バイリンガル育児★まめリンガル

海外在住でも子供と日本語でコミュニケーション!

https://www.mamelingual.com

https://amzn.to/36X2BBo

バイリンガル育児

これが実際のバイリンガル育児術?!子供と成長するバイリンガル育児

投稿日:

 

こんにちは。
まめちゃん(@mame_chang)です。

韓国で子育てを始めて約10年。子供たちをバイリンガルにすべく毎日努力中です。

 

うちの子をバイリンガルにしたい!

 

という方は日本国内にも海外にもいると思います。そしてどんな言語とどんな言語のバイリンガル(トリリンガルやマルチリンガル)にしたいかは、家庭や住んでいる場所や通ってる学校などによって違うと思います。

 

ちまたでは「バイリンガル育児術」なんて言葉も聞かれますが、実際のところどうなのでしょうか。具体的に、

 

「子供にどう日本語を教えるか」

「間違えた時にどう訂正するか」

 

などは、このブログでは何回も書いてたことがありますし、Twitterでもつぶやいています。なので今回は。

 

まめちゃん
バイリンガル育児術として大切なのはここじゃないかな~!

 

とか、もしそうしなかったらどういう結果が予想されるかについて書いてみたいと思います。

https://www.mamelingual.com




これが実際のバイリンガル育児術?!子供と成長するバイリンガル育児

バイリンガル育児というと「育児」なので、親が子供に言語を教えながら育てると考えると思います。私もそのように考えて実践してきました。

しかし、上の子が大きくなってくるにつれて気がついたことがありました。それがTwitterでつぶやいた次の内容です。

 

 

もうこれが今回の結論、という感じなのですが、もう少し具体的に例を挙げたりもしそうしなければどうなのだろう?という点を見ていきたいと思います。

  • www.mamelingual.com
    バイリンガル育児の始め方

成長するのは子供だけ?

我が家の場合、私は中学校に入るまで日本語しかわからない状態でした。中学校で英語を授業で習いアメリカにもちょっと住んでみました。そして社会人になってから韓国や韓国語に興味を持ち自分で勉強を始めて、その後韓国に住むようになりました。

 

そのため今は日本語、英語、韓国語がわかりますが、日本語はもちろんネイティブ、英語はなんとかおしゃべりはできるけど錆びついています。そして韓国語は日常会話、子育て、仕事にも使っています。

 

なのでかっこ良く言えば後付けトリリンガルですが、英語も韓国語も発音やイントネーションは日本語なまりがあったり日本語に影響された間違いをしてしまったりします。

 

しかし、子供達は私のお腹にいた頃から日本語と韓国語に囲まれる環境で育っています。

 

また、上の子を10年以上育ててきて感じたのが先ほどのツイートですが、親ばかりが日本語を子供に覚えさせても子供の言語はどんどん現地語である韓国語が強くなります。そのため、日本語を日本語で説明するのもいいのですが時には韓国語に置き換えたり韓国にあるものにたとえた方が理解が早かったりします。

 

それができるためには、やはり海外でのバイリンガル育児では親が現地の言葉や文化を吸収しておくのがいいと思います。そうすれば、

・子供 →現地の言葉や文化と共に日本の言葉や文化が学べる。
・親 →日本の言葉や文化を子供に教えながら現地の言葉や文化も学べる。

 

ということになると思います。そして子供が大きくなるにつれて子供を通して現地の言葉や文化を親も学ぶことになるので、親や子供と一緒に言語的・文化的に成長していくのだと思います。そして親がそれを意識すれば、効果があがるように思います。




子供と成長しなければどうなる?

