海外でバイリンガル子育て!日本語だけで子供と話す私に見えない問題と解決策とは?!

こんにちは〜! 韓国て子供を日韓バイリンガルにしようと日々励んでいる、まめちゃん(@mame_chang )です! 今日は、韓国人の旦那に言われた衝撃的なひと言から感じた、バイリンガル子育ての今まで見えてなかった部分にスポットを当てます。

 

日韓夫婦の言語の役割分担

我が家は韓国在住の日韓夫婦で、2人の子供を育てています。言語については、私の方針で上の子が生まれた約10年前に、

 

「韓国に住んでるけど家族では日本語で話そう!」

 

ということにしています。私は日本語がネイティブなので、もちろん日本語担当です。家の外でも周りの雰囲気を見ながら子供たちとは日本語で会話しています。旦那は韓国語がネイティブですが、旦那自身が日本語を忘れないようにという意味も込めて、

 

「出来るだけ日本語」

 

としています。しかし、子供たちは韓国語についてわからないことは旦那に聞いてます。

スポンサーリンク
 

うちの子たちの日本語は?

うちの子供たちは、生まれる前から私が日本語で話しかけています。簡単に1人ずつ見てみると、、

★上の子(小学校高学年)

日本語で聞いたり話したりすることは、年齢相応にできます。しかし、小学校で覚えてきた言葉で、それに対応する日本語を知らない時などは言葉に詰まったり、やたらと「え〜っと・・・」が増えたりします。

 

ところが、読み書きは全く歳相応ではなく、読む方は実際の学年より2つほど下、書く方は実際の学年の3つほど下です。(その理由は、「日本語だけで話しかけても伸びない力とは」などに書きました。)

 

★下の子(幼稚園児)

聞いたり話したり、読んだり書いたり、全般的に年齢相応ですが書く練習が多少ゆっくり目です。

 

うちの子たちの韓国語は?

韓国語力は正確なことはわかりませんが、子供たちは二人ともそれぞれ現地の小学校、幼稚園に通っていて、先生との保護者面談や上の子が小学校からもらってくる通信簿を見る限り、問題なさそうです。

スポンサーリンク

旦那に言われた衝撃的なコトとは?!

こんな感じの我が家ですが、上の子が小学校高学年に入って段々と思春期を迎えてきているせいか、段々とぶつかることが時々あります。

 

私が子供のころは、中学生ぐらいだと言われていた思春期。最近では特に女の子は9歳ごろから始まるのだそうです、上の子と旦那がぶつかると、日本語なんてどこかへ行ってしまい、韓国語でのバトルとなります。

 

もちろん、私もその場にはいるのですが理由を聞いたりなだめたりを日本語で参加。

 

ある時、この上の子について旦那から言われた言葉とは、

 

「旦那と韓国語で言い合いになると、めちゃめちゃ汚い言葉を使う。」

 

と言うのです。

 

「汚い言葉・・・」

 

一般的に日本語に比べて韓国語には、悪口や汚い言葉が多いらしく、中にはうまく日本語に訳せないものもたくさんあります。私も代表的なものは知ってますが、全てを知ってるわけではありません。

 

 

韓国在住10年以上なのになぜ私にはわからないの?!

こんな話をした後、旦那に言われたのが、

 

「韓国に10年以上住んでるのに、なんでそんな言葉わからないの?」

 

ということでした。これには一瞬ムッと来ましたが(笑)、冷静に考えると私は10年以上韓国に住んでいると言っても、次のような感じです。

 

  • 家の中 → 日本語
  • 職場 → 日本語メインだが韓国語も使う、たまに英語。
  • 小学校や幼稚園の先生と → 韓国語
  • ママ友 → 日本語がわかるママ友とは日本語、その他は韓国語だったり英語だったり。

 

このような言語環境なので、韓国語を使う機会があっても悪口や汚い言葉を聞いたり使ったりする機会はほとんどありません。しかも、「教えて〜!」と言ってもあまり教えてもらえないのが実情です。

 

さらに、「わからない言葉は聞こえない」ものなので(詳しくは「何回も「聞いてる」のに「聞こえてない」ワケは?」を!)、私の周りでそんな言葉を使った人がいてもわからないものはわかりません。

 

対策はないの?

こんな状態について、

 

「どうしよう。何か対策はないかな?」

と考えました。しかし、私の言語環境を旦那に説明したところで、夫婦って何かと感情がからむのでなかなか難しいところ。韓国語の悪口や汚い言葉については、上の子本人に聞いてみたら、学校の男子がそんな言葉を使うので、聞いているうちに自分もつい使ってしまうのだそうです。

 

今すぐ私がそのような「悪口や汚い言葉」を学んで子供が使ったら注意する、というのがいいと思うのですが語学というのは1日や2では身につけることはできません。

 

また、私が学んで身につけるころには他にも新しい言葉や表現が生まれているかもしれません。そして、周りに「悪口や汚い言葉を教えて〜!」と言ってみても笑うだけでなかなか教えてくれないことや、旦那と話すと何かと感情がからんで面倒なことを踏まえ、私が知識として悪口や汚い言葉を覚えるよりは、すぐに子供や旦那に効果がある方法を使うことにしました。

 

その方法とは、、

 

「同じような経験のある先輩ママ、パパ(第三者)に旦那や上の子に話をしてもらうこと。」

 

です。今回はうちの上の子よりも2つ年上の娘さんがいて、私も旦那も親しい韓国人ママにお願いしました。とりあえず、私が1人でこの韓国人ママに話を聞いてみると、驚くことに状況が同じでした。小学校で汚い言葉を覚えてきて家の中で話したり、父親にそういう言葉を言ってみたり・・・。

 

「あ、やっぱり!」

 

と思い、それを旦那にも同じ話を私からではなくこの韓国人ママから言ってもらわないとと思い、その場ですぐSNSのビデオチャットを繋いで私に言ったことと同じことを旦那にも話してもらいました。

 

予測通り、第三者の経験談やアドバイスは冷静に聞けるようで、旦那は

 

「どうやらそういう時期らしい。」

 

と思ったのと、

 

「それほど過敏に反応しなくてもいい。」

 

というように、受け止め方対応がわかったようでした。

私は上の子には、

 

「ママは韓国語の悪口とか汚い言葉が全部わかるわけじゃないけど、そんな言葉は親に対して使うもんじゃないよ。」

 

と、上の子の気持ちが落ち着いてる時を狙って、さとすように言っておきました。

 

この方法で、うちの中はちょっぴり落ち着いたような気がします。今後はわかりませんが、バイリンガル子育てをしているとこんなこともあるんだな、と気がつきました。

 

最後に・・・

今回は、日韓夫婦のもとに生まれ、ママ(←私)とは日本語のみでコミュニケーションをしているうちの上の子のについて、私が気がつかない部分を旦那に指摘された話と、それについてどうしたかという話をしました。

 

バイリンガル子育てとは、言語が2つある分、気になる部分やケアすべき部分も2つ(2倍)だと思います。しかしその分、楽しさやできることも2倍なので、プラス志向で乗り切って行きたいと思います。

スポンサーリンク

 

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2018/03/06/waruguchiandkitanai/trackback/