海外在住のバイリンガル児への絵本の読み聞かせ! ポイントや踏むべきステップはきっとこれ!

子供に絵本の読み聞かせをすると・・・

保育園児や幼稚園児といった子供たちは、絵本が大好きで寝る前の読み聞かせはいつも楽しみになようです。海外に住んでいると日本語の絵本はいつでもどこでも手に入るわけではないので、定期購読を長い間していました。(絵本の定期購読については最後の「合わせて読みたい・・・」からどうぞ〜。)

 

我が家では今では小学校高学年となった上の子が保育園児の頃から、日本から絵本の定期購読したり、先輩ママや先輩パパから絵本をいただいたりしていました。

 

今日はその絵本の読み聞かせについて、現在幼稚園児の下の子を見ながら気づいた「絵本の読み聞かせのポイント」3つや「踏むべきステップ」についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク
 

下の子はどんな絵本を選ぶ?

我が家にある絵本と言えば、大まかに次のような種類に分けられます。

 

  1. 『こどもちゃれんじ』から送られて来た「しまじろう」が出てくる本(日本語)
  2. 日本の昔話(日本語)
  3. 外国のおとぎ話など(日本語、韓国語、英語)

 

子供には子供なりの好みがあるようで、うちの下の子は1.の「しまじろう」が出てくる本が大好きです。また、これらの本は上の子が保育園児の時に海外受講を始めたものなので、保育園児用から就学前の子供用のものまであります。下の子は1.〜3.の絵本の山から自分が読みたい本を2、3冊自分で選んで私のところに、

 

「これ読んで〜。」

 

と言って持ってきます。まだ文字がちゃんと読めない下の子は、とりあえずイラストや写真からフィーリングでおもしろそうな絵本を選んで来るのですが、意外と自分の年齢と合ってるのを選んで来るのが驚きです。

 

 

海外に住むバイリンガル児への日本語の絵本の読み聞かせにはどんな目的があるの?!

お気に入りの絵本は「しまじろう」なのですが、いつも同じ絵本ばかりなので私は、

 

「これでいいのかな?」

 

と思いました。理由は、同じ絵本だと内容を覚えてしまい子供自身は楽しそうなのですが、私から見るとなんとなく言葉も内容もワンパターンのような気がするのです。

 

そして、

 

「絵本の読み聞かせってどうしてするんだろう?!」

 

と考えてみると、理由や目的はいろいろあるように思います。しかし、

 

「海外に住んでいるバイリンガル児にとっての日本語の絵本の読み聞かせ」

 

と考えると、その理由や目的は次の4つではないかと思います。

 

  1. 海外にいたら身近ではない日本の物語について知る。
  2. 日本語の語彙を増やす。
  3. 海外にいたらすぐに触れられない日本の文化を絵本を通して知る。
  4. 現地の言葉で読んだ(または聞いた)世界の名作などのタイトルや内容を日本語では何と言うのかを知る。

 

このように考えると、子供のお気に入りの絵本もいいのですが、せっかく色々な絵本が家にあるので子供には色々な種類の絵本を読んであげたいと思いました。

スポンサーリンク

「しまじろう」もいいけれど・・・

下の子に、

 

「しまじろうもいいけど、他の本も読んでみようよ〜。」

 

と声をかけると下の子は「しまじろう」の本とその他の絵本と2、3冊

 

「読んで〜」

 

と持って来るようになりました。どうやら「しまじろう」は、外せないようです・・・。「しまじろう」の他に下の子が最近気に入っている絵本は、

 

『舌切りスズメ』
『一寸法師』
『三匹の子豚』
『オオカミと七匹の子ヤギ』

 

などです。どれも日本で育つ子供なら知ってる絵本だと思います。

 

最近のお気に入りの絵本から学んだ言葉ってどんな言葉?

ところで「しまじろう」以外の絵本の中に、次のような言葉が出てきました。

 

  • さらわれる(←『一寸法師』)
  • お留守番(←『オオカミと七匹の子ヤギ』)
  • ちょんぎる(←『舌切りスズメ』)

 

これらの言葉は、日本人である私はもちろん知っていますが、「さらわれる」も「お留守番」も「ちょんぎる」も、それを使う場面がないと特に意識して使う言葉ではありませんでした。

 

同じ絵本を何度か読んでいると、そのうち下の子が幼稚園の行き帰りの道を歩きながら、

 

「ママがいない時にお留守番するんだよね。」

 

と、おもむろに言ったりします。私はすぐに、

 

「絵本に出てきた言葉だ!」

 

と気がつきました。そして、

 

お留守番ってなんだっけ?!」

 

のように子供に意味を聞いてみたり、

 

「◯◯ちゃん(←下の子)は、ママがいない時に1人で家でお留守番できる?」

 

と聞いてみたりしました。これは子供が「お留守番」という言葉の意味をちゃんと理解しているかや、実際にその言葉を使った言葉で会話ができるかを見るためです。そして、意味がわかってなさそうなら子供にわかる言い方で説明し、わかっているようならその言葉を使って会話をする、という流れです。

 

私は今までどんな言葉を使ってたのかな?

今回例に挙げた、

 

  • さらわれる(←『一寸法師』)
  • お留守番(←『オオカミと七匹の子ヤギ』)
  • ちょんぎる(←『舌切りスズメ』)

 

は、私は決して知らない言葉でも使えない言葉でもないのに、

 

「どうして子供は私じゃなくて絵本で覚えたのだろう?!」

 

と考えてみると、私はこれらの言葉ではなく次のような言葉を使っているからと、ハッと気がつきました。

 

  • さらわれる → 連れていかれる
  • お留守番 → 家にいる
  • ちょんぎる → 切る

 

これに気がついた時、私はさらに以前考えたことも思い出しました。それは、、、

 

  1. 親が使う日本語の語彙がそのまま子供が理解して使う語彙に投影される。
  2. 絵本で使われている言葉全てが日本人が日常生活で使ってる言葉とは限らない

 

1.は海外で日本語を聞く機会が日常的に自分の親が話す日本語だけという場合は、親が使う日本語を子供はまるで鏡のようにコピーします。海外にいる間はなかなか気づかないのですが、日本人の知り合いと会った時や日本に一時帰国した時に、

 

うちの子供たちって私みたいなしゃべり方してるなぁ。」と思うことがあるからです。

そして、2はさっきの例には挙げませんでしたが、例えば、

 

  1. おじいさんは、しばかりに行きました。
  2. お土産につづらをもらいました。

 

ここに挙げた「しばかり」も「つづら」も、韓国での日常生活では使わない言葉です。このような言葉は、とりあえず「知ってる言葉」として子供の頭に置いておいてもらっていつか実物を見る機会があればいいなと思います。

 

海外在住の親が子供のためにできることってなんだろう?! ポイントやステップは?

では、この絵本の読み聞かせに関連して、

 

「海外に住んでも子供には日本語がちゃんと使えるようになってほしい!」

 

と思った時に、親にできることは何でしょうか。それはきっとズバリ!次のようなポイントステップを踏むことではないかと思います。

<ポイント>

  1. 知らない言葉はどんどん質問させる。
  2. 子供が知らなさそうな言葉は親が意味や使い方を子供に聞いてみる。
  3. 絵本に出てきた言葉は日常生活で親が意識的に使う。

 

そして、ポイントを押さえた上で踏むべきステップは次の通りです。

 

<ステップ>

上の<ポイント>の3.の続きのようですが・・・

 

絵本に出てきた言葉は日常生活で親が意識的に使う

子供がその言葉を理解する。

子供も自分で使うようになる。

何度も親子で使うことによってその言葉が定着する。

 

きっとこの繰り返しが子供が知っている言葉を増やして、実際に使えるようになる過程なのだと思います。そして、

 

「この言葉はもう覚えて使えるようになって定着してきたかな。」

 

と思ったら次の言葉に移ります。これらのステップは子供の様子を見ながら次のように進めていくといいと思います。

 

★言葉を1つずつ進めていく。

または、

★いくつかの言葉を同時進行で進めていく。

 

なぜなら、「海外で自分の子供に日本語を!」と言っても、子供が置かれている環境や子供の言語的な受容能力態度個人差が大きいと思うからです。

 

最後に・・・

今日は、下の子への絵本の読み聞かせから思ったことややってみたこと、ポイントや踏むべきステップについて書いてみました。日本に住んでいたら見えないことも、海外に住んでいて日本語のインプットが限られているとかなり浮彫りになります。それをうまくキャッチして子供がさまざまな言葉を覚えて使えるようになっていくことをサポートするのが、日本語がネイティブの親にできることではないかと思います。

 

合わせて読みたい・・・

・絵本の定期購読(海外受講)について →「「童話館ぶっくくらぶ」で絵本の定期購読

・絵本の定期購読を止めたことについて →「我が家の童話館ぶっくくらぶの定期購読退会とその4つの理由

 

<お役立ち情報(広告)>
メルカリ アッテ – なんでも見つかる地元のフリマアプリ(iOS)
クロスミー – すれ違いを恋のきっかけに(iOS)
クロスミー – すれ違いを恋のきっかけに(Android)

 

スポンサーリンク

2 件のコメント

  1. Pinnaposays: 返信

    ドラゼミ海外受講について調べていてこちらにきました。バイリンガル育児について詳しくまとめてあり、素晴らしいブログですね!
    私も海外でトリリンガル育児を実践しているのでとても参考になりました。ありがとうございます。

    • まめちゃんsays: 返信

      Pinnapoさん> コメントありがとうございます! ドラゼミ、うちの下の子は結局別の教材を使うことになりましたが、ドラゼミのお試し教材は楽しそうてした^_^
      トリリンガル育児を目指してるんですね。楽しみながらできるといいですね。またブログに遊びに来てくださいね〜(^_^)

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2018/01/17/readingpicbookspointsnsteps/trackback/