こんにちは〜。韓国で二児の母をしてるまめちゃん(@mame_chang)です。絵本というと子供向けという感じがしますが、子供の時に読んでもらったり自分でも読んでみたりして、高校生~大人ぐらいになると一旦離れるのですが、子供を持つ親となり、また絵本が身近な存在となりました。

 

しかし・・・ 自分が絵本を読んでもらっていたのは、はるか遠い昔の記憶。懐かしいと思う絵本もあれば、初めて見る絵本もあります。いったいどんな絵本をわが子に選んだらいいのやら?!

 

今日は、そんな悩みに答えるべく、「絵本ナビ」というおすすめのサイトをご紹介します。このサイトなら、0歳~大人まで楽しめるので絵本選びには困りません。

スポンサーリンク
 

どんな絵本を選んだらいい?!

大人になってからは、全然読んでなくて本屋さんに行っても絵本売り場は素通りだった絵本コーナー。しかし、結婚して子供ができると途端に絵本が気になるようになりました。それは上の子が生まれた頃でした。しかし、急に興味が湧いても何をどうしたらいいものやら・・・。

 

当時の私は「こどもちゃれんじ」を海外受講して、子供の年齢に合った読み物を子供に読んであげていました。また、「童話館ぶっくくらぶ」というところからも絵本の定期購読を始めて今も続けています(詳しくは「合わせて読みたい・・・」からどうぞ~)。

 

インターネットが普及して情報収集が今よりもやりやすくなった今、見てみると絵本に関するサイトが結構あると思います。今日は、その中でもとても豊富な数と種類の絵本がそろっている「Ehon Navi(絵本ナビ)」というサイトをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
 

Ehon Navi(絵本ナビ)の概要

絵本ナビのサイトを見ていると盛りだくさんで、まずどこから見ようか迷ってしまうほどです。このサイトでできることは大きく分けて・・・

 

 

  1. 絵本さがし
  2. グッズさがし
  3. ためし読み
  4. ランキングチェック

などです。では、簡単に見ていきます。

 

 

★1.絵本さがし

多分このサイトを訪れる人は

 

「うちの子にはどんな絵本がいいかなぁ。」

 

と考えながら見ると思います。まず、トップページに「0歳」「1歳」「2歳」・・・と年齢が書いてあるので、年齢から本が検索できます。そして、

 

「あの本が欲しい!」

 

とピンポイントで検索できるようおに「詳細検索」というのもあります。気に入った絵本が見つかったら買い物かごに入れてレジへ。

 

 

 

★2.グッズさがし

絵本ナビなので、絵本だけかと思いきやグッズの紹介と販売もしています。具体的には絵本に関係のあるカレンダーや食器、ぬいぐるみ、おもちゃ、タオル、くつ下などいろいろあります。

 

「グッズ」と聞いて、最初は「何だろう?!」と思ったのですが、なるほど絵本に関連したグッズなのですね。



★3.ためし読み

絵本ナビのサイトにある本には、ためし読みができる絵本とそうでない絵本があります。ためし読みができる本は、「ちょっとためし読み」と「全ページためし読み」があります。

 

ちょっとためし読み」は、文字通り「ちょっと」なので、最初の数ページの内容を見ることができます。「全ページためし読み」にはメンバー登録が必要です。メンバー登録をすると「全ページためし読み」と書いてある絵本が1回だけためし読みできます。

 

 

★4.ランキングチェック

「ランキング」と聞けば、なんとなく気になってしまうのは私だけでしょうか。評価やレビュー数、人気順、売上などによるランキングがあります。ランキングを見るついでにみんなのレビューも読むことができるので参考になりそうです。

 

また、レビューは「ママの声」「パパの声」「じいじ・ばあばの声」「先生の声」などと分かれているので、立場が違えば意見が違うことが実感できるかもしれません。



Ehon Navi(絵本ナビ)のココがいい!

この絵本ナビのサイトをみていて私が「ココがいい!」と思った部分は、次の3つです。

 

 

  1. ためし読みができること。
  2. 年齢、ジャンンル、ランキングなどで探せること
  3. 絵本とは関係なさそうな業界とのコラボがおもしろい

 

 

1.の、ためし読みは「概要」のところでご紹介したとおりです。1回だけとはいえ「全ページためし読み」は、かなりすごいと思います。また、子供と一緒にためし読みをしたら、

 

「次のページめくって~!」

 

と言いそうです。

 

次に、2.ですが、本の種類やジャンルもたくさんあり「絵本」のほかにも「児童書」「図鑑」「しかけ絵本」「音のでる絵本」「デジタル絵本」「紙芝居」があります。昔ながらの紙芝居もあり現代的なデジタル絵本もあり、いろんな時代を網羅しているような感じです。

 

 

そして、3.のコラボです。これは「概要」で触れた「グッズ」にも関連しますが、一見絵本とは関係なさそうな業界とコラボして、絵本関連のグッズが生まれています。お気に入りの絵本に出てくるぬいぐるみなどのグッズがあれば、絵本のお話がよりリアルになりそうですね。




 

海外在住者としては・・・

絵本の情報が豊富で、気に入ったらすぐにお買い物ができるこのサイト。実際に本屋さんに行って絵本を手にとって見てから買うことができない海外在住者としては、ためし読みやインターネットで買い物ができることは、嬉しいです。

 

しかしいつも思うのは、

 

「海外発送ってやってくれるのかな?」

 

ということです。もちろん、最近インターネットで買った商品を海外に送ってくれるサイトは多いです。念のためサイトをくまなく見て確認すると、こんな文章が・・・

 

【海外配送について】

海外からのご注文をいただくことは可能ですが、只今のところ、海外への商品発送は承っておりません。何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。日本国内のみの発送とさせていただいております。ご注文情報の入力の際には、「お届け先」に日本国内の住所が必要となります。

絵本ナビ「サービスご利用ガイド」より

 

う~ん、残念です。こうなったら日本の家族や親戚、知り合いにお願いですね。しかし、日本国内に頼める人がいない!という場合は、転送業者を使う方法があります。その方法を以前このブログでまとめたので「合わせて読みたい・・・」からご覧ください。

スポンサーリンク

最後に・・・

今日は、絵本の情報がぎっしり詰まった「絵本ナビ」というサイトをご紹介しました。絵本の探し方も年齢やジャンルなどさまざまです。また、グッズも絵本との関連があって、子供が喜びそうです。

 

私は絵本は子供のもの・・・、みたいに考えてた時期がありましたが、大人になってから読み直す絵本は違った意味で興味深いです。

 

合わせて読みたい・・・

・童話館ぶっくくらぶの定期購読 → 「「童話館ぶっくくらぶ」で絵本の定期購読

・海外発送ができない商品を転送業者に海外へ転送してもらう方法 →「「こどもちゃれんじbaby」を海外で!(発送編)

 

絵本ナビへは、↓↓こちらから。




スポンサーリンク