HANOIKIDSに助けられ・・・

シンガポールに行った時、直行便がなかったので行きはハノイ経由、帰りはホーチミン経由でした。

初めての母娘旅行に初めてのハノイ。

・・・と言っても経由なのでハノイ滞在はたったの1泊。

だいじょうぶかな。 ベトナム語わからないけど、まぁなんとかなるか。

言葉のわからない国に1人でいったことはあっても、子連れは初めて。

どうしようかな・・・と思っていると Hanoikids という団体をネットで発見。

この団体は、大学生などがボランティアでハノイの観光案内などをしてくれるという。

あ、日本語は不可で、英語のみ。

このサイトを見つけたのは、なんと出発の前の日。 でも、速攻メールで案内を申し込みました。

通常、この団体は数時間英語でハノイの町を案内してくれます。 金銭は一切受け取りません。

しかし、お土産は受け取ってもらえるというのがネットの情報なので、私も早速ささやかなお土産(済州島のチョコレート)を買ってハノイに行きました。

ハノイのホテルに来てくれたのは、当時大学2年生の女子学生。

お互い英語はネイティブではないのですが、その分簡単な英語でコミュニケーションが取りました。

ハノイのあちこちを案内してくれ、隠れ家的なカフェも教えてくれました。

スポンサーリンク
 

エッグコーヒーとの初めての出会い

隠れ家的なカフェでは初めてエッグコーヒーをのみました。

はじめは、「え?! エッグ? 卵ですか? コーヒーですか???」 となりましたが、

飲んでみると、これまた絶品! 機会があれば是非お試しあれ~^^

スポンサーリンク

ほっぺに突然チュ~!!

ところで、ベトナム人って子供好きが多いとは聞いてましたが、ハノイで泊まったホテルである事件がっ!?

チェックインをして部屋に行こうとすると、ホテルの人(おじさん)が荷物を持って部屋まで案内してくれました。(←ここまでは普通)

エレベータの中で・・・ 当時4歳だったうちの子を見て「Cute!」とか言って

いきなりほっぺにちゅ~~~~~(@.@)

これにはビックリしました!

でも当の本人(子供)が一番ビックリしたみたいで、ちゅーされた瞬間、氷のように固まってました^^;

そりゃそーだww

 

スポンサーリンク

それから、そのホテルはシャワーを浴びようとしたらお湯がでなかったり、テレビの映りが悪いとかありましたが、

ほっぺにいきなりちゅー・・・に比べたら、なんてことはなかったかもです。

 

母娘旅行の思い出は、まだまだ続きます。

 

でも、今日はこの辺で・・・