にいて教えないといけないという事態にもなります。しかし、忙しい時などは思うようにできないこともあります。

 

今回は、そのような時に助かるウェブサイト「リーディング チュウ太」についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
 

リーディング チュウ太で子供が日本語を読む勉強をサポート!

では、リーディング チュウ太とはどんなものなのでしょうか。また、どんな人のために作られたのでしょうか。まずはそのような事についてお話したいと思います。

 

リーディング チュウ太とは?

今日ご紹介する「リーディング チュウ太」とは、もともと日本語を学習する外国人のために開発されたものです。チュウ太には、「辞書ツール」、「レベル判定ツール」があります。日本語で文章を読んでいる時、途中で止まってしまったりスピードが落ちてしまうのはどんな時でしょうか。

 

それは、知らない言葉に出会った時であったり読めない漢字に出会った時ではないかと思います。言語学習が目標の教材の場合は、そこでひとつひとつ辞書を引いて意味や読み方を確認することがよしとされると思います。

 

しかし、言語の勉強だけが目的でなく内容を理解したい時は、いちいち止まって辞書を引いていたら

 

「で、さっきまでなんて書いてあったんだっけ…?」

 

となってしまいます。とりあえず、内容をざ~っと把握した後に細かくみていく時、このリーディング チュウ太は活躍します。また、オンラインで使えるツールですが、ウェブや本で見た言葉がわからない時に活躍するツールです。

 

では、このツールは海外のバイリンガル児にはどのように役立つのでしょうか。

  • www.mamelingual.com
    バイリンガル育児の始め方

バイリンガル育児にはどう使える?

バイリンガル育児と言っても赤ちゃんだったり学生だったりします。今回の話のリーディング チュウ太はパソコンを使うので、バイリンガル育児と言っても赤ちゃんや幼児ではなく平仮名やカタカタが読めて、パソコンが少しは使える小学校高学年以降辺りが目安になると思います(もちろん、学年=実力 ではないので、これが全ての子供に当てはまるとは限りません)。

 

では、平仮名やカタカナが読めてパソコンの使い方が少しはわかる子供は、このリーディングチュウ太はどのように使えるのでしょうか。

 

使い方は、日本語学習者とほぼ同じ手順です。

 

1. リーディング チュウ太のサイトに行く。

2.「文章を入れてボタンを押してください」のところに文章や単語を入れる。

3.自分がわかる言語で説明してもらえるように言語を選んでボタンを押す。

 

試しに1つ文章をいれてみました。↓↓

 

<赤い枠線内の文が試しに入れた文>

 

そして、 3.の「自分がわかる言語で説明してもらえるように言語を選んでボタンを押す。」は今回は「日→日」、つまり、「日本語を日本語で説明」を選んでみました。ここをクリックしたら次のような画面になります。

 

 

<日→日を押したらこのような画面になる。>

 

 

入力した文章の「明日」にの読み方や意味が知りたい時は、「入力された文章」のところをクリックしたら右のように読み方が表示されます。

 

「う~ん、漢字の読み方はわかるけど、その下の例文の存在とか空間という漢字が読めなかったら?!」

 

と思いました。しかし、これも読み方がわからなければ、そこをコピーしてTop画面の

 

「文章をいれてボタンを押してください」

 

を使うと、「そんざい」という読み方がわかります。このような手順を繰り返していけば、少しずつ読める漢字が増えていくと思います。

 

なお、この機能は、日本語、英語、ドイツ語、オランダ語、スロベニア語、スペイン語が使えます。私の場合は韓国でバイリンガル育児をしているので、日本語もいいのですが韓国語もあると日ごろ韓国の現地の学校に行っているうちの子には頭にすっと入るのではないかと思いました。サイトをくまなく見ていると、韓国語が!

スポンサーリンク

韓国が強いバイリンガル児にはこの機能を使えばOK!

リーディング チュウ太のサイトを見ていると、「チュウ太の多言語辞書」というのがあり、韓国語があると書いてあります。では、これを使うとどのように出るのかさっきと同じ文を使ってやってみました。

 

 

<文を入力し「Korean」にだけチェック>

 

 

すると、次の画像のように韓国語での説明が表示されました。例文もあるし、これなら韓国語の方がつよいバイリンガル児にも勉強になります。

 

<韓国語の説明と例文>

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、もともと日本語を学習する外国人向けに開発された「リーディング チュウ太」というサイトをご紹介しました。海外で育つバイリンガル児の中でパソコンを少し使うことができ、ひらがなとカタカナが読めたらこのサイトを使って読めない漢字や言葉の意味を調べることができます。

 

また、トップページには日本語、英語、ドイツ語、オランダ語、スロベニア語、スペイン語のみなのですが、多言語辞書を使えば、韓国語を含む数多くの言語での学習が可能です。

 

親が横について読み書きの勉強を助けるのもいいのですが、このようなサイトを紹介して自分でやってみてもらうのも、面白いかもしれません。子供が面白いと思ってくれたら一番いいのですが、勉強のスタイルは子供によっても違うので子供の感想なども聞きながらやってみるといいかなと思いました。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

まめちゃん

韓国で2人の子供達をバイリンガルに育てています。大学院生の頃は第二言語習得を研究していました。日本語教師の経験が約20年。子供達のバイリンガル育児や国際結婚、バイリンガル育児について第二言語習得や日本語教師的な視点からブログを書いています。 時々韓国の義実家に関する泣き笑いネタもあります^^;

-バイリンガル育児

Copyright© バイリンガル育児★まめリンガル , 2019 All Rights Reserved.