それでは、子供と一緒に親が成長し続けないとどうなるのでしょうか。予想される事はたとえば次のことです。

 

1.指摘できるはずの日本語の間違いも指摘できない。
2.日本の言葉や文化について子供に聞かれた時に現地のものとうまく比較しながら説明したり適切な例をあげることが難しい。
3.子供の言動が現地の言葉や文化によるものなのか、または単に自分の子供だけの問題なのかの判断がつきにくい。

 

では例をあげながら、簡単にひとつずつ見ていきます。

 

★.1.指摘できるはずの日本語の間違いもできない。 
現地の学校に通い始めて現地の言語で勉強が始まると、現地の言葉が強くなります。そのため、たとえばうちの子だと韓国語に影響をうけた間違いをします。過去にTweetしたことを1つだけ紹介すると次のような感じです。

 

上↑のツイートは韓国語を直訳してしまった例で、もし私が韓国語がわからなかったら気づかなかったし、

 

まめちゃん
韓国語では◯◯と言うけど日本語では△△だよ。

 

と違いを説明することはできなかったと思います。




★.2.日本の言葉や文化について子供に聞かれた時に現地のものとうまく比較しながら説明したり適切な例をあげることが難しい。 
例えば、うちの上の子は家族とは日本語ですが、家族と使う言葉はできても敬語はわかりません。一時帰国した時にお店の人が使う敬語や謙譲語はある程度わかりますが、それが敬語だとはわかっていません。しかし韓国語の敬語はわかっています。

そのため、敬語の概念はわかっているのですが日本語の敬語についてはわかってないし自分でうまく使えません。先日も、

 

「いたしかねます」

 

という言葉について私と夫(韓国人)が話していた時に、横で聞いていて話に入ってきました。そこで自分で文を作ってみたら変な日本語になったので、

 

まめちゃん
”いたしかねます” は、韓国語だと해 드릴 수 없습니다. って感じかな。

 

と私が言ったら

 

あ〜、わかった!

 

と急に理解力がアップして

 

やっぱ韓国語にした方がわかるなぁ。

 

と言っていました。

 

★.3.子供の言動が現地の言葉や文化によるものなのか、または単に自分の子供だけの問題なのかの判断がつかない。 
いくら両親のうち1人が日本人だとはいえ、海外で生まれ育っていたら自然と言動がその国の人のようになります。先ほどの1.では言語の話を例に挙げたので今度は行動の例を挙げると、

 

まめちゃん
なんで親子で腕組んで歩くの〜。それからちょっと近寄りすぎじゃない?もうちょっと離れて歩こうよ。

 

という時があります。そんな時に韓国人の、人と人との距離の取り方を知っていたら、それも交えて話ができます。この距離感については過去に一度のこのブログに書いたので、それをお読みください。

 

では、このようなことを考えながら親が子供と一緒に成長を続けるにはどうしたらいいのでしょうか。




子供と一緒に成長し続けるために親にできること

子供と一緒に成長するために、親にできることは次の2つではないかと思います。

 

1.アンテナを張る(情報収集)。
2.積極的になる。

 

1.のアンテナを張るのは、色々な情報を集めるためです。現地の言語、文化はもちろん一見ただの雑学に見えることも、後々何かの形で役に立つこともあります。

 

次に2.は、海外に住んで子育てをする親は自分の意志であることもあれば、そうではないこともあります。そうではない時は、積極的に周りと関わりを持ったり現地の言語や文化を身につける気分にはならないかも知れません。しかし、意識して積極的になってみるのもいいと思います。




まとめ

今回は、「バイリンガル育児術としてここが大切だと思うこと。」について私が考えたことを書いてみました。

 

大切なのは、次の事です。

ポイント

●親も子供と同じように成長できるよう心がけること。
.
そのために親ができる事は次の2つです。
.
1.アンテナを張る(情報収集)。
2.積極的になる。

 

こうやって書くのは簡単ですが、問題は実行すること......。また努力の毎日が続きます。

スポンサーリンク


  • この記事を書いた人

まめちゃん

韓国で2人の子供達をバイリンガルに育てています。大学院生の頃は第二言語習得を研究していました。日本語教師の経験が約20年。子供達のバイリンガル育児や国際結婚、バイリンガル育児について第二言語習得や日本語教師的な視点からブログを書いています。 時々韓国の義実家に関する泣き笑いネタもあります^^;

-バイリンガル育児

Copyright© バイリンガル育児★まめリンガル , 2020 All Rights Reserved.