一時帰国と兄弟姉妹間の言語

最終更新日時 : 2018年1月9日

海外に住むと兄弟姉妹間の会話は何語になる?

海外に住んで子育てをしていると、ふと親は一生懸命日本語で話しかけているのに子供同士は現地の言語で話しているなぁと思うことがあると思います。もちろん、それは家庭の中でパパとママが日本語で会話をするのか、または日本語以外なのか、そして子供達に何語で話しかけるのか、子供達は家の外でどんな学校に通っているのか(現地の学校や幼稚園、日本人学校、インターナショナルスクールなど)などによって、ケースバイケースだと思います。

 

以前、「現地語を使わせたくない時の方法はコレ!」でも少々触れましたが、現地の保育園や小学校に子供達が通っていると昼間は現地の言葉で生活するため、日本語よりも現地の言葉がどんどん増えていきます。そして、「家では日本語を話そうね!」と約束をしてもだんだんと現地の言葉の方が子供たちは楽になっていきます。これはある意味自然な流れですが、「それでも・・・」と思う場合もあると思います。

 

現在、一時帰国中の私ですが一時帰国は兄弟姉妹間の言語にどのような影響を与えているのか、今日は「兄弟間の会話」に焦点を当てて観察してわかったことについて書きます。

スポンサーリンク
 

一時帰国でガラッと変わる言語の環境

今回の一時帰国は1か月弱の予定で、現在もう終盤に近付いています。上の子は日本の小学校に体験入学し、下の子は日本の保育園に一時保育であずかってもらっています。もちろん、韓国でもそれぞれ小学校や保育園には通っているのですが、環境がガラッと変わったのが子供達をみていてわかりました。何が変わったか(変わってないか)というと・・・

 

<上の子>

  • ノートや教科書は全部日本語
  • 授業は全部日本語
  • 友達と遊ぶのも日本語
  • 宿題も日本語でやる
  • 家の中でもおばあちゃんと日本語
  • 見るテレビ番組も日本語
  • たまに韓国にいるパパとSNSのビデオチャットで韓国語
  • 下の子との兄弟げんかは韓国語!

 

韓国にいたときは、韓国のテレビ番組を好んで見て韓国のガールズグループの歌を聞きたがり韓国語で授業を受け・・・ 韓国語、韓国語の毎日で、日本語は家の中でママと下の子と話す時、日本人の集まりに参加する時くらいでした。しかし一時帰国してからは「日本にいる間は日本語でね!」と私と約束したこともあり、ほぼ日本語オンパレードの毎日を過ごしています。わからないことは積極的に先生にも質問しているようで、学校での話を聞いてみると算数の時間などに「半径」や「直径」など、韓国語ではわかる言葉が日本語でわからず先生に教えてもらうという場面もあったそうです。

 

しかし・・・兄弟げんかになると感情が先走るせいか途端に韓国語になります。ケンカなので、「怒る」という状態の時の人間は、もちろん怒る度合いにもよりますがムカムカしていて感情がバーンと爆発することもあります。そういう言葉が韓国語になるということは、やはり上の子の言語は韓国語が強いのかなぁと思います。

 

<下の子>

  • 保育園の先生やお友達と全部日本語
  • 家の中でもおばあちゃんと日本語
  • 見るテレビ番組も日本語
  • 欲しいおもちゃも日本のキャラクター
  • たまに韓国にいるパパとSNSのビデオチャットで韓国語
  • 上の子との兄弟げんかは韓国語!

 

一方下の子ですが、韓国にいたときはもちろん全部韓国語。しかし、韓国にいた時からそうだったのですが下の子は話しかけらた言語で答えています。つまり、誰か韓国語で「몇살(何歳~?)」と聞かれたら「5살(5歳)」と答え、日本語で「なんか食べたい?」と聞いたら「みかん」などと話しかけられた言語で答えていました。これは相手が上の子でも私でも私の知り合いでも同じでした。

スポンサーリンク

 

上の子が大きく影響している兄弟間の会話

上の子と下の子をそれぞれ見てみるとこんな感じなのですが、家の中に限って言えばママやパパとの会話もですが上の子と下の子が一緒に遊ぶことも多いので、下の子に関して言えば上の子が日本語で話しかけるかまたは韓国語で話しかけるかによって答える言語が変わり、一時国中は上の子の言語環境が日本語づくめになったことで下の子に話しかける言葉も日本語となり、次第に下の子が話す言葉も日本語が増えるという流れになっています。

 

そうか! では「韓国に戻っても上の子に日本語で話しかけれもらえばいいんだ!」と単純に考えてみました。しかし、韓国に戻れば途端に韓国語のオンパレードとなります。しかも、小学生といっても学年が上がるにつれて勉強も難しくなっていくので日本語だけにこだわることもできません。やはり、「子供の興味から育てる日本語」のように韓国に戻っても上の子の好きなものから日本語に触れさせることを地道に続けないといけないなぁと思いました。

 

家庭によって違う兄弟姉妹間の言語

我が家はこのような感じなのですが、海外で子育てをしている家庭の兄弟姉妹間の言語は家庭によって違います。そして違う理由も両親が話す言語や家の外でどんな学校に通っているかによって変わってきます。今度は、そのような事例を集めて書いてみようかと思います。

 

<お役立ち情報(広告)>
swish-女子の願いを男子が叶えるマッチングアプリ(iOS)
スポンサーリンク

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外で日本語育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2017/01/24/%e4%b8%80%e6%99%82%e5%b8%b0%e5%9b%bd%e3%81%a8%e5%85%84%e5%bc%9f%e5%a7%89%e5%a6%b9%e9%96%93%e3%81%ae%e8%a8%80%e8%aa%9e/trackback/