こんな発想はなかった!シミや黄ばみ、ニオイもスッキリのシオモニの洗濯法

こんなやり方が・・・?!

生まれ育った家庭や環境が違うと、考え方ややり方が違いますが、国や地域が変わるとその差はさらに広がります。日本と韓国はお隣の国なので似ているとよく言われますが、いざ住んでみるといろいろな違いに気がつきます。ただ住むだけではなく、結婚して韓国人の親戚ができるとなおさらです。

 

うちの場合も例外ではなく、結婚前に1人で韓国に住んでいて韓国のことはかなり知っていると自分では思っていました。しかし、結婚してそれがただ一部しか見てなかったことに気がつき、子供が生まれて子育てが始まるとさらにその考え方ややり方の違いがわかりました。

 

違いは新しい発見で新鮮ではありますが、時には驚いたりやっぱり遠慮したいと思うこともあるのが正直な意見です。今日はそんな中でもシオモニ(義母)の驚きの洗濯方法について、私が「絶賛する部分」と「遠慮したい部分」についてお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

きっかけは布オムツ

私は結婚してしばらくしてから韓国に来ましたが、日本に住んでいた頃は家事は私が日本式にやっていました。それまで一人暮らしをしていた私には、自分なりの方法や母に教えてもらった方法などがあったからです。
韓国に来てもやはり自分のやり方でやっていましたが、使うものや材質の違いで、全く同じにならずどうしようかと思う時期もありました。

 

ところで上の子は韓国生まれですが、出産前に出産準備の品を揃えているとシオモニが布オムツを持って来ました。布オムツの方が赤ちゃんにはいいというのです。私はそれまで周りに赤ちゃんどころか、小さい子がほとんどいなかったので子育てと孫の世話経験が豊富なシオモニが言うことならそうなんだろうと思って、布オムツを使いました。

 

しかし・・・、布オムツは確かに赤ちゃんにはいいかも知れないのですがお世話する側のやることがとても多いです。しかも生まれて数ヶ月の間はかなり頻繁にオムツを替えないといけないので、汚れたオムツを洗い、洗濯して干して、また汚れて、、、、がエンドレスで続くのです。

 

汚れると言っても「小」の時はそれほど大変ではないのですが、「大」の時は真っ白な布オムツなら色がなかなか取れません。もちろん、洗濯機だけで洗うのではなく汚れを落としてからその後固形石鹸で洗ったり、つけ置きをしたりしましたが、たまに汚れが落ちないこどがありました。

 

そんな時、家に来てたシオモニが洗うと真っ白になったのです!

 

シオモニの洗濯法とは?

「一体どんな方法なんだろう?!」と思い話しを聞いてみると、、、

 

「鍋で煮たらいいよ。」

 

と言いました。

 

「いや、今料理じゃなくて洗濯の話をしてるんですけど・・・?!」

 

と思いましたが、シオモニは本当に洗濯物を鍋で煮ていたのです。

<シオモニがうちに持ってきた洗濯用の鍋>

 

★その洗濯方法とは?!

それではシオモニの洗濯方法の公開です。シオモニと言っても、家によってやり方が多少違うかも知れませんが、うちのシオモニのやり方は次の通りです。

 

<準備するもの>

  • 洗濯物(素材は綿)
  • 漂白固形石鹸
  • オキシクリーン(酸素系漂白剤)
  • 洗濯用の鍋
  • 洗濯用ゴム手袋

 

<オキシクリーン>

<手順>

  1. 汚れた洗濯ものを漂白固形石鹸で手洗いする。
  2. すすぎはしないで洗剤を軽く絞って、水気を取ったら鍋に入れる。
  3. 鍋に水を洗濯物がひたひたになるように入れる。
  4. オキシクリーンを鍋にスプーン1杯入れて鍋全体に行き渡らせたら、強火で煮る。様子を見ながら中火にしたりもする。(約1時間)
  5. 煮詰まって水がほとんどなくなったら火を止めて残っている煮汁を捨てる。
  6. 冷めたら水気を絞って洗濯機に移して、すすぎと脱水をする。
  7. 洗濯物を干す。

 

この方法でやれば洗濯物を干す時には、洗濯物が真っ白になっていてシミや黄ばみも取れているのがわかります。

 

私が「絶賛!!」するポイントと「遠慮したい」ポイント

このような洗濯方法。初めて見た時はびっくりしました。鍋で洗濯物を煮るという発想が私にはなかったからです。そして、結果として洗濯物(布オムツ)が真っ白しなったことにも驚きました。しかし、いいことづくめではなく「絶賛!!」するポイントと「遠慮したい!」ポイントがあります。

 

★「絶賛!!」するポイント

このシオモニの方法で私が絶賛!!するのは次の2つです。

 

  1. シミ、黄ばみ、ニオイが落ちて洗濯物が真っ白になって気持ちがいい。
  2. まとめてやればそれほどしょっちゅうやらなくてもいい。

 

とにかく、洗濯物が真っ白になるのが嬉しいです。上の<手順>を見たらやることが多いように見えますが、慣れたらそれほど大変でもありません。

 

★「遠慮したい!」ポイント

洗濯が真っ白になって気持ちがいいのですか、反対に遠慮したいこともあります。それは、、

 

  1. 鍋でグツグツ煮ている間のニオイがあまりよくない。
  2. 煮ることで色落ちすることがある。

 

最初は鍋で煮るのを見てかなりビックリしました。鍋は胴長の鍋で大量のスープなどを作る時に使えそうですが、もちろん家ではそれを洗濯用として使います。

 

煮るのはたいてい綿のタオルやシャツなどですが新しい服の場合は色落ちがすることもあります。新しい焦げ茶色のタオルをシオモニが、煮たため干して乾いたら薄いい茶色になってたことや、青いタンクトップを煮たら一緒に煮ていた白いシャツに色が移り、ショックだったこともありました。

 

煮ている時のニオイは言葉ではなかなか表現しづらいのですが何とも言えないニオイで、いいニオイではありません。鍋で洗濯物を煮ている間は換気扇をフル稼動させます。

 

シオモニの気持ちはありがたいけど・・・

我が家に来るたびに「忙しいでしょう。フキンとか洗濯物、煮てあげるね。」と言って洗濯カゴの中から洗濯物を取り出して煮てくれるシオモニ。

 

ありがたいのですが、煮ている時のニオイは我慢できても色落ちは正直、困るなぁと思いままた、一緒に住んでないためシオモニはどのタオルや服が新しいかわかりません。そのため、シオモニにひと言こうお願いしました。

 

「煮たら色落ちしそうなものもあるので、煮る前にひと言声かけてくださいね〜。」

 

これでなんとか一件落着しました。

 

 

最後に・・・

家族や親戚にはとっても献身的に尽くしてくれるシオモニ。助かるのですがたまに困ったことになることもあります。せっかく助けてくれるシオモニの気分を害しないように、言葉と伝えるタイミングを選びながら話をするのが大切だと思いました。

 

そうでないとうちのシオモニの場合、すねてしまったりするので大変です。シオモニの性格を把握して様子を見ながら・・・ですね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

よろしかったら感想をお聞かせください。コメントは承認後掲載となります。コメント入力後は一旦画面が真っ白になります。

トラックバック URL

http://www.mamelingual.com/2017/06/08/cleaning-deeppan/trackback